野球 バッティング 上達 ヒット ホームラン 打ち方

野球 ヘッドスピードを上げる素振りと目安とは?

ヘッドスピードが上がるとバッティングにおいてたくさんのメリットがあります。

 

 

 

 

ヘッドスピードを上げることで、ボールを見る時間が増えるため選球眼が良くなりますし、ヘッドスピードが上がればシンプルにその他の条件が同じであれば強い打球が打てるようになります。

 

 

 

 

しかし、おそらくそんなことはほとんどの人が知っていることだと思いますし、ヘッドスピードを上げるためのバッティング練習などもしている選手が多いと思います。

 

 

 

 

そこで気になるのがヘッドスピードの上げ方だと思います。

 

 

 

 

ヘッドスピードを上げた方がバッティングで有利なのは知っているが、実際にヘッドスピードを上げる方法を知らない選手が多いです。

 

 

 

 

また、ヘッドスピードを上げようとするあまり、実はヘッドスピードを下げてしまう練習を行ってしまっている選手もいます。

 

 

 

 

今回私がヘッドスピードを上げる方法として紹介するのが素振りです。

 

 

 

 

なぜ素振りがヘッドスピードを上げる方法として効果があるのか?

 

 

 

 

今回はそういった点について紹介していきたいと思います。

 

ヘッドスピードを上げる素振り

ではヘッドスピードを上げる素振りについて紹介していきます。

 

 

 

 

ヘッドスピードを上げようと意識しなくてもしっかりと素振りを繰り返していればすぐにとは言いませんがヘッドスピードは徐々に上がっていきます。

 

 

 

 

正直、効率で言ったらあんまりよくないのかもしれません。

 

 

 

 

しかし、ヘッドスピードはバッティングにおいて非常に重要ではありますが、当然ヘッドスピードが全てではないです。

 

 

 

 

 

よくいる選手がヘッドスピードを上げようと筋トレ、ウエイトトレーニングをすることで筋肉をつけようとする選手です。

 

 

 

 

詳しくは野球 スイングスピードは筋トレでは上がらない!最も効果がある方法は?で紹介していますが、筋肉をつけることでヘッドスピードが上がることはありますが、バッティング全体のことを考えるとおすすめは出来ません。

 

 

 

 

単純に筋肉量を増やすことでヘッドスピードが上がることはあるかもしれませんが、こうして身に着けた筋肉は必ずしもバッティングに必要な筋肉ではありませんし、こうして身に着けた筋肉をうまく扱える、パフォーマンスに活かせるかと言われたら何とも言えません。

 

 

 

 

要は何が言いたいかといいますと、バッティングに必要な筋肉はバッティングによって身に着けることが理想ということです。

 

 

 

 

筋トレやウエイトトレーニングによって身に着けた筋肉は、短期間で筋肉量を増やすことができますが専門のトレーナーや筋肉に関する知識を持っている人がいるのなら話は別ですが、ただ筋トレによって身に着けた筋肉は全てバッティングには使わないですし、その使わない筋肉がパフォーマンスの邪魔になることもあります。

 

 

 

 

ヘッドスピードを上げ、かつバッティング全体のパフォーマンスを向上させるためには必要な筋肉のみを、必要な分だけ身に着けることが大切なんです。

 

 

 

 

その点を考慮して、素振りについて考えてみて下さい。

 

 

 

 

素振りを繰り返すことで当然筋肉を使用しますので筋トレに比べ効率は悪いですが、確実に筋肉はつきます。

 

 

 

 

しかしその筋肉は素振り、つまり自分自身のバッティングフォームを繰り返す中で身についた筋肉ですので、当然バッティングに必要な筋肉であり、バッティングに必要のない筋肉は素振りによってつきません。

 

 

 

 

お分かりいただけたでしょうか?

 

 

 

 

素振りによってヘッドスピードを上げるために必要な筋肉を、必要な分身に着け、それと同時にバッティングに必要な筋肉を身に着けていくことができます。

 

 

 

 

筋肉、スイングなどの専門的な知識があれば、その点の筋力強化などを行うことでより効率よくヘッドスピードを上げることができるかもしれませんが、おそらく特にアマチュア野球ではそれは難しいかと思います。

 

 

 

 

なので素振りによって少しづつではあるものの、ヘッドスピードを上げるための筋肉をつけていくことが、バッティング全体のことも考えると良いのかなと私は思います。

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回はヘッドスピードを上げる方法として素振りについて紹介させていただきました。

 

 

 

 

ヘッドスピードを上げることで損することはないと言えるでしょう。

 

 

 

 

素振りによってヘッドスピードを上げ、今よりも良いバッターを目指して頑張って下さい。

 

ヘッドスピードの目安

最後にヘッドスピードの目安を紹介していきたいと思います。

 

 

小学生低学年・・・70〜85km/h

 

 

小学生高学年・・・92〜3km/h

 

 

中学生・・・105〜6km/h

 

 

高校生・・・108〜110km/h

 

 

大学生・・・115〜125km/h

 

 

社会人・・・135〜140km/h

 

 

 

おそらくこのあたりが目安だと思います。

 

 

 

ちなみにプロ野球選手ですと140km/h代から、早い選手ですと150km/h後半あたりまで出る選手もいます。

 

 

 

 

自分のヘッドスピードがどれくらいなのかの参考にしてみて下さい。

 

 

 

ヘッドスピードは下の用品を使用することで測ることができます。

 

 

送料無料(※沖縄除く)[SSK]エスエスケイ野球マルチスピードテスター(MST300)

 

 

SSK(エスエスケイ) 野球 トレーニング用品 マルチスピードテスター用三脚 MST03  D20180224

 

 

おすすめ記事

スイングスピードを上げる練習はこれ!バッティング上達方法

 

スイングスピードを上げることで得られるメリットはものすごく多いです。そんなスイングスピードを上げる練習とは?

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振る!?科学的にも証明されているその理由を紹介しています。

 

野球 スイングスピードは筋トレでは上がらない!最も効果がある方法は?

 

スイングスピードはやみくもな筋トレでは上がりません。むしろ下がります。正しくスイングスピードを上げる方法を紹介しています。

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。