速い球に対応する方法を紹介!野球バッティング上達方法

速い球に対応できない

 

 

 

このような悩みを持つ選手は多くいます。

 

 

 

速い球を投げれるピッチャーが話題になったり、注目されるのは、それだけ速い球が打ちにくいということでもあると思います。

 

 

 

しかし、速い球を投げるピッチャーは多くいますし、そういったピッチャーがいるチームと対戦することも当然あるでしょう。

 

 

 

 

その時に速い球に対応できず、打てないまま負けてしまうわけにもいきません。

 

 

 

 

速い球を打つには当然速い球に対応することが求められます。

 

 

 

しかし、やはり速い球というのは遅い球に比べてリリースから捕球までの時間が短い分対応も難しくなります。

 

 

 

 

さて、では速い球に対応するには一体どうすればいいのか?

 

 

 

早い球に対応できるようになるには何が必要なのか?

 

 

 

 

今回は、速い球への対応の仕方や、速い球を打つために必要なことなどについて紹介していきたいと思います。

速い球に対応するために

ではまず速い球に対応するために必要なことを紹介していきます。

 

 

 

 

速い球というのは先ほど言いましたが対応しにくい原因としてリリースから捕球までの時間が短いというのが最も大きいです。

 

 

 

 

その中でタイミングを合わせなくてはいけませんし、変化球などで緩急をつけられたらさらに速い球への対応は難しくなります。

 

 

 

そこで重要になる、速い球に対応するために必要になるのが

 

 

 

スイングスピード

 

 

動体視力

 

 

 

この2つになります。

 

 

 

これら2つを強化させることで間違いなく今よりも速い球への対応は出来るようになりますし、今まで速い球が苦手だったという選手も速い球が得意になる可能性もあります。

 

 

 

 

では続いてこれら2つについてそれぞれ説明していきます。

スイングスピード

まずはスイングスピードについてからです。

 

 

 

こちらは分かりやすいと思いますが、スイングスピードが上がれば速い球への対応力は上がります。

 

 

 

 

速い球に対応できない原因として大きいのは、先ほども言ったように時間が短いことです。

 

 

 

 

球が速い分ボールを見る時間も短くなってしまい、対応が遅れたり、対応しきれなくなってしまうことが増えます。

 

 

 

 

スイングスピードを上げることで、速いボールに対しても、ボールを見れる時間が少し増えます。

 

 

 

 

今まででのスイングスイングスピードでは、ある振り始めのタイミングでは対応できなかった速い球も、スイングスピードが上がることで対応できるようになります。

 

 

 

 

これは本当にわずかな差ではありますが、このわずかな差がバッティングでは非常に大きくなります。

 

 

 

また、スイングスピードを上げることは、速い球への対応だけでなく、バッティング全体の向上にもつながります。

 

 

 

どちらにしてもスイングスピードは上げれるのであれば上げておきたいものです。

 

 

 

ではスイングスピードを上げる練習について紹介していきます。

 

 

 

 

私がスイングスピードを上げるのに効果的だと思う練習メニューは素振りです。

 

 

 

 

 

スイングスピードを上げるためにはバッティング練習において最も基本的なものと言われる素振りがおすすめです。

 

 

 

 

素振りをスイングスピードを上げる練習としておすすめする理由はいくつかあるのですが、まず1つ目は筋力をつけることです。

 

 

 

 

ただ、ここで誤解しないでいただきたいのは、バッティング、スイングに必要な筋肉のみをつけるということです。

 

 

 

 

スイングスピードを上げるには、筋力を強化することでバットを振る力も上がるというのはイメージしやすいと思います。

 

 

 

 

だったら筋トレをしたほうが良いのでは?と思う方も多いと思います。

 

 

 

 

実はここが私が素振りをスイングスピードを上げる練習として紹介する最も大きなポイントです。

 

 

 

 

確かにただ筋力をつけて、スイングスピードを上げるのであれば筋トレをしたほうが筋力をつけるうえでは圧倒的に効率は良いでしょうし、筋トレをしたことでスイングスピードが一気に上がったなんてこともあるかもしれません。

 

 

 

 

しかし、筋トレによって身に着けた筋肉は必ずしもすべてがバッティングに必要なのか?身に着けた筋肉は自分でパフォーマンスに活かすことができるのか?

 

 

 

 

こういった点を考えると筋トレによって身に着けた筋肉はバッティング全体の部分に目を向けると、必ずしも良いものとは言えないでしょう。

 

 

 

 

もちろん、専門のトレーナなどの指導の下、必要な筋肉を必要な分つけるというのであれば良いのかもしれませんが、プロ野球ならともかく、アマチュア野球でそこまで環境が揃っているチームは多くはないでしょう。

 

 

 

 

では素振りではどうでしょうか?

 

 

 

 

素振りを続けることで効率は悪いかもしれませんが筋力は少しづつついていきます。

 

 

 

 

しかし、この筋肉は先ほどの筋トレによって身に着けた筋肉とは違い、スイングをする中で自然に身についた筋肉です。

 

 

 

 

当然、バッティングに必要な筋肉以外はスイングによってつくことはないですし、自分で扱えない筋肉もつくはずがありません。

 

 

 

 

スイングスピードを上げることは確かにバッティングにおいて重要です。

 

 

 

 

ですが、スイングスピードを上げるだけではバッティングは上達しません。

 

 

 

 

バッティング全体のパフォーマンス向上を考えると、効率は悪いかもしれませんが、素振りによってバッティング、スイングに必要な筋肉をつける、鍛えることで自然にスイングスピードを上げることが一番いいのではないかと私は思います。

 

 

 

 

ただし、少ない回数での素振りではあまり効果はないです。

 

 

 

 

数多く振れば良いというわけでもないですが、自分がしっかりとスイングができる範囲で多く素振りをしていきましょう。

 

 

 

 

また、ただの素振りだけでなくプラスチックバットでの素振りもスイングスピードを上げる練習としておすすめです。

 

 

 

 

軽いバットでの素振りは科学的にもスイングスピードを上げるのに効果的だと証明されています。

 

 

 

 

また、軽いプラスチックバットですので筋力的な疲労もほとんどないので、普通のバットである程度素振りをした後に、行うことも出来ますのでそういった点でもおすすめです。

動体視力

続いては動体視力ついてです。

 

 

 

動体視力とは簡単に言うと動いている物体の情報を処理する能力のことです。

 

 

 

 

これは野球のバッティングで言うと、ピッチャーが投げたボールの情報、つまりコースや高さ、球種、球の軌道などを目で見た情報だけで処理することです。

 

 

 

 

バッターはピッチャーが投げたボールを目で見ることで、そのボールの情報(コース高さなど)を得ます。

 

 

 

 

そして、その情報を処理し、それに対する動きを脳から信号として体全体に送られスイング動作に入ります。

 

 

 

 

ピッチャーが投げた瞬間からバットに当たるまでの一瞬でこのようなことを無意識に行っているのです。

 

 

 

 

動体視力が悪いと処理した情報と、実際のボールとの間に誤差が生じ、空振りや打ち損じなどの原因になってしまいます。

 

 

 

 

また、速い球が対応できない、打ちにくいというのはこれが大きく関係しており、リリースからの時間が短い分、ボールの情報を処理する時間も短くなってしまいます。

 

 

 

よく考えれば速い球とは言え、特に変化もしていないストレートに対応できない、バットに当たらないというのはおかしな話だと思いませんか?

 

 

 

特に変化もしない速い球を空振りしてしまうのはこういった理由があるのです。

 

 

 

ですので、速い球でも、そのボールの情報をより正確に処理するために、動体視力はしっかりと鍛える必要があります。

 

 

 

また、動体視力は速い球への対応だけでなく、ストライク、ボールの際どい判断、変化球の軌道の判断などにも活きてきます。

 

 

 

 

もっと言えばバッティング以外でも守備面でのゴロやフライの打球処理、イレギュラーへの素早い対応、走塁時の細かい打球判断など野球の様々なプレーで活きてきます。

 

 

 

速い球への対応という点ではもちろんですが、野球選手としての動体視力は鍛えたほうが良いと言えます。

 

 

 

では動体視力の鍛え方を紹介します。

 

 

 

まず、両手の親指を立てて肩幅くらいの間隔で自分の前に出します。

 

 

 

 

 

その親指の先端を顔を動かさず目だけで交互に見ていきましょう。

 

 

 

 

10往復くらいでいいでしょう。これを3セットほどやります。

 

 

 

 

次にその親指を立てた両手を頭の高さと胸の高さくらいで上下にします。

 

 

 

 

そして、それをまた交互に見ていきましょう。

 

 

 

 

これも10往復3セットほどでいいです。

 

 

 

 

続いてこれを斜め、反対の斜めで10往復3セット程度やります。

 

 

 

 

これを毎日やるだけでも動体視力は鍛えられていきます。

 

 

 

 

また、相手がいるのでしたら、相手に人差し指を動かしてもらい、それを目で追うトレーニングも効果的です。

 

 

 

これらだけでしたら時間もかかりませんので毎日続けられると思います。

 

 

 

他にはそれが動体視力トレーニングメガネというメガネもおすすめです。

 

 

 

 

こちらは日本を代表する好打者、日本ハムファイターズの近藤健介選手も使用していることで話題になりました。(2018年時)

 

 

 

動体視力トレーニングメガネとは見るチカラを鍛えるというのがコンセプトである、多くのアスリートが愛用するメガネです。

 

 

 

 

どういったメガネかと言いますと、かけるとレンズが点滅し、見えにくくなるのと同時に脳を活性化させていきます。

 

 

 

 

それと同時に眼の筋肉を刺激し、動体視力を鍛えていきます。

 

 

 

私自身もも現役時代からずっと利用していますが、なにより魅力的なのはかけているだけで効果があるということです

 

 

 

 

かけているだけで動体視力を鍛えることができ、さらに先ほど紹介したトレーニングと組み合わせることでトレーニングの効果を大幅に上げることができます。

 

 

 

近藤選手はこのトレーニングメガネをかけ、ティーバッティングなど様々なバッティング練習を行っています。

 

 

 

 

その他にも集中力の向上や判断力の向上などの効果もありますし、動体視力の低下を防ぐ効果もあります。

 

 

 

 

大学生、それ以上の社会人野球や草野球などでプレーする人はもちろんですが、小中高生といった動体視力の発達期に使用することで動体視力のピークである20歳ごろの状態まで動体視力を持っていくことを可能にします。

 

 

 

 

また、近藤選手のみならず多くのアスリートが愛用し、、TVなどのメディアでも多く紹介されているものです。

 

 

動体視力トレーニングメガネ

 

 



まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回は速い球に対応する方法について紹介させていただきました。

 

 

 

速い球と言っても変化のないストレートです。

 

 

 

短い時間でしっかりとボールの情報を処理することが出来、かつそれに対応できるスイングスピードがあれば速い球でも十分に対応できます。

 

 

 

 

むしろ変化のない速い球を得意だと思えるようになるかもしれません。

 

 

 

 

速い球に対応できない、速い球を打つのが苦手という方は

 

 

スイングスピード

 

 

動体視力

 

 

この2つを強化してみて下さい。

 

 

 

今よりも確実に速い球への対応が出来るようになりますし、速い球が打てるようになりますよ。

 

 

 

 

もしよろしかったら今回紹介したこれら2つの強化方法を取りいれてみて下さい。

 

 

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

人気記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

 

バッティング練習は一体何をすれば良いのか?何をすればバッティングが上達するのか?本当に効果があるバッティング練習を紹介しています。

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

レベルスイングの練習方法!わかりやすい野球バッティング上達方法

 

理想のスイングであるレベルスイングを身に着ける練習方法とは?非常に分かりやすいレベルスイングの練習方法を紹介しています。

 

レベルスイングのメリットを知りヒットを量産!野球バッティング上達

 

レベルスイングのメリットを知るとヒットが量産できる!?そんなレベルスイングのメリットとは?