バッティング ファールになる原因とは?ジャストミートのコツ

バッティングでやった打球がファールになることが多い

 

 

 

 

これは必ずしも悪いことではないのですが、ファールを打ったところで、特に大きなことは起こりません。

 

 

 

 

もちろん、中には狙ってカットしてファールを打ったりする選手や、そういった技術を持った選手もいます。

 

 

 

 

そういった技術は素晴らしいと思いますので最大限に活かしてもらって大丈夫です。

 

 

 

 

今回私が紹介したいのはヒットや前に打つことを狙っているのにファールになってしまう人、甘い球や好きなコースの球をとらえたと思ってもファールになってしまう人。

 

 

 

 

こういった打ち損じや狙っていないファールが多いという選手はなぜファールになってしまうのかということです。

 

 

 

 

甘い球などは当然ファールにすることなく、確実にヒットにしたいと思うでしょう。

 

 

 

 

そして、そんな甘いボールを確実にファールにすることなくヒットにすることが出来ればバッティングの成績も自然と上がってくるでしょう。

 

 

 

 

さて、ではなぜバッティングでファールになってしまうのか?

 

 

 

 

今回はファールになる原因やその解決方法について紹介していきたいと思います。

 

ファールになる原因とは?

ではまずバッティングで打球がファールになる原因について紹介していきます。

 

 

 

実際にその人のスイングを見ないことには細かい部分の指摘は出来ないのですが、ファールになる原因として大きいものが

 

 

 

・タイミングがとれていない

 

・ミート力不足

 

・動体視力が悪い

 

 

 

この3つだと思っています。

 

 

 

 

これら3つを改善することでファールになるのを減らすことが出来ますし、これらはバッティング全体に大きく関係していることですので改善し、さらに強化することでバッティングの成績の向上にもつながります。

 

 

 

では続いてこれら3つについてそれぞれ紹介していきます。

タイミングが取れていない

まずはタイミングについてです。

 

 

 

甘い球が来た!と思いスイングをするもののタイミングが早すぎたり、逆にタイミングが遅すぎたりするとファールになってしまいます。

 

 

 

また、タイミングが全く取れていないとファールになるどころか空振りの原因にもなりますのでどちらにしてもタイミングが取れていないという場合はしっかりとタイミングが取れるようにする必要があります。

 

 

 

 

そもそもタイミングには取り方があるということを知っていますか?

 

 

 

 

実はこのことを知らずにタイミングは感覚と言いますか、何となくスイングの中で取っている人が多くいます。

 

 

 

ですので、そういった選手はタイミングをうまくとれるようになることがまずは大切になります。

 

 

 

 

タイミングの取り方は大きく分けて2つあると個人的には思っています。

 

 

 

詳しくはバッティング タイミング合わない人の練習方法と解決方法で紹介していますが

 

 

 

下半身でタイミングをとる

 

 

 

上半身でタイミングをとる

 

 

 

 

この2つです。

 

 

 

 

この2つのタイミングの取り方を自分の合うようにスイングの中で身に着けることでタイミングが合わないというのは今よりも改善されると思います。

ミート力不足

2つはミート力不足についてです。

 

 

 

 

これに関しては分かりやすいと思いますが、バットにしっかりとボールを当てることが出来ないと、こすったファールが増えてしまいます。

 

 

 

 

しっかりとボールをバットの芯で当てることがファールにならないためには必要になります。

 

 

 

 

そのためにミート力を強化させていく必要があります。

 

 

 

 

ではどのようにしてミート力不足を改善していくか。

 

 

 

 

答えは練習をするしかないです。

 

 

 

ミート力を上げる練習として様々なバッティング練習がいろいろな場所で紹介されていますがミート力を上げる練習として最もおすすめなのが

 

 

 

 

素振りトスバッティングティーバッティング

 

 

 

 

この流れの繰り返しです。

 

 

 

まずは素振りからですが、素振りをする中でピッチャー像と投げたボール、球種やコースなどをイメージしながら素振りをしていきます。

 

 

 

 

この時は何となくでいいですので、各コース、そしてあらゆる球種、球筋、最も細かく言えばピッチャーは右投げか左投か、身長は高いか低いか。

 

 

 

 

細かく言えばキリがないのですがいろいろなパターンをイメージしながら、あらゆる球をヒットにするスイングをイメージの中で作っていきます。

 

 

 

 

イメージが得意という人は打った打球がアウトになるか、それともヒットになるかみたいな細かいところまでイメージできると思いますのでヒットを打ったイメージとその時のスイングを感覚として身に着けていきます。

 

 

 

 

また、イメージするのが苦手、難しいという人は何となくも良いのでこのコースはこうやって打ったらヒットになるのではないか?みたいな事でもいいのでそういったスイングを体に身に着けていきます。

 

 

 

 

この時点ではまだ感覚で良いですし、何となくで十分です。

 

 

 

それを終えたらトスバッティングを行っていきます。

 

 

 

 

ここで言うトスバッティングとは近い距離からピッチャーに軽く投げてもらいそれをワンバウンドでピッチャーに打ち返すという特に変わったことのない普通のトスバッティングです。

 

 

 

 

しかし意識する点がいくつかあります。

 

 

 

 

まず1つ目は確実に芯で打つことです。

 

 

 

 

近い距離から緩い球を投げてもらっていますのでその球は100%芯で当てれるようにしてください。

 

 

 

 

おそらくいろいろなコースに投げてくると思いますがどのコースの球も確実に芯で当てれるようにしましょう。

 

 

 

 

この時に先ほど感覚として身に着けた素振りでのイメージを意識しながら各コースの球をピッチャーに返してください。

 

 

 

 

ちょっと変だなと感じたらその時に修正し、感覚的な部分を少し実戦向きなものにしていきます。

 

 

 

 

2つ目はボール球は振らないということ。

 

 

 

 

トスバッティングは多くの選手、多くのチームが取り入れている基本的なメニューですが、その分てきとうに行っている選手、チームも多いです。

 

 

 

 

そんな選手の多くが多少のボール球も構わず打ってしまっています。

 

 

 

 

ピッチャーが緩い球を投げるトスバッティングですと、多少のボールはもちろんかなりのボール球でもわりと簡単に当てれてしまいますし、ピッチャーの返せてしまいます。

 

 

 

 

ですが、普段から自分のストライクゾーンはしっかりと守ると言いますか、把握しておいた方が良いです。

 

 

 

 

トスバッティングでボール球を振ってしまうと、いざ試合になった時にも同じような球に思わず手が出てしまうということなんてないと思うかもしれませんが、あります。

 

 

 

 

トスバッティングは理想を言えば3人1組でピッチーバッターに加えて、キャッチャーもつけて、ボール球は絶対に振らないということを意識してください。

 

 

 

 

3つ目はピッチャーに100%ワンバウンドで返すことです。

 

 

 

 

トスバッティングとはそういうメニューですので改まって説明する必要もないかと思いますが、緩いボール、そしてボール球は振らないという状況ですので100%ワンバウンドで返せるようにしましょう。

 

 

 

 

緩い球だからできるだけでは?と思うかもしれませんが、これの積み重ねがバットコントロールやミート力の向上につながります。

 

 

 

 

「このコースはこうやって打てばピッチャーにワンバウンドで返せるのか!」

 

 

 

 

このような感覚が非常に重要ですし、この時のスイングを先ほどの素振り同様感覚として身につけていきましょう。

 

 

 

 

トスバッティングを終えたら続いてティーバッティングをしていきます。

 

 

 

 

ティーバッティングではこれまで素振り、トスバッティングで感覚として身に着けてきた各コースの打ち方やスイングをより実戦にちかい力強いスイングでも行えるようにスイングを作っていきます。

 

 

 

 

各コースにボールをトスしてもらい、それをこれまで身に着けた感覚で打っていきます。

 

 

 

 

変だと感じた部分は修正し、より良いスイングを身につけていきます。

 

 

 

 

このティーバッティングではスイングを固める、そして完成させること、そしてそのスイングで力強くボールを打つことを意識してください。

 

 

 

 

これらを終えたら、あとはフリーバッティングなどの実戦に限りなく近いバッティング練習、これまでやってきたことを最終調整していきます。

 

 

 

 

ここまで感覚的に身に付けた部分も多いですのでそういった部分をフリーバッティングなどのピッチャーが強く投げる球を打ちながら感覚からより実戦的なものに仕上げていきます。

 

 

 

 

以上の流れを繰り返すことでミート力は上げることができます。

 

動体視力が悪い

続いては動体視力が悪いという点についてです。

 

 

 

 

動体視力とは動いている物体の情報を処理する能力の事です。

 

 

 

 

バッティングで言うと、ピッチャーが投げたボールの情報(球種、コース、高さなど)を目で見てより正確に処理できるかということです。

 

 

 

 

この動体視力が悪いと自分ではこの位置にボール来ると思っていても実際にはその位置からずれた位置にボールが来ているなんてことが増えます。

 

 

 

 

すると当然ジャストミートできない確率も上がってしまい、ファールはもちろん打ち損じや凡打、空振りが多くなる原因にもなってしまうでしょう。

 

 

 

 

ですのでファールを減らすために、バッティング全体の上達のために動体視力の強化が重要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

では動体視力を鍛える方法として行うトレーニング方法を紹介していきます。

 

 

 

 

 

まず、両手の親指を立てて肩幅くらいの間隔で自分の前に出します。

 

 

 

 

 

その親指の先端を顔を動かさず目だけで交互に見ていきましょう。

 

 

 

 

10往復くらいでいいでしょう。これを3セットほどやります。

 

 

 

 

次にその親指を立てた両手を頭の高さと胸の高さくらいで上下にします。

 

 

 

 

そして、それをまた交互に見ていきましょう。

 

 

 

 

これも10往復3セットほどでいいです。

 

 

 

 

続いてこれを斜め、反対の斜めで10往復3セット程度やります。

 

 

 

 

これを毎日やるだけでも動体視力は鍛えられていきます。

 

 

 

 

 

また、相手がいるのでしたら、相手に人差し指を動かしてもらい、それを目で追うトレーニングも効果的です。

 

 

 

 

 

これらだけでしたら時間もかかりませんので毎日続けられると思います。

 

 

 

 

 

また、これ以外でも日常生活の中でも動体視力を鍛えることが出来ます。

 

 

 

 

本の速読であったり、普通に走っている車のナンバーを読んでみたり。

 

 

 

 

日常生活から、動いているものの情報を処理する能力を鍛えることが出来ますので、そういった点も意識してみてはどうでしょうか?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回はバッティングでファールになる原因について紹介させていただきました。

 

 

 

 

記事中でも紹介しましたが狙ってファールを打てるのであれば、それは良いのですが、狙っていない打ち損じなどのファールやシンプルにジャストミートできてないようなファールは減らした方が良いです。

 

 

 

 

そして、そのファールになっている球をヒットにできるようになればバッティングの成績は大きく変わるでしょう。

 

 

 

 

ファールになるのを減らし、甘い球を確実にヒットに出来る、またその確率を少しでも上げれるようになることが理想です。

 

 

 

 

そのために今回紹介した

 

 

・タイミングがとれていない

 

・ミート力不足

 

・動体視力が悪い

 

 

これら3つを改善し、ファールになる打球を少しでも減らしていきましょう。

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

関連記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

ミート力を上げる方法!野球バッティング上達とコツ

 

三振をしないためというのももちろんですが、バッティングにおいてミート力は非常に重要です。そんなミート力を上げる方法とは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

バッティング バットにボールが当たらない人の解決方法!

 

バットにボールが当たらない、ジャストミートできないという選手必見!それらを解決する方法を紹介!