野球 バッティング 上達 ヒット ホームラン 打ち方

野球 ヘッドスピード、スイングスピードの目安と測定方法

野球をやっている人なら自分のスイングスピード、ヘッドスピードが一体どのくらいなのか気になったことはあると思います。

 

 

 

 

スイングスピード、ヘッドスピードが速ければバッティングの成績も大きく変わりますので、自分は一体どのくらいのヘッドスピードなのかを知っておいて損はないと思います。

 

 

 

 

自分のヘッドスピードはどのくらいか知っておくことで、後にヘッドスピードが速くなった、もしくは遅くなったなどということにも気づきやすくなります。

 

 

 

 

ではヘッドスピードはどのようにして測定すればいいのか?

 

 

 

 

また、小学生や中学高校生別で、ヘッドスピードの目安はどのくらいなのか?

 

 

 

 

 

今回はそんなヘッドスピード、スイングスピードの目安と測定方法などについて紹介していきたいと思います。

 

小学生低学年のヘッドスピードの目安

まずは小学生の低学年のヘッドスピードの目安を紹介します。

 

 

 

小学生低学年のヘッドスピードの目安は70〜85km/hだと思われます。

 

 

 

 

少し幅がありますが低学年とは言えど、1年生と3年生ではヘッドスピードに差が出ますので少々大雑把な部分はありますがこのあたりが目安になると思います。

 

 

 

 

小学生の低学年で85km/h以上のヘッドスピード、スイングスピードがあれば十分早いと言えると思います。

小学生高学年のヘッドスピードの目安

続いて小学生の高学年のヘッドスピードの目安を紹介します。

 

 

 

 

小学生高学年のヘッドスピードの目安は92〜3km/hあたりと言われています。

 

 

 

 

とは言え、小学生の高学年ごろから身長が一気に伸びる選手もいますのでそういった選手の中には110km/hくらいまでヘッドスピードが出る選手もいます。

 

 

 

 

しかし、そういった少し体格差などによる差はありますが、おそらくほとんどの小学生の高学年の選手はこれから体格も大きくなっていくと思いますので目安は92〜3km/hあたりになると思います。

 

 

 

 

100km/hくらいまで出るようであればおそらくヘッドスピードはかなり早い方だと思います。

中学生のヘッドスピードの目安

続いては中学生のヘッドスピードの目安を紹介していきます。

 

 

 

中学生のヘッドスピードの目安はおそらく105〜6km/hあたりだと思います。

 

 

 

ただ中学生になると成長期を迎えるタイミングですので、その時期によって差が出ることが多いです。

 

 

 

 

中学生でも105〜6km/hが目安と言いましたがこの数値を大きく上回る選手も多くいます。

 

 

 

 

ですが全体的にみると105〜6km/h当たりが目安になるのではないかな?と思います。

高校生のヘッドスピードの目安

続いては高校生のヘッドスピードの目安です。

 

 

 

高校生のヘッドスピードの目安は中学生とあまり変わらず108〜110km/hあたりになると思います。

 

 

 

 

ある程度中学3年生頃にもなればある程度体は成長していると思います。

 

 

 

 

その後は筋トレ、野球の練習の中で体が大きくなっていくと思いますのでそう言った点を考えると中学生のヘッドスピードん目安よりはやや高くなると思います。

 

 

 

 

ただ高校生にもなると正直ヘッドスピードにも大きく差が出てくることがありますので速い人ではこの数値を大きく上回ってきます。

 

 

 

大学生のヘッドスピードの目安

続いては大学生のヘッドスピードの目安です。

 

 

 

大学生は115〜125km/hあたりがヘッドスピードの目安になると思います。

 

 

 

 

高校野球までは野球を続ける選手は多いですが、大学まで野球を続ける選手はやはりそれなりに実力のある選手が多いです。

 

 

 

 

もちろん、野球の強い大学の選手であればこの数値を上回る選手も多くいるでしょうが、大学野球全体と考えると115〜125km/hあたりが目安になると思います。

社会人野球のヘッドスピードの目安

最後に社会人野球のヘッドスピードの目安を紹介していきます。

 

 

 

 

社会人野球ともなると、大学野球よりもさらにレベルが上がってきます。

 

 

 

 

そんな社会人野球のヘッドスピードの目安は135〜140km/hあたりになると思います。

 

 

 

 

社会人野球は大学野球、もしくは高校野球の選手の中でも特に実力のある選手が集まります。

 

 

 

 

なので割と高めの数値ではありますが135〜140km/hあたりが目安になると思います。

 

 

 

 

この数値を上回ることが出来れば社会人野球の中でもだいぶヘッドスピードは速い方だと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回はヘッドスピードの目安を色々な野球のレベル別に紹介させていただきました。

 

 

 

 

ヘッドスピードが早いとバッティングにおいて多くのメリットがあります。

 

 

 

 

そんな自分自身のヘッドスピードを数値化することで、自分のヘッドスピードはどのくらいなのか?早いのか?遅いのか?

 

 

 

 

また、以前よりも早くなっているのか?遅くなっているのか?

 

 

 

 

そういったヘッドスピードの変化にも気づくことができます。

 

 

 

 

今回紹介したヘッドスピードの数値はあくまで目安でしかありませんが、良かったら参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

ヘッドスピードは下の用品を使用することで測ることができます。

 

 

送料無料(※沖縄除く)[SSK]エスエスケイ野球マルチスピードテスター(MST300)

 

 

SSK(エスエスケイ) 野球 トレーニング用品 マルチスピードテスター用三脚 MST03  D20180224

関連記事

スイングスピードを上げる練習はこれ!バッティング上達方法

 

スイングスピードを上げることで得られるメリットはものすごく多いです。そんなスイングスピードを上げる練習とは?

 

野球 ヘッドスピードを上げる素振りとは?スピードの目安は?

 

ヘッドスピードを上げる素振りとは一体?ヘッドスピードを上げるには素振りがおすすめな理由とは?

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振る!?科学的にも証明されているその理由を紹介しています。

 

野球 スイングスピードは筋トレでは上がらない!最も効果がある方法は?

 

スイングスピードはやみくもな筋トレでは上がりません。むしろ下がります。正しくスイングスピードを上げる方法を紹介しています。

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。