ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

ルーティーンの重要性

ルーティーンと言ったらイチロー選手が浮かびます。

 

 

僕自身昔は「あんなのやったって変わらないだろう」と思っていました。

 

 

もちろんイチロー選手の動きをそのまま真似しても意味があるというわけではないです。

 

 

しかし僕自身打撃の際にある動きを毎回するようにしてから打席での気持ちの余裕などができて打率が上がりました。

 

 

そこで、ルーティーンの必要性と効果を僕自身の意見と解釈で説明したいと思います。

 

自分のペースに持ち込む

これが一番大きいと思うのですが、よく打席で悩んでいる人がいますがその人はその時点でペースは相手に握られています。

 

 

何度言いますがも、僕がこのサイトで紹介していることをやっていただければヒットは簡単に打てます。

 

 

そのやってきたことを100出すためにも相手にペースを握られてはいけません。

 

 

同じ動きを毎回することで自分のペースを崩されずに打撃を行えるのです。このサイトでやってきたことをやればヒットになるのです。

 

 

やってきたことをやるためにペースは握られないようにしましょう。

どんな動きをすればいいのか?

これははっきり言って正解はないと思っています。

 

 

でも僕は動きをするだけでなく、なにか意味のある動きをしたいと思いました。

 

 

そこで、僕自身が実際やっていたルーティーンを紹介します。

 

 

まず打席に入り、バッターボックスの一番前で屈伸をした後、右足、左足の順に構えの位置に足を置きます。(僕は右バッターです)

 

 

この一連の動きには2つ意味があります。

 

 

一つ目は、最初にも言った自分のペースでバッティングをするために行う。

 

 

二つ目は、足の筋肉の緊張を取るために屈伸をすること。

 

 

自分のペースに持ち込み、ついでに足の筋肉の緊張を取る。

 

 

この動きは僕としてはとてもおすすめです。よかったらやってみて下さい!