動体視力 鍛え方

打席での世界が変わった!

僕が高校2年の夏以降、安定して高打率を残せたのにはこのサイトで紹介している独自の打撃理論と練習メニューもそうですがひとつ夏以降から取り組んだことがあります。

 

 

技術的なことではありませんが、おそらく大きく関係することです。

 

 

今回はそのことを紹介したいと思います。

 

動体視力を鍛える

動体視力という言葉はスポーツにおいてよく聞く言葉です。

 

 

実際どんなものかわかりませんよね。

 

 

僕もそうでした。

 

 

僕自身中学まで視力がものすごくよかったのですが、高校に入ってからだいぶ悪くなりました。

 

 

これは高校2年の夏前の話ですが、ボールが見えにくくあまり思うようなバッティングが出来ない時期がありました。

 

 

そこでコンタクトをつけるようになりましたがびっくりしました。

 

 

こんな世界があったのかと。(目が悪い段階から一気に見えるようになったので感動しました)

 

 

視力の大切さをそこではじめて気づきました。

 

 

それくらい視力はバッティングにおいて重要なのです。

 

 

そこから打率は少しずつ上がったのですがある日バッティングンについて勉強していたら動体視力というものに興味を持ち調べているとバッティングにすごく活きるとあったので動体視力を鍛えようと思いました。

 

 

しかし鍛えているつもりですがあまり成果が実感できませんでした。

 

 

そんな時にプロ野球チームやサッカーチームなども利用しているとあった商品に出会いました。

 

 

僕はわりと物事を簡単に信じないタイプでしたので疑いました。

 

 

ですが動体視力について調べれば調べるほど有名選手なども口をそろえて大切だと言っていたのでせっかくなので買ってみることにしました。

 

 

しばらく使用していると効果は感覚として出始めました。

 

 

コンタクトに変えたとき以上の衝撃を受けました。

 

 

ボールがよく見えるようになりました。それからさらに打率が上がり、結果的に引退まで6割以上の打率を残すことが出来ました。

 

 

僕もウソくさいと思いながら始めました。

 

 

そう思うと思いますが、動体視力はものすごくバッティングに活きてきます。

 

 

商品に頼る頼らないはどちらでもいいですが、是非動体視力を鍛えて下さい!