野球 バッティング 上達 ヒット ホームラン 打ち方

バッティング グリップから出すインサイドアウトのスイングを身に付ける

グリップからバットを出す

 

 

 

 

バットを内から出すスイングを教える時にこのような指導をよく耳にします。

 

 

 

 

バットを内から出すスイング、所謂インサイドアウトのスイングはバッティングにおいて重要であり、基本と言われています。

 

 

 

 

実際バットが外回りしてしまってはボールにうまく力を伝えることは難しくなります。

 

 

 

 

ですが実際にグリップからバットを出すことが理想というのを理解していても出来ていない選手が多いです。

 

 

 

 

またはグリップから出すスイング、バットを内から出すスイングを意識しすぎて窮屈なスイングになっている選手も多くいます。

 

 

 

 

 

ではどのようにしてグリップからバットを出せばいいのか?

 

 

 

 

またインサイドアウトのスイングを正しく身に着ける練習とは一体どんな練習なのか?

 

 

 

 

今回はそんなグリップから出すインサイドアウトのスイングについて紹介していきたいと思います。

 

グリップから出すスイングの身に着け方

グリップから出すインサイドアウトのスイングを身に着ける練習として私がおすすめするのが2つあります。

 

 

 

 

まず1つ目はトンカチ、ハンマーを使った練習です。

 

 

 

 

こちらは片手で持てるトンカチやハンマーを使った練習です。

 

 

 

 

理想を言えば木の板などに釘を刺した状態でそれをトンカチやハンマーで綺麗に打ち込むのが一番効果的だと思います。

 

 

 

 

やり方としては片手でトンカチを持ちます。

 

 

 

 

この時の手の位置はバットを構える時の同じ位置です。

 

 

 

 

そしてミートポイント、実際にボールを打つ位置に釘を刺した板などを置いておきます。

 

 

 

 

この釘をスイングと同じような動きをしながら綺麗に打ち込んでいきます。

 

 

 

 

この時トンカチが外回りしてしまうと、その分釘を綺麗に打つのは難しくなりますし、釘に力を加えるのも難しくなります。

 

 

 

 

しっかりと内側からトンカチを出し、釘に向かってスイングしていきます。

 

 

 

 

この時の間隔がグリップから出すスイングに非常に近いものがあります。

 

 

 

 

インサイドアウトのスイングの感覚としてこのメニューは非常に分かりやすくおすすめですよ。

 

 

 

 

 

2つ目の練習メニューは短尺バットでのバッティングです。

 

 

 

 

短尺バットとは名前の通り短いバットのことです。

 

 

 

 

この短いバットでティーバッティングやロングティーを行ってみて下さい。

 

 

 

 

実際にやっていただければわかると思いますが、短尺バットで強い打球を打つためには、しっかりとバットをグリップから出し、インサイドアウトのスイングをしないと強い打球は打てませんし、ボールを遠くへ飛ばすことができません。

 

 

 

 

また短いバットですので扱いやすく、グリップから出すスイングの感覚もつかみやすいのでその点もおすすめの理由です。

 

 

 

 

ちなみに、この短尺バットを使用して練習は筒香選手をはじめ、多くのプロ野球選手も実践しています。

 

 

 

 

短いとはいえど、実際にバットを使用することでグリップから出すスイングの感覚もより実践に近いものになりますよ。

 

 

 

デサント DESCENTE メンズ 野球 硬式 短尺バット 木製ワンハンドバット(トップバランス) DKB-7712

価格:3,620円
(2016/12/31 16:47時点)

 

 

 

※関連記事  短尺バットで打率を上げる!プロも愛用の短尺バットとその効果

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回はグリップからバットを出すスイングを身に着ける練習方法を紹介させていただきました。

 

 

 

 

グリップから出すスイングはバッティングの基本的な部分です。

 

 

 

 

しっかりと正しく身に着け、バッティングに活かしていきましょう。

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

レベルスイングの練習方法!わかりやすい野球バッティング上達方法

 

理想のスイングであるレベルスイングを身に着ける練習方法とは?非常に分かりやすいレベルスイングの練習方法を紹介しています。

 

レベルスイングのメリットを知りヒットを量産!野球バッティング上達

 

レベルスイングのメリットを知るとヒットが量産できる!?そんなレベルスイングのメリットとは?