侍ジャパン 弱い 強い WBC 2017

侍ジャパンは弱い?強い?WBC前全強化試合を終えて見えたこと

本日(2017年3月5日)行われたWBC2017日本代表侍ジャパンの本戦前の強化試合がすべて終了しました。

 

 

 

本日のオリックス戦は5対3で侍ジャパンの勝利。

 

 

 

これで全5試合の戦績は2勝3敗となりました。

 

 

 

あとはWBC本戦に向けて調整をしていくわけです。

 

 

 

強化試合全5試合を終えて侍ジャパンは弱いのか?強いのか?

 

 

 

本日のオリックス戦の分析と強化試合5試合を終えて見えたことを紹介したいと思います。

 

 

侍ジャパン オリックス戦分析

侍ジャパン対オリックスの強化試合。

 

 

 

結果は5対3で侍ジャパンの勝利で終わりました。

 

 

 

最終回2アウトから代打秋山翔吾選手のタイムリースリーベースヒットが決勝点となりました。

 

 

 

秋山選手ナイスバッティングでした。

 

 

 

ではオリックス戦の分析をしていきます。

 

 

 

まずオリックスの先発は金子千尋選手。

 

 

 

個人的には球界1,2を争う好投手だと思っています。

 

 

 

まず先頭山田哲人選手がヒットで出塁。

 

 

 

試合の流れをしっかりとつかむ一打です。

 

 

 

一番バッターとしての仕事としては100点でしょう。

 

 

 

しかし問題は次の菊池選手。

 

 

 

送りバントを失敗してしまいました。

 

 

 

こういった場面、しかも初回の先頭バッターがヒットで出塁した場面でしっかりとバントで送ることができないのは良くありません。

 

 

 

結果その後も続かず初回は0点で終わりました。

 

 

 

少ないチャンスでしっかりとバントや進塁打を打てるかどうか短期決戦ではこういったことも重要になってくると思います。

 

 

 

侍ジャパンの先発は藤浪晋太郎選手。

 

 

 

先頭打者にフォアボール。

 

 

 

投手が一番やってはいけないことです。

 

 

 

そのあと立ち直れればまだ良いのですが盗塁を許した後に送りバントを一塁に悪送球。

 

 

 

藤浪選手一人で失点してしまいました。

 

 

 

2回以降はしっかりと抑えたのでまだよかったのですがWBC本戦では今日の初回のようなピッチングは試合を決めかねませんのでしないようにしてほしいです。

 

 

 

とはいえバットを2度も折るシーンもありましたし、ボール自体にも力があるように感じますし、前回までの登板でもいい投球をしていたのでメンタル面などが大きく結果に影響しそうです。

 

 

 

その後中田翔選手坂本勇人選手の連続ヒットの後に鈴木誠也選手の逆転スリーラン。

 

 

 

この流れは素晴らしかったです。

 

 

 

特に中田選手のヒットはよかったと思います。

 

 

 

以前から言っていた右腕の動きと力みによる対応力の低下とタイミングの問題を今日はいつもより感じませんでした。

 

 

 

特に一打席目のライト前ヒットは前の試合まではタイミングが外されてショートゴロなんてシーンが多かったのですが今日の試合はタイミングこそ外されましたがバットがしっかりと残っていたので対応できました。

 

 

 

稲葉コーチのアドバイス(右手は指でバットを握るように)があったそうです。

 

 

 

見ていると前の試合までにあった右腕右手の力みはあまり感じられませんでした。

 

 

 

ただ2,3,4打席目は前の試合よりは良いのですがまだ多少力みが見えました。

 

 

 

しかし今後改善されていくと思いますので中田選手は何かと批判が多いですが個人的には大いに期待できると思います。

 

 

 

その後は最終回の秋山選手の決勝打まで特に試合は動くことがなかったです。

 

 

 

不安とされていた投手陣もそれなりに良かったと思います。

 

 

 

以上がオリックス戦の侍ジャパンの分析です。

 

 

 

侍ジャパンは弱い?強い?

ではWBC2017前の強化試合全5試合を終えて結局

 

 

 

侍ジャパンは弱いのか?強いのか?

 

 

 

 

ここからはこの点について個人的な意見です。

 

 

 

 

強化試合を終えて私が一番感じたことは

 

 

 

不安だった投手陣が安定してきたことです。

 

 

 

特にリリーフ陣は試合を重ねるごとに安定していくように感じました。

 

 

 

ただ先発陣にはまだ不安が残ります。

 

 

 

先発として期待される則本選手の調子も良くないまま本戦を迎えることになってしまいました。

 

 

 

WBC本戦では先発陣がしっかりと試合を作ってリリーフ陣につなげるかがポイントとなりそうです。

 

 

 

反対に攻撃陣は思ったより弱いと感じました。

 

 

 

もうちょっと打てるのかな?と思っていましたが少し不安が残ります。

 

 

 

そんな中でも調子が不安とされていた坂本選手や中田選手の調子もよくなってきているので本戦での侍ジャパンのバッティングには期待をしています。

 

 

 

今後さらにチーム全体の状態を上げていってもらいたいです。

 

 

 

そんな中私が一番不安に感じたのが小久保監督です。

 

 

 

采配が悪いとかそういったことを言うつもりは全くないです。

 

 

 

 

ただ気になったのが本日のオリックス戦のスタメンオーダー。

 

 

 

 

以下が本日のオリックス戦の侍ジャパンのスタメンです。

 

 

 

1 DH 山田哲人

 

 

2 ニ 菊池涼介

 

 

3 中 青木宣親

 

 

4 左 筒香嘉智

 

 

5 一 中田翔

 

 

6 遊 坂本勇人

 

 

7 右 鈴木誠也

 

 

8 三 田中広輔

 

 

9 捕 小林誠司

 

 

 

私が疑問を持ったのが3番の青木選手6番の坂本選手です。

 

 

 

 

ちなみに私は3番青木選手は大賛成ですしそうするべきだと感じています。

 

 

 

 

ただ問題はそこではなく、小久保監督は「3番坂本4番筒香5番中田は固定したい」

 

 

 

 

このようにコメントをしていました。

 

 

 

 

もちろん3番青木選手は個人的には大賛成なんですが監督にこのようなブレといいますか芯がないと言いますか。

 

 

 

 

こういったものはあらゆるところの影響するような気がします。

 

 

 

もちろん、あくまで強化試合ですのでいろいろ試したいのと、試すべきなのは分かりますがちょっと疑問が残りました。

 

 

 

 

今回は3番青木選手という正解?とも言われていることですので良いかもしれませんがこういったブレが悪い方向に行くとチームに確実に影響する気がします。

 

 

 

 

強化試合5試合を終えて一番感じたのは戦力や結果よりもそこでした。

 

 

 

 

これらを総合して、私としては侍ジャパンは弱いのか?強いのか?という点に関して

 

 

 

 

強いとは思うがあっさり負けるなんて言うことも十分に考えられる

 

 

 

 

このように感じました。

 

 

 

ただ期待はとてもしています。

 

 

 

青木選手も加わり戦力に厚みが増しました。

 

 

 

WBC本戦は目前ですので個人、チーム全体がさらに状態を上げて世界一奪還に向けて頑張ってもらいたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

WBC 日本代表は弱い?優勝は無理?侍ジャパンの戦力を分析

 

WBC日本代表侍ジャパンは弱いのか?優勝は無理なのか?侍ジャパンの戦力を徹底分析!また、優勝候補のライバル国の戦力は?

 

 

WBC2017 日本代表の優勝可能性は?壮行試合を分析

 

WBC2017開幕目前!日本代表の優勝可能性はどのくらいなのか?壮行試合の分析から見えた侍ジャパンの優勝可能性は?

 

 

WBC日本代表侍ジャパン 歴代最強メンバーは第何回大会?

 

WBC2017開幕目前!過去に3度開催されたWBC。歴代最強の侍ジャパンは第何回大会?初優勝の2006年?連覇を成し遂げた2009年?ベスト4で終わった2013年か?それとも今回の2017年?歴代の侍ジャパンのメンバーの名を紹介!

 

WBC2017 オーストラリア戦に向けてキューバ戦を分析

 

WBC2017。大事な初戦キューバ戦を勝利で飾った侍ジャパン。次の相手となるオーストラリア戦に向けてキューバ戦を徹底分析!気になったあの選手の意外な部分とは?