野球 バッティング 上達 ヒット ホームラン 打ち方

最短距離でバットを出せという指導の間違いとは 正しいバットの軌道

「最短距離でバットを出せ!」

 

 

 

 

このような指導はバッティングの指導の中でよく耳にする言葉です。

 

 

 

 

こういった指導をされる方にも何かしらの意図や考え方があるのだと思いますが、個人的にはこの「最短距離でバットを出せ!」と言う指導は間違いだと思っています。

 

 

 

 

 

ちなみにイチロー選手をはじめ、多くのプロ野球選手もこの最短距離でバットを出せ!という考え方を否定しています。

 

 

 

 

ではなぜ最短距離でバットを出すことが間違いなのか?

 

 

 

 

また正しいバットの軌道とは一体?

 

 

 

 

今回はそんな「最短距離でバットを出せ」という指導について色々と紹介していきたいと思います。

 

最短距離でのバットスイングは間違い

ではまずなぜ最短距離でバットを出すことが間違いなのかを説明していきます。

 

 

 

最も理想的なバットスイングの軌道はレベルスイングと言われる地面に対し平行近いスイングが理想と言われていますし、私自身もレベルスイングを推奨しています。

 

 

 

 

まずこのレベルスイングをするにあたってバットを最短距離で出すのは無理ということが間違いの理由の1つです。

 

 

 

 

理想的なレベルスイングが出来ているのであれば、必然的にバットは最短距離では出ないということになります。

 

 

 

レベルスイングについては下の記事で詳しく紹介していますので良かったらご覧ください。

 

レベルスイングのメリットを知りヒットを量産!野球バッティング上達

 

 

 

 

ちなみに、バットを最短距離で出そうとする場合、ダウンスイングと呼ばれる所謂上から叩くようなスイングになってしまいます。

 

 

 

 

ダウンスイングがなぜダメなのか、ダウンスイングによるデメリットについてはダウンスイングは間違い!野球 バッティング打てなくなる原因で詳しく紹介していますが、ダウンスイングとレベルスイングではミートポイントの広さに大きく差が出てしまいます。

 

 

 

 

イメージとしてはピッチャーの投げる球は地面に対し平行の軌道でキャッチャーに向かって移動しています。

 

 

 

 

それに対し、レベルスイングの場合はスイングの軌道が地面と平行ですのでボールに対してミートポイントが上下左右広くとることができます。

 

 

 

 

これは良くレベルスイングはボールを面でとらえることができるなんて言われ方をします。

 

 

 

 

また、バットを最短距離で出さないレベルスイングだからこそ、スイングの途中でボールに対してスイングの軌道を修正できます。

 

 

 

 

一方でバットを最短距離で出す、ダウンスイングの場合はどうでしょう。

 

 

 

 

地面と平行の軌道で移動するボールに対し、角度でいうと斜め上からバットが出てきます。

 

 

 

 

この場合ボールに対し、点でしかミートが出来ません。

 

 

 

 

これだけでもレベルスイングと大きなミートポイントに差が出ます。

 

 

 

 

また最短距離でバットを出しているため、先ほどとは違いスイングの途中での軌道修正が難しくなってしまうのもデメリットとして挙げられます。

 

 

 

 

このように、最短距離でバットを出すことでミート力に大きな差が出てしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

最短距離でバットを出すことがなぜ間違いなのかを紹介させていただきましたが、理解はしていただけたでしょうか?

 

 

 

 

 

もしかすると、スイングの軌道の中に余計な動きが多いので、それを治すために最短距離でバットを出せというような指導をされる指導者もいるかもしれません。

 

 

 

 

スイングの中から余計な動きを省き、シンプルを追及する例えとして最短距離でバットを出せという指導は分かりやすいのかもしれません。

 

 

 

 

しかし、今回紹介した細かい部分まで説明をしないと、今後のバッティングの成績に影響が出てきますので正しく指導をすることが求められます。

 

 

 

 

最短距離でバットを出すのではなく、理想である正しいレベルスイングの軌道を身に着けて、今よりも良いバッターを目指して頑張って下さい。

 

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

関連記事

レベルスイングの練習方法!わかりやすい野球バッティング上達方法

 

理想のスイングであるレベルスイングを身に着ける練習方法とは?非常に分かりやすいレベルスイングの練習方法を紹介しています。

 

レベルスイングのメリットを知りヒットを量産!野球バッティング上達

 

レベルスイングのメリットを知るとヒットが量産できる!?そんなレベルスイングのメリットとは?

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

ダウンスイングは間違い!野球 バッティング打てなくなる原因

 

多くの人が言われてきたであろう「上から叩け!」と言うバッティング指導。こういったダウンスイングを推奨する指導は間違いで、打てなくなる原因にすらなります。そんなダウンスイングについて詳しく紹介しています。