バッティングフォームは頭を意識するべき!その理由も紹介!

バッティングフォームは頭を意識するべき!その理由も紹介!

バッティングフォームはバッティングの上達のために重要というのはご存知だと思います。

 

 

 

 

野球をやっていくのであれば、どのようなバッティングフォームが良いのか?どういったバッティングフォームだとより打てるのか?

 

 

 

 

このようなことを考えると思いますし、このようなことに関する指導を受けることもあるかと思います。

 

 

 

 

さて、そんなバッティングフォームですが、多くの人が

 

 

 

どのようにスイングをすればいいか?

 

 

どのようにバットを出せばいいか?

 

 

バットの軌道は?

 

 

 

このような主にバットのスイングに関する点をバッティングフォームを考える時に意識しがちです。

 

 

 

もちろんこれは悪い事ではないのですが、バッティングフォームで重要なのはバットのスイングだけではないです。

 

 

 

そのうちの1つがタイトルにもあるように、です。

 

 

 

今回はそんなバッティングフォームで実はものすごく重要である頭について紹介していきたいと思います。

 

バッティングフォーム 頭の重要性とは?

ではバッティングフォームでの頭の重要性について紹介していきます。

 

 

 

先ほども言いましたが、別に悪い事ではないですが、バッティングフォームについて考える時にはどうしてもバットスイングに関する点に目が行きがちです。

 

 

 

バッティングとはピッチャーの投げたボールをバットで打つというものですので、そのためにどういったスイングをすれば良いのか?というように考えてしまうのでしょう。

 

 

 

 

さて、ではバットにボールを当てるために、ボールをジャストミートするためには一体何が最も重要か?

 

 

 

個人的にはそれはだと思っています。

 

 

 

バッターはピッチャーの投げたボールを目で見ることでその情報を得ます。

 

 

 

 

そしてその情報をもとに、どのようなバッティングフォームでスイングすれば打てるのかを脳で処理し、ボールを打っています。

 

 

 

 

どんなに技術があっても目を閉じてボールを打つのは難しいです。

 

 

 

もちろんこれは極端な例ですが、技術がある選手だからこそ、その技術を活かすためにもより正確なボールの情報を得ることが求められるということです。

 

 

 

さて、バッティングにおいて重要な目を、つまりより正確なボールの情報を得るために、バッティングフォームでの頭が重要になってくるのです。

 

 

 

 

どういうこといいますと、タイトルにあるバッティングフォームで頭を意識をするべきというのは

 

 

 

 

頭を動かさないバッティングフォームを意識するということです。

 

 

 

なぜバッティングフォームでは頭を動かさないことが重要になるのかを説明します。

 

 

 

 

簡単に言えば頭を動かすことで先ほど重要と言った目でボールの情報を得るという事に大きな影響を与えるからです。

 

 

 

分かりやすくするために、わざとでいいので頭を動かすバッティングフォームで打ってみて下さい。

 

 

 

 

こうすると当然頭が動くので目の位置も大きく動きます。

 

 

 

するとボールがその分揺れたり、ブレて見えるのでボールをジャストミートするのが難しくなってしまいます。

 

 

 

もちろん、これはわざと頭を動かすバッティングフォームで打っているのでボールはものすごく見にくくなりますが、影響の大きさが違うというだけで、頭が動くバッティングフォームではこれと同じようなことが起きているのです。

 

 

 

少し頭が動く程度のバッティングフォームでしたら緩い球などは多少ボールがブレて見えても打つことは出来るかもしれません。

 

 

 

しかし、相手のピッチャーのレベルが上がるにつれ、球速も上がりますし、変化球のキレや変化量も大きくなってきます。

 

 

 

そうなってくると、わずかとは言えど頭が動くバッティングフォームが原因でボールの見え方に差が出てしまい、バッティングの成績も変わってきてしまいます。

 

 

 

 

ですのでバッティングフォームについて考える時は、バットスイング面ばかりを意識するのではなく、頭を動かさないという点も意識してください。

無意識の選手も多い

さて、頭が動くバッティングフォームが良くないということはここまで紹介しましたが、実は無意識に頭が動くバッティングフォームになってしまっている選手が多いです。

 

 

 

 

この場合、自分で気づくのは難しく、周りからの指摘や自分で意識して頭が動くバッティングフォームを改善するしかないです。

 

 

 

 

では無意識に頭が動くバッティングフォームになってしまっている選手の特徴を紹介していきます。

 

 

 

 

一番頭が動きやすくなるのはスイングに入る直前だと思っています。

 

 

 

特に、足を上げる選手や、構え時の重心が低い選手には無意識に頭が動いてしまっている選手が多い印象があります。

 

 

 

 

足を上げる選手の場合、足を上げて軸足の体重を乗せ、それをボールにぶつける際に、踏み込みの勢いが強く、頭の位置が下に動いてしまいやすくなります。

 

 

 

 

反対に構えの重心が低い選手は、テイクバック、軸足に体重を溜める際に頭が上に動き、そこから打ちに行くときに元に位置に戻るので頭は下から上、上から下に動いてしまいます。

 

 

 

このようなバッティングフォームですと、先ほど紹介したようにボールがブレて見えたり、自分の思っている場所と、実際のボールがある場所の位置が微妙に違ってきたりします。

 

 

 

 

もちろん、足を上げることや、構えの重心が低いことが悪いわけではないです。

 

 

ただ、そういった選手は無意識に頭が動くバッティングフォームになってしまう選手が多くいますのでその点は注意をしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回はバッティングフォームで頭を意識するという点について紹介させていただきました。

 

 

 

バッティングフォームとはただのバットスイングではないです。

 

 

 

目の位置や重心、体重移動、細かい部分を挙げればたくさんあります。

 

 

 

 

そのうちの1つで、重要になってくるのが今回紹介した頭の位置です。

 

 

 

自分のバッティングフォームを見直す際は、スイングばかりを気にするのではなく、頭の位置についての意識してみて下さい。

 

 

 

頭が動かないバッティングフォームを身につけることでボールの見え方は確実に変わってくると思います。

 

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング 頭が動くと打率も下がる!スイング時に気をつける事

 

バッティング時に頭が動いていませんか?それは確実に打率を下げる原因になっています。詳しくはこちらの記事

 

バッティング 目を鍛えて打率を上げまくる!関係や重要性とは

 

目を鍛えて打率を上げまくる!目の重要性や鍛え方を紹介しています。

 

バッティング ボールの見方や目線で打率が大きく変わる

 

バッティング時のボールの見方や目線で打率は大きく変わります。あなたは大丈夫でしょうか?

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

 

バッティング練習は一体何をすれば良いのか?何をすればバッティングが上達するのか?本当に効果があるバッティング練習を紹介しています。