野球 バッティング 上達 ヒット ホームラン 打ち方

ロングティーの飛距離を伸ばすには 打球を飛ばす方法を紹介

ロングティーはバッティング上達に非常に効果があることで有名なバッティング練習で、多くの選手やチームが練習メニューの中にロングティーを取り入れています。

 

 

 

 

ロングティーはピッチャーの投げた球を打つのとは違い、ボールの反発力に頼ることができないので、自分のスイングによってしっかりとボールに力を伝えないとボールは飛びません。

 

 

 

 

ロングティーで打球が遠くへ飛ぶということは、それだけボールに力が伝わっているということを意味しますし、良いスイングである証にもなります。

 

 

 

 

そして、そのスイングにさらにピッチャーの投げたボールの反発力が加われば打球はさらに飛ぶようになりますし、飛距離が伸び、長打やホームランを打てるようになるでしょう。

 

 

 

 

さて、そんなロングティーですが、ロングティーで打球を遠くへ飛ばすことは良いことだとわかってはいるものの、実際にロングティーで飛距離を伸ばすのは簡単ではないですし、難しく感じたり、打球が飛ばないと悩む選手も多くいます。

 

 

 

 

ではロングティーで飛距離を伸ばすにはどうすればいいのか?ロングティーで打球を飛ばすにはどうすればいいのか?

 

 

 

 

 

今回はロングティーで飛距離を伸ばす方法について紹介していきたいと思います。

 

ロングティーで飛距離を伸ばす方法

先ほども紹介しましたが、ロングティーはピッチャーの投げるボールを打つのとは違い打球を飛ばすのに反発力を活かすことができません。

 

 

 

 

そのため、正しいスイング、しっかりと自分の力をボールに伝えることのできるスイングをする必要があります。

 

 

 

 

そこでロングティーで飛距離を伸ばすのに重要になるのが

 

 

 

打つポイント

 

 

体重移動

 

 

回転

 

 

 

 

この3つです。

 

 

 

 

ではこれあ3つについてそれぞれ詳しく紹介していきます。

打つポイントについて

まずは打つポイントについてから。

 

 

 

 

バッティングにおいて、自分の力が一番伝わるミートポイントというものがあります。

 

 

 

 

まずはこの自分のポイントを知ることから始めましょう。

 

 

 

 

とはいえほとんどの選手は自分の打つポイントがどこかは自分で分かっていると思います。

 

 

 

 

もし自分のポイントが分からないという方はバッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法で自分のポイントの見つけ方やそのバッティング練習などについて紹介していますので、自分のポイントを見つけることから始めて下さい。

 

 

 

 

話を戻しますが、反発力に頼ることのできないロングティーで飛距離を伸ばすには大前提としてこの自分のポイントで打つことが求められます。

 

 

 

 

これに関してはロングティーに限らず、実際のバッティングでも自分のポイントで打てる方が良いのは間違いないので、どちらにしても自分のポイントで打つことは求められます。

 

 

 

 

ですので当たり前ではあるのですが、ロングティーで飛距離を伸ばすためにはしっかりと自分のポイントで打つことを意識してください。

 

 

 

 

変に遠くへ飛ばそうと意識しすぎて力任せに振ることでポイントがズレることもありますので注意してください。

体重移動

続いては体重移動についてです。

 

 

 

 

体重移動はバッティングにおいて必ずしも必要かと言われると、そうではないというのはこのサイト内でも何度も言っていますが、ロングティーはもちろん、長打やホームランが打ちたいのであれば体重移動は出来たほうが良いですし、必要になってきます。

 

 

 

 

しっかりと軸足に体重をため、バットからボールへその力を伝えましょう。

 

 

 

 

回転

回転というのはボールに回転を加えることです。

 

 

 

具体的にはボールにバックスピンを加えることで、打球を鋭く伸びる打球にします。

 

 

 

 

回転をかける際に意識すべき点はボールの中心より少し下を打つことを意識してみて下さい。

 

 

 

 

ちなみに私自身もそうですが、右バッターの場合は右手首、左バッターの場合は左手首を返す動きをボールを打つ際に加えることでバックスピンをかけることもできます。

 

 

 

 

また、この時のバットを入れる角度やバットの出し方が長打やホームランを打つときに限りなく近いものがありますので、ボールを飛ばす感覚を身に着けやすくもなります。

 

 

 

 

なのでロングティーで飛距離を伸ばすために回転をかけることを意識してみるのも良いかと思います。

 

 

 

 

ただし、これはあまり簡単なことではありません。

 

 

 

 

意識しすぎてポップフライのような打球が増えてしまったり、変なクセがスイングイについてしまう可能性もあります。

 

 

 

 

難しいな、自分には無理かなと感じたらあまり回転をかけることは意識しないほうが良いのかもしれません。

 

 

 

 

もちろん、回転をかける技術はバッティングにおいて絶対必要ではないですし、回転をかけれなくてもヒットや長打を打つことも可能ですよ。

 

 

 

そのあたりはロングティーをやる中で自分自身と相談してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回はロングティーで飛距離を伸ばすには、打球を遠くへ飛ばすにはどうすればいいのか?という点について紹介させていただきました。

 

 

 

 

最初にも言いましたがロングティーは非常に効果のあるバッティング練習です。

 

 

 

 

そしてロングティーで飛距離を伸ばすということは、実際にピッチャーの球を打つときの飛距離も伸びます。

 

 

 

 

ロングティーをする中で正しいスイングや、打球を飛ばす感覚を身に着けていきましょう。

 

 

 

たった7日にで打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

関連記事

ロングティーの効果的なやり方を紹介!野球 バッティング上達方法

 

効果的なバッティング練習として知られるロングティーをより効果のあるものにする方法とは?ロングティーの正しいやり方を紹介しています。

 

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

 

バッティング練習は何をすれば良いのか?打撃上達のためにするべきバッティング練習とは?ロングティーやその他の効果的なバッティング練習を紹介しています。

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

レベルスイングの練習方法!わかりやすい野球バッティング上達方法

 

理想のスイングであるレベルスイングを身に着ける練習方法とは?非常に分かりやすいレベルスイングの練習方法を紹介しています。

 

レベルスイングのメリットを知りヒットを量産!野球バッティング上達

 

レベルスイングのメリットを知るとヒットが量産できる!?そんなレベルスイングのメリットとは?