バットの持ち方握り方について バッティングの基本

バッティングには当たり前ですが、バットが必要です。

 

 

 

バットを持たずにバッティングは出来ませんし、ボールを打つことは出来ません。

 

 

 

 

さて、ところでバットですがどのように持っていますか?どのように握っていますか?

 

 

 

バットの持ち方や握り方は実はいろいろとあります。

 

 

 

 

もしかすると、バットの持ち方握り方を変えるだけでバッティングの成績が変わることもないとは言い切れません。

 

 

 

 

そこで今回はバットの持ち方、握り方について、野球を始めたばかりの人や、既に野球をやっている人両方の方にむけて紹介していきたいと思います。

 

 

バットの持ち方握り方の基本

まずは全ての打者に共通するバットの持ち方の握り方の基本について紹介していきます。

 

 

 

 

既に野球をやっている方は知っていると思いますが、バットは右バッターは左手が下で右手が上。

 

 

 

 

左バッターは右手が下で左手が上でバットを持ちます。

 

 

 

 

 

もしかするとこの逆で打っている選手も探せばいるのかもしれませんが、少なくとも私は見たことがありません。

 

 

 

 

 

ここで意識すべきポイントはバットのグリップを手のひらで持つ、握るというよりは指で持つ握るという感覚でバットを持つのをおすすめします。

 

 

 

 

 

実際にバットを持っていただけるとわかるのですが、手のひらでバットを握る感覚でバットを持つと余計な力が入りやすくなってしまいます。

 

 

 

 

バッティングにおいて力みというのは打てなくなる原因になったりします。

 

 

 

 

そんな力みがバットを握った時点であるというのはバッティングにおいて良くないです。

 

 

 

 

なので両手の上下を正しくし、そのうえで指でバットを握るような感覚でバットを持ち、構え、バットを持った段階で余計な力みが無いようにしましょう。

変わったバットの持ち方握り方

では続いて先ほど紹介した、バットの持ち方握り方の基本以外のバットの持ち方について紹介していきます。

 

 

 

 

先ほど紹介したバットの持ち方以外に多いのが人差し指を握らないというもの。

 

 

 

 

これはつまりバットを握る際に両手の10本の指でバットを握るのではなく片手、または両手の人差し指はバットを握らず、伸ばした状態にしておくというバットの持ち方です。

 

 

 

 

こちらも説明するよりも実際にやっていただいた方が分かりやすいのですが、人差し指でバットを握った状態と、握らない状態では微妙に力の入り方が変わってきます。

 

 

 

 

もちろん、この時に特に違いが分からないという人もいますので、そういった方は普通に両手の10本の指でバットを持っていただいて構いません。

 

 

 

 

ただし、人差し指でバットを持つと、握ると、多少に力みや力が入ってしまうという選手は意外と多いです。

 

 

 

 

そういう私自身もそうでした。

 

 

 

 

先ほども言いましたがバッティングにおいて力みは打てなくなる原因になります。

 

 

 

 

人差し指はバットを握らずにバットを持ってみて下さい。

 

 

 

もしそれが自分に合っていると感じたら、そちらの方が良いかもしれませんよ。

 

 

 

 

また、両方のバットの持ち方で実際にバッティングをしてみて良い感覚で打てた方にしてみるのも良いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回はバットの持ち方握り方について紹介させていただきました。

 

 

 

 

バットの持ち方は、あまりにも変な持ち方でなければそんなに関係ないと思われがちですが、私は非常に関係あると思います。

 

 

 

 

私自身の場合は両手10本の指でバットを持つとどうしても変な力みが入ってしまうので、人差し指は絶対にバットを握らないほうが打てました。

 

 

 

 

もちろん個人差はありますが、バットの握り方はバッティングにおいてある程度重要だと思います。

 

 

 

 

今回紹介した人差し指でバットを握って持つかどうかは正直、人それぞれですので何とも言えませんが、いづれにせよ自分に合ったバットの持ち方というものを見つけることは大切です。

 

 

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

人気記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

レベルスイングの練習方法!わかりやすい野球バッティング上達方法

 

理想のスイングであるレベルスイングを身に着ける練習方法とは?非常に分かりやすいレベルスイングの練習方法を紹介しています。

 

レベルスイングのメリットを知りヒットを量産!野球バッティング上達

 

レベルスイングのメリットを知るとヒットが量産できる!?そんなレベルスイングのメリットとは?