WBC 侍ジャパン 優勝

WBC侍ジャパン全勝で準決勝進出も優勝は難しい?2次ラウンド分析

現在開催されているWBC2017

 

 

 

 

日本代表侍ジャパンは1次ラウンドを3戦全勝で2次ラウンドに進み、2次ラウンドも見事3戦全勝で準決勝進出を決めました。

 

 

 

1次ラウンドよりもさらに厳しい試合が続きましたが見事3戦全勝で1位通過。

 

 

 

 

これで日本代表侍ジャパンはWBC4大会連続でベスト4以上となりました。

 

 

 

 

これだけでも十分に素晴らしいのですがやはり今回のWBCは世界一奪還が最大の目標でもあると思います。

 

 

 

準決勝進出もあくまで通過点。

 

 

 

しかし侍ジャパンは無敗で準決勝進出を決めましたがやはり優勝は難しいのか?

 

 

 

侍ジャパンの2次ラウンドの3試合を通じて感じた世界一奪還へのポイントをいくつか紹介したいと思います。

 

 

 

侍ジャパン 2次ラウンド分析

まずは2次ラウンド初戦のオランダ戦。

 

 

 

 

序盤から予想とは大きく違った展開となりました。

 

 

 

 

両チームの先発ピッチャーは石川歩選手とバンデンハーク選手。

 

 

 

 

両者ともに好投手ということもあり、2番手以降が勝負のポイントと予想していましたが全く異なる試合展開。

 

 

 

 

延長タイブレークの激闘の末、日本代表が8対6で勝利しました。

 

 

 

 

こういったゲームを2次ラウンドで経験できたのは大きなポイントだと思います。

 

 

 

 

チーム全体の結束力もさらに増したのではないでしょうか。

 

 

 

 

第2戦はキューバ。

 

 

 

1次ラウンドでも対戦しましたが1次とは違って厳しい試合展開でした。

 

 

 

 

侍ジャパンのエース菅野智之選手が試合を作れませんでした。

 

 

 

取られたら取り返すという試合展開が続き、8回の裏に日本が一気に3点を奪い8対5で2次ラウンド2連勝。

 

 

 

 

3戦目はイスラエル。

 

 

 

こちらは序盤から1戦2戦目とは対照的に両者1歩も譲らない投手戦。

 

 

 

試合が動いたのは6回。

 

 

 

 

日本が一気に5得点。

 

 

 

これで試合が決まりました。

 

 

 

最終回に3点を失ったものの結果は8対3で勝利。

 

 

 

この試合は投手陣が良く投げました。

 

 

 

 

中でも先発の千賀滉大選手は素晴らしい投球でした。

 

 

 

 

 

以上のように2次ラウンドも苦しい試合展開ながらも3連勝という形で終わることが出来ました。

 

 

 

 

気になったのはやはり先発投手。

 

 

 

菅野選手、石川選手という頼れる先発二人が試合を作れなかったことがやはり一番大きいと思います。

 

 

 

準決勝以降も先発を任されると思いますが少し不安が残りました。

 

 

 

準決勝以降はさらに厳しい戦いになることが予想されます。

 

 

 

先発ピッチャーがしっかりと試合を作れるかどうか。

 

 

 

相手が強くなればなるほど重要になってきます。

 

 

 

 

また相手の投手力も上がっていきますので先発投手は頑張ってもらいたいです。

 

 

 

そんな中千賀投手は素晴らしい投球を見せてくれました。

 

 

 

準決勝以降先発を任せられる可能性も十分にあると思います。

 

 

 

 

制球、球威。あらゆる点で安定していますので非常に期待できる投手です。

 

 

 

また、リリーフ陣も安定感はあります。

 

 

 

さらにレベルの上がる準決勝以降でもしっかりと抑えてくれることを期待しています。

 

 

 

 

そんな中不安が残るのはオランダ戦で9回に同点に追いつかれてしまった則本昂大選手。

 

 

 

強化試合からWBC本戦まで調子が良くないです。

 

 

 

貴重な戦力ですし、良い投手なのは間違いないのですが今の状態では準決勝以降の登板は難しいかなと感じます。

 

 

 

 

打撃陣は毎試合多く得点しています。

 

 

 

山田哲人選手の状態も上がってきて、さらに打線に力がついた印象があります。

 

 

 

 

特に心配することはないのですが見ていると侍ジャパンの打線は勢いに乗ると強いという印象があります。

 

 

 

 

その勢いの中にやはり応援というものもあると思います。

 

 

 

ここまでは日本での試合ということもあり完全ホームという状況での試合。

 

 

 

打線が乗ってこれば球場全体が盛り上がる状況。

 

 

 

 

しかし準決勝以降はそうはいきません。

 

 

 

慣れない環境で日本で行うような完全ホームという環境もありません。

 

 

 

関係ないと思う人もいるかもしれませんが球場の雰囲気や応援というものはものすごく大きいです。

 

 

 

 

アメリカで行われる準決勝以降の環境でもしっかりと打線がつながるかどうかがポイントとなりそうです。

 

 

 

 

打線の状態としては不調という選手もおらず、全員がしっかりと結果を残している状態ですので心配はないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

優勝は難しい?

準決勝進出を決めた日本代表侍ジャパン。

 

 

 

世界一奪還まであと2つというところまで来ましたが優勝は難しいのか?

 

 

 

正直ここまで無敗の侍ジャパンですがくじ運が良かったというのも少なからずあると感じます。

 

 

 

優勝候補大本命と言われている前回王者のドミニカやアメリカとは準決勝以降までは当たりません。

 

 

 

 

他にもプエルトリコやベネズエラなどの強豪国とも対戦せずにここまでこれたのは大きいです。

 

 

 

今後そういったチームと対戦するわけですので言うならばここからが本当の勝負と言えるでしょう。

 

 

 

 

優勝のポイントは個人的には菅野選手が重要なポイントとなると思っています。

 

 

 

 

準決勝、決勝どちらかの先発を任せられると思いますが2次ラウンドのような内容の場合厳しいかもしれません。

 

 

 

 

日本代表のエースとして最高のピッチングを見せてほしいです。

 

 

 

打撃に関してはキーマンという選手はいないと思います。

 

 

 

 

チーム全体として状態は悪くないと思いますので少ないチャンスをその時打席にいる選手がしっかりと得点に結びつけることが大切です。

 

 

 

いまの侍ジャパンの打撃陣ならそういったこともできると思います期待しています。

 

 

 

あとは先ほども言いましたがここまでは日本での試合ということもあり試合を見ても分かるように完全にホームという印象があります。

 

 

 

準決勝からはアメリカで行われます。

 

 

 

 

慣れない環境、慣れないグラウンド。

 

 

 

いろいろな部分でプレーに影響が出るかもしれません。

 

 

 

そういった環境で投手、野手ともにしっかりとプレーできるかが重要です。

 

 

 

 

世界一奪還まであと少しというところまで来ました。

 

 

 

ここからさらに厳しい戦いが予想されますが世界の強豪国やスーパースター達に負けない侍ジャパンの選手の活躍を期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

WBC 日本代表は弱い?優勝は無理?侍ジャパンの戦力を分析

 

侍ジャパンは弱いのか?また優勝は無理なのか?侍ジャパンの戦力を徹底分析!また優勝候補のあの国の戦力は?

 

 

WBC日本代表侍ジャパン 歴代最強メンバーは第何回大会?

 

過去に3度開催されたWBC。歴代最強の侍ジャパンは第何回大会?初優勝の2006年?連覇を成し遂げた2009年?ベスト4で終わった2013年か?それとも今回の2017年?歴代の侍ジャパンのメンバーの名を紹介!

 

 

最強の侍ジャパン

 

もし辞退者が一人もいなかったら...。そう思って最強の侍ジャパンのメンバーを考え、名前を並べたらものすごいことに!