バッティング バットの出し方について 打撃上達方法

「バットは内側から出せ!」「上から叩け!」

 

 

 

 

これらが正しいか間違いかは置いといて、このようにバットの出し方について指導をされたことがある選手は多いと思います。

 

 

 

 

バットの出し方はバッティングにおいて重要とされており、バットの出し方が違うだけでもボールに伝わる力にも大きく差が出ることもあります。

 

 

 

 

それに理想的なスイングの軌道を描くには、バットの出し方が大きく関わってきます。

 

 

 

 

 

自分のスイングをしっかりとするためにも、バットの出し方はやがり正しい方がいいでしょう。

 

 

 

 

ではバッティングにおけるバットの出し方とは?

 

 

 

 

今回はそんなバットの出し方について紹介していきたいと思います。

 

バットの正しい出し方とは

では正しいバットの出し方について紹介していきます。

 

 

 

 

バットの出し方の理想はインサイドアウトだと言われおり、私もそのように思っています。

 

 

 

 

インサイドアウトとは簡単に言うと、バットを内側から出すことです。

 

 

 

 

イメージとしてはバットを内側からだすとういうよりは、グリップからという方がイメージがしやすいかもしれません。

 

 

 

 

 

このようにインサイドアウトのバットの出し方にすることで、ボールに力をしっかりと伝えることが出来ますし、バッティングにおける無駄な動きを省くことも出来ます。

 

 

 

 

試しに、バットを意図的に外回りさせたスイングでボールを打ってみるとわかると思いますがバットの出し方が外回りしてしまうと、ボールに力を伝えることは難しいですし、ボールに打ち負けることも増えるでしょう。

 

 

 

 

以上のことから、バットの出し方は、内側から出すということを意識してみて下さい。

 

正しいバットの出し方を身に着ける練習

では続いて正しいバットの出し方を身に着ける練習を紹介していきます。

 

 

 

ここまで紹介してきたことでは理解できないという方はこれから紹介する練習メニューを行っていただければ正しいバットの出し方が分かるようになると思います。

 

 

 

 

今回紹介するバッティング練習は2つです。

 

 

 

 

1つ目がトンカチ、ハンマーを使ったスイング

 

 

 

 

2つ目が短尺バットでのスイング

 

 

 

 

 

この2つを行うことで正しいバットの出し方を効果的に、かつ分かりやすく身に着けることができます。

 

 

 

 

ではこれらの練習メニューについてそれぞれ紹介していきます。

トンカチ、ハンマーを使ったスイング

トンカチやハンマーを用意してください。

 

 

 

 

理想を言えば木の板のようなものをミートポイントあたりに釘を刺した状態でセットします。

 

 

 

 

その釘をハンマー、またはトンカチで綺麗に打ち込んでいきます。

 

 

 

 

ちなみにこの時の動きはバッティングのスイングと同じ動きで行ってください。

 

 

 

 

また、片手ずつ、両方の手で行ってください。

 

 

 

 

この時に、綺麗に釘を打ち込むには無駄な動きを省きつつ、釘にしっかりと力を伝えることが求められます。

 

 

 

 

トンカチ、ハンマーが外回りしてしまうと、それだけ釘に正確に当てるのが難しくなりますし、力を伝えるのも難しくなります。

 

 

 

 

この練習をすることで正しいバットの出し方をするときの両腕の使い方を身に着けることができます。

 

 

 

脇の閉め方や、ミートポイントまでのバットの出し方が実際のバッティングにかなり近いです。

 

 

 

 

実際に釘を打てるような環境がないという方は、釘がミートポイントにあると想定してやるだけでも効果はあると思いますのでトンカチやハンマーさえあれば問題ないです。

短尺バットでのスイング

続いては短尺バットでのスイングについてです。

 

 

 

短尺バットとは名前の通り短いバットのことです。

 

 

 

 

この短尺バットで素振りをするだけでも良いのですが、実際にティーバッティングやロングティーなどを短尺バットで行うとよりバットの出し方が分かりやすくなります。

 

 

 

 

これに関しては実際に短尺バットでボールを打っていただければ分かるのですが、短尺バットで強い打球を打つにはインサイドアウトで正しくバットを出すことが必要になります。

 

 

 

 

バットの出し方が外回りしていたり、おかしな場合、短尺バットでは強い打球は打てません。

 

 

 

 

また、短い短尺バットですと、内側からバットを出すという感覚も非常に分かりやすくスイングできますのでそう言った点でもおすすめです。

 

 

 

 

ちなみに、この短尺バットを使ったティーバッティングやロングティー、素振りなどはプロ野球選手も多く取り入れているバッティング練習です。

 

 

 

 

もしよかったらバットの出し方を身に着けるために、取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

デサント DESCENTE メンズ 野球 硬式 短尺バット 木製ワンハンドバット(トップバランス) DKB-7712

価格:3,620円
(2016/12/31 16:47時点)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回はバットの出し方について紹介させていただきました。

 

 

 

 

バットの出し方1つでボールに伝わる力は大きく変わります。

 

 

 

 

しっかりと正しいバットの出し方を身に着けて、強く、鋭い打球を打てるようになりましょう。

 

 

 

 

また、もしよかったらバットの出し方を身に着ける際に今回紹介した練習メニューを取り入れてみて下さい。

 

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング グリップから出すインサイドアウトのスイングを身に付ける

 

バッティングはグリップから出すインサイドアウトのスイングが基本です。インサイドアウトのスイングを正しく身に着ける練習を紹介。

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

レベルスイングの練習方法!わかりやすい野球バッティング上達方法

 

理想のスイングであるレベルスイングを身に着ける練習方法とは?非常に分かりやすいレベルスイングの練習方法を紹介しています。

 

レベルスイングのメリットを知りヒットを量産!野球バッティング上達

 

レベルスイングのメリットを知るとヒットが量産できる!?そんなレベルスイングのメリットとは?