バッティング 腰の使い方と身につける練習メニューを紹介

バッティング 腰の使い方と身につける練習メニューを紹介

バッティングにおいて腰の使い方について指導されたこと、または耳にしたことはあると思います。

 

 

 

 

腰の使い方1つでバッティングは良くもなりますし、悪くもなります。

 

 

 

 

ですので当たり前ではありますが、腰の使い方は正しく身につける必要があります。

 

 

 

 

しかし、問題なのはそこではなく、腰の使い方の指導方法にあると私は思っています。

 

 

 

 

腰の使い方がバッティングにおいて重要なのは分かったものの、いざバッティングで腰を使おうとすると、どのように使えばいいのか?正しい使い方が分からないというような選手が多いです。

 

 

 

 

腰の使い方は先ほども言いましたが使い方1つでバッティングは良くも悪くもなります。

 

 

 

腰の使い方の指導はより分かりやすく、ただ腰を使うことを教えるだけではいけませんし、それだと間違った形で身につけてしまう可能性も高くなります。

 

 

 

 

そこで今回はバッティングでの正しい腰の使い方を身につける練習を紹介していきたいと思います。

 

腰を使うスイングとは

そもそも腰を使うスイングとは?

 

 

 

 

まずはそこから説明していきます。

 

 

 

 

腰を使うというのは、他の言い方に変えると下半身を使って打つというのと同じような意味です。

 

 

 

 

下半身を使って打ちなさい!みたいなことは耳にしたことはあると思います。

 

 

 

 

下半身をうまく使う、つまり下半身の力を上半身に伝える際に腰を回転させるように使うので下半身を使って打つというのを腰を使って打つというような表現で伝える指導者もいます。

 

 

 

 

ですので腰を使うスイングとは、下半身を使ったスイングとほぼ同じ意味だと思って大丈夫です。

 

 

 

下半身を使ったスイングの目的も、腰を使ったスイングの目的も上半身に力を伝えるためのものです。

 

 

 

 

どちらの表現でも別に良いと思っていますが、どちらにせよ正しく身につけることが大切です。

 

 

 

下半身を意識するか、腰の使い方を意識するか。

 

 

 

感覚は人によって違いますので自分が分かりやすい方の意識で大丈夫です。

腰の使い方の練習1

では腰の使い方を身につける練習を紹介していきます。

 

 

 

まず1つ目は壁を使った練習です。

 

 

 

やり方は簡単で右バッターは左手、左バッターは右手を肩の高さくらいの位置で壁につけます。

 

 

 

その状態でスイングと同じような動きをしてみて下さい。

 

 

 

 

腰を使い方は、ただ回転させるのではなくうまく下半身と上半身の動きを連動させることが大切です。

 

 

 

腰の使い方の間違った例として多いのが腰の回転と全く同じように上半身も動いてしまい、体が開いてしまう選手です。

 

 

 

 

手を壁につけることで上半身の動きを抑制することができます。

 

 

 

 

この時、普段腰の使い方が間違ったいる選手や、下半身が使えていない選手はどのように動いて良いのかが分からなくなります。

 

 

 

上半身の動きを抑制しながら腰を使うことで、上半身が自然と動くような感覚がこの練習では分かると思います。

 

 

 

 

実際はこの時抑制している上半身が腰の回転とうまく連動し、スイングの動きに入っていきます。

 

 

 

 

そのためにもまずは腰の使い方とは何か?下半身の使い方とは何かを身をもって知ることが必要になります。

 

 

 

この練習ではそういった感覚を身につけていきます。

腰の使い方の練習2

続いて正しい腰の使い方を身につける練習として紹介するのがイスを使ったティーバッティングです。

 

 

 

 

360度回る回転式のイスを用意してください。

 

 

 

理想を言えば、背もたれやひじ掛けなどがついていないものが良いですが、あっても構いません。

 

 

 

 

この椅子に座り、足を構えと同じ位置に置き、座った状態でスイングをしていきます。

 

 

 

 

上半身はあまり意識しなくていいので回転するイスの動きと腰の動きを意識しながらスイングをしてください。

 

 

 

この練習では腰を回転させるのが難しいという人もいますので、イスを使うことで回転をしやすくさせつつ、その感覚を身につけていきます。

 

 

 

ここでも上半身は意識せず、腰を回転させることで自然と上半身が上手く連動しスイングの動作に入る感覚を身につけて下さい。

 

 

 

最初はただイスに座ってスイングするだけでいいですが、慣れてきたら座った状態でティーバッティングを行ってみて下さい。

 

 

 

ただの手打ちですと強い打球は打てません。

 

 

 

イスの回転と腰の使い方を正しく使い、うまくボールに力を伝えていきましょう。

腰の使い方の練習3

続いて正しい腰の使い方の練習として紹介するのがティーバッティングなのですが、やり方が普通のものとは少し違います。

 

 

 

 

まず両肘を脇腹につけた状態でバットを握り体の前に位置させます。

 

 

 

今後、両肘は脇腹から離さないように意識してください。

 

 

 

あとはこの状態でティーバッティングを行っていくだけです。

 

 

 

 

注意点は上半身は全く意識せず使わないことと、ボールを打つ瞬間にバットを止めることです。

 

 

 

 

この練習では腰の回転と、下半身の力だけでボールに力を伝える感覚を身につけていきます。

 

 

 

 

実際にやっていただければ分かりますが、この練習は、腰の使い方や下半身の使い方が間違っていると全く強い打球が打てません。

 

 

 

 

上半身の力に頼ることが出来ないので、うまく腰を使い、下半身の力をボールに伝えなくてはいけません。

 

 

 

逆に、このティーバッティングで強い打球が打てるということは、下半身の力をボールにうまく伝えることのできる腰の使い方が出来ているということを意味します。

 

 

 

 

ボールにより大きな力を伝える腰の使い方を意識しながらこのティーバッティングを行ってみて下さい。

 

 

 

 

徐々に強い打球が打てるようになったら、ロングティー形式に変更し、より遠くへ強い打球を打つことを意識してください。

 

 

 

上半身の力を使わないこのティーバッティングでも、外野フライや、外野の頭を越える打球を打つことも十分に可能です。

 

 

 

 

それに加えて上半身の力が加わったら打球はどこまで飛ぶか?

 

 

 

そう考えたらワクワクしませんか?

 

 

 

この練習では下半身の力をボールに伝える腰の使い方を身につけていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回はバッティングにおける腰の使い方とその練習方法について紹介させていただきました。

 

 

 

記事中でも紹介したように、腰の使い方1つでバッティングは良くも悪くもなります。

 

 

 

 

正しく身につければそれはバッティングにおいて大きな武器になります。

 

 

 

 

腰の使い方がうまくなれば、より大きな力をボールに伝えられるようになります。

 

 

 

 

強い打球はもちろん、長打やホームランも増えてくると思います。

 

 

 

 

腰の使い方は正しく身につけるようにしましょう。

 

 

 

また、もしよかったら今回紹介した練習を取り入れてみて下さい。

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

 

 

関連記事

ホームランが打てない人と打てる人の違いとは?打球を飛ばす打ち方とは?

 

誰もが憧れるホームラン。打てる選手と打てない選手の違いとは?

 

ロングティーでホームランの打ち方を身に着ける!長打の打ち方

 

ホームランが打ちたいならロングティーをするべき!その理由と効果的なロングティーのやり方を紹介しています。

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング 目を鍛えて打率を上げまくる!関係や重要性とは

 

目を鍛えて打率を上げまくる!目の重要性や鍛え方を紹介しています。

 

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

 

バッティング練習は何をすれば良いのか?打撃上達のためにするべきバッティング練習とは?ロングティーやその他の効果的なバッティング練習を紹介しています。