小学生のバッティング上達方法 やってはいけない指導方法とは

小学生のバッティング上達方法 やってはいけない指導方法とは

バッティングは基本が大事ということはよく耳にすると思います。

 

 

 

 

これは間違いなく正しいと思っています。

 

 

 

 

 

そして、多くの人は小学生のころなどの、野球を始めたころにバッティングの基本というものを指導者、親御さんなどから教わることが多いです。

 

 

 

 

しかし、私個人的には個人差は多少はあると思いますがこのように小学生頃の野球少年に基本を教えこむ指導方法はあまりよろしくないと考えています。

 

 

 

 

 

小学生のバッティング上達方法は別にあるのではないかと私は考えています。

 

 

 

 

今回は私が考える小学生のバッティング上達方法について紹介していきたいと思います。

 

小学生のバッティング上達方法

小学生がバッティングを上達させるには一体どのような方法が正しいのか。

 

 

 

 

 

これに関しては色々な意見や考え方があるのでどれが正しい、どれが間違いというのもはっきりとは言い切れません

 

 

 

 

 

じゃあどうすればいいのか?と疑問を抱く方も多いと思いますが私はこれが答えだと思っています。

 

 

 

 

 

どういうことかと言いますと、結局あらゆる指導をしたところで、それが合うか合わないかはその選手次第ということがほとんどです。

 

 

 

 

 

 

違う選手に同じ指導をした場合に、同じだけその選手たちがバッティング上達することはほとんどないですし、片方は上達したものの、片方はむしろ打てなくなったという事すらもあります。

 

 

 

 

 

 

そして、もう1つ問題なのが、小学生頃ですと、まだ自分の体を正確に自分の思うように動かすことができません(できる人もいます)

 

 

 

 

 

そういった小学生に細かいバッティングに関する技術を教え込んでもかえってややこしくなりますし、それこそ変なクセがついてしまっては逆効果になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

さて、ここまでいろいろと紹介してきましたが、整理しまとめると

 

 

 

 

小学生の頃は細かい技術は置いといて、やってはいけないことを教える事が大切

 

 

 

 

私はこう考えています。

 

 

 

 

バッティングの技術や動作など細かいことを挙げればきりがないですし、合う合わないは人それぞれです。

 

 

 

 

小学生のバッティング上達のために必要な指導方法は具体的な例を挙げますと

 

 

 

 

「体重移動はこうやってするんだ!」

 

 

 

 

例えばこのような指導をする人がいたとします。

 

 

 

 

詳しくは手打ちは悪くない!?元日本代表から聞いた話でも紹介していますが、手打ちは必ずしも悪いものではないですし、実際にバッティングに体重移動が必ず必要かと言われるとそうではありません。

 

 

 

 

このような合う合わないというものが存在することは小学生のうちから教える必要はないと個人的には思っています。

 

 

 

 

 

こういった指導方法よりも例えばですが

 

 

 

 

「体重が軸足の外側に逃げたらだめだよ」

 

 

 

 

このように体重移動をするしないではなく、全打者に共通して言える軸足の体重が外側に逃げたらダメというようなやってはいけないことを教えてあげるのが正解だと思います。

 

 

 

 

 

小学生のうちは、先ほども紹介したようにまだ自分の体を思うように使えていない(使えているつもり)の選手がほとんどです。

 

 

 

 

そういった時期には細かい技術を教えるのではなく、やってはいけないことを教えてあげることでバッティングの基本を作っていきます。

 

 

 

 

そして、中学、高校生となっていくにつれて自分の体をうまく使えるようになっていく中でそれと同時にいろいろな指導者に出会うと思います。

 

 

 

 

 

その中で自分に合った指導方法に出会った時に、それを追及していくことが打撃上達において最も重要だと思っています。

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回は小学生のバッティング上達方法について紹介させていただきました。

 

 

 

 

小学生のバッティング上達方法については、今後と言いますか、中学、高校もっと言えば大学や社会人、プロ野球にまで続く野球人生まで考えると、一番基盤とも言える時期になりrます。

 

 

 

 

小学生時期にしっかりとバッティングの基本的な部分を作り、そして理解していくことが結果的に将来的にも打撃上達につながるでしょう。

 

 

 

 

小学生のお子さんをお持ちの方や、小学生に野球を教えているという方は良かったら参考にしてみて下さい。

 

 

 

少年野球におけるバッティング術

バッティングは非常に難しく、いろいろな技術などを教えらえることが多いです。

 

 

 

 

 

特に少年野球時代は基本が大事だと、あらゆることを叩きこまれます。

 

 

 

 

しかし、特に少年野球の場合は、バッティングは非常にシンプルで、たった3つのことを覚え、身に着けるだけで打率は一気に上がると言われています。

 

 

 

 

1日たった20分の練習でバッティングは一気に上達します。

 

 

 

 

数多くの少年野球選手の打撃を変えてきた練習メニューです。

 

 

 

 

特に少年野球をしているお子さんをお持ちの方や、少年野球チームの監督やコーチをしている方にはおすすめのバッティング練習です。

 

 

 

現役少年野球監督だけが知るバッティング術 詳しくはこちら

 

 

おすすめ記事

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振る!?科学的にも証明されているその理由を紹介しています。

 

息子へのバッティング指導方法 少年野球におけるバッティング上達方法

 

小学生の息子や小学生に野球を教えている方必見!少年野球におけるバッティング指導方法と、バッティング上達方法を紹介しています