バッティング軸足の向きの正解は?打撃上達方法

軸足の向きについて考えたことはありますか?

 

 

 

 

バッティングと聞くとスイングに意識がいきがちでどんなスイングが打てるのか?打ちやすいのか?

 

 

 

 

みたいなことを考えてしまいがちです。

 

 

 

 

もちろん、これは良いことですし、当然スイングがしっかりとしていないとバッティングは上達しないと言えるでしょう。

 

 

 

 

しかし、今回紹介したいのはそんなスイングではなく、バッティングの構えについて。

 

 

 

 

その構えの中でも軸足の向きについてです。

 

 

 

プロ野球などを見ていると各選手、いろいろな構え方をしていますし、非常に変わった構えをしている選手も多くいます。

 

 

 

 

そんな構えの中でも軸足の向きに重点をおいて今回は紹介していきたいと思います。

 

 

 

軸足の向きを意識するだけでバッティングが大きく上達することもあるかもしれませんよ?

 

軸足の向きの正解

では構えの段階での軸足の向きの正解とは?

 

 

 

 

正直、これに関しては正解はないと思っています。

 

 

 

 

これは無責任と言いますか、なんでもいいという意味ではなく、それだけ軸足の向きを変えるだけでバッティングが変わるという意味で捉えて下さい。

 

 

 

 

とは言え、一般的と言いますか、基本的には軸足と前足を平行に位置させるのが最も基本的な軸足の向きと言えるでしょう。

 

 

 

 

これが最も無難で、かつ多くの人に合っている構えだと思います。

 

 

 

 

特に違和感なくバッティング、スイングができるという人はこの軸足の向きで良いと思います。

 

 

 

 

続いて紹介するのが軸足が少しキャッチャー方向、外側向きに位置させる置き方。

 

 

 

 

クローズドスタンスと呼ばれるメジャーリーガーに多い構えをする選手はこの軸足の向きで構えている選手が多いです。

 

 

 

 

軸足の向きを外側に向けることで得られるメリットはアウトコースの球が打ちやすくなるという点だと思います。

 

 

 

 

しかし、その一方で軸足に乗せる体重が外側に逃げやすくなってしまったり、前足をうまく使わないと体が開く原因にもなってしまいます。

 

 

 

 

デメリットはありますが、こういったデメリットは練習によって修正することができますのでそこまで問題ではないのかな?と思います。

 

 

 

 

インコースに強く、アウトコースが逃げてという選手は軸足の向きを少し外側に向けてみると、バッティングの成績が変わるかもしれませんよ?

 

 

 

 

ただその際には先ほど紹介したデメリットの修正は忘れないようにしてください。

 

 

 

 

続いては軸足をピッチャー側、内側に少し向ける構え。

 

 

 

 

こちらはオープンスタンスの選手がたまに軸足の向きを内側に向けています。

 

 

 

 

この軸足の向きのメリットとしては軸足の乗せた体重が外側に逃げにくく、体重を軸足にためやすいという点。

 

 

 

 

一方デメリットは軸足を内側に入れる分軸足側の方が内側に入りやすく、スイングが窮屈になったり、それを防ごうと体が開いてしまうことがあるという点でしょうか。

 

 

 

 

軸足側の腕の使い方がうまい選手ですと、こういったデメリットを感じずスムーズなスイングができるのですが、そうでない選手ですと少々難しいかと思います。

 

 

 

 

個人的にはこの軸足の向きを内側に向けるのはあまりおすすめではないです。

 

 

 

 

オープンスタンスの選手でも、軸足の向きは普通に前に向けたほうが良いのかなと思います。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回は軸足の向きについて紹介させていただきました。

 

 

 

 

バッティングの構えは実は重要です。

 

 

 

 

いかに自分のスイングできるか。そのスタートが構えです。

 

 

 

 

今回紹介した軸足の向きをより自分に合ったものにする、また自分に合った軸足の見つけることでバッティング上達につながるかもしれません。

 

 

 

 

今一度自分の構え、軸足の向きについて考えてみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

何かバッティング上達のヒントになるかもしれませんよ?

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

おすすめ記事

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

 

バッティング練習は何をすれば良いのか?打撃上達のためにするべきバッティング練習とは?ロングティーやその他の効果的なバッティング練習を紹介しています。

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

バッティング タイミング合わない人の練習方法と解決方法

 

バッティングにおいて自分のスイングをするにはタイミングを合わせることが求められます。タイミングが合わない人がするべき練習方法や解決方法とは?