バッティング インパクト時の手首の使い方

バッティング インパクト時の手首の使い方

バッティングにおいて手首の使い方について耳にしたことはないでしょうか?

 

 

 

バッティング時に手首をうまく使うことでいくつかのメリットが生まれます。

 

 

 

 

そんな手首の使い方についてですが、手首はインパクト時に特に重要になります。

 

 

 

 

インパクト時というのはボールがバットに当たる瞬間のことです。

 

 

 

この瞬間に手首をうまく使うことでより強い打球を打つことも可能になります。

 

 

 

ではインパクト時にどのように手首を使用すればいいのか?

 

 

 

インパクト時の正しい手首の使い方とは?

 

 

 

今回はそういった点について紹介していきたいと思います。

 

 

手首の使い方を紹介する前に

インパクト時の手首の使い方を紹介する前に1つ言っておきたいことがあります。

 

 

 

インパクト時に手首を正しく、うまく使うことで得られるメリットはありますが、正直これは必ず身につけるべきことではないですし、出来ない人や、よく分からない人も多くいます。

 

 

 

それに間違った形で身につけてしまうと、かえって打てなくなる原因にもなります。

 

 

 

ですのでインパクト時の手首の使い方について今回は紹介しますが、感覚的な部分も多いので自分には難しい、あんまり理解できないと感じたら無理に身につける必要はないです。

 

 

 

 

その点を理解したうえで今回の内容を参考にしてください。

 

 

 

 

別にインパクト時に手首が使えないからと言って打てないことはないですし、使えなくても特に問題はないです。

 

 

インパクト時の手首の使い方

それではインパクト時の手首の使い方を紹介していきます。

 

 

 

まずは私自身が意識していた部分や感覚を紹介していきます。

 

 

 

まずインパクトの位置は人によって違います。

 

 

 

詳しくはバッティング インパクトの位置の正解はどこ?強い打球の打ち方で紹介していますが、私自身はインパクト時は右ひじを軽く曲げた状態くらいの位置でボールを打っていました。(右打ち)

 

 

 

イメージとしてはボールを打つ瞬間は曲がっている右ひじをボールを押し込むのと当時に手首を返しながら伸ばしていくイメージで打っていました。

 

 

 

 

この時の感覚は人によって違ってくると思いますが、インパクト時はこのようにして手首を返すように使い、ボールに回転を加えるように打っていきます。

 

 

 

ボールをとらえた後、手首を返すことでボールにバックスピンを加え、鋭く、伸びる打球を打つことができます。

 

 

 

インパクト時の手首の使い方は、このように手首を返すことでボールにバックスピンを加えるイメージが最も分かりやすいのかな?と個人的には思っています。

 

 

 

 

では続いてインパクト時の手首の使い方の注意点を紹介していきます。

 

 

 

先ほども言いましたが、手首は必ずしも使わなくてはいけないわけではないです。

 

 

 

間違った形で身につけるのなら、身につけないほうが絶対に良いです。

 

 

 

先ほども手首をかえすように使い、ボールにバックスピンを加えると紹介しましたが、手首をただかえすように使うだけではいけません。

 

 

 

 

例えばですが、ボールを打つ前に手首を返してしまったらボールに力は伝わりませんし、こすったような当たりになってしまいます。

 

 

 

それにボールを打つ瞬間に手首をかえした場合でも、ボールの上の方を打ってしまうと、うまくバックスピンがかからずゴロが増えてしまったりしますし、手首のかえしの意識が強すぎるとボールを巻き込む形になりサードゴロやショートゴロが増える原因にもなります。

 

 

 

 

このように手首を返すタイミング、ボールを打つ位置などが非常に重要になります。

 

 

 

 

これに関しては感覚的な部分が大きいので説明が難しいのですが、まずはティーバッティングでボールにバックスピンをかけることを意識しながら打つことから始めてみて下さい。

 

 

 

 

最初のうちはこすった当たりが多くても大丈夫です。

 

 

 

ボールにバックスピンを加えるという感覚、そしてその時のインパクトの瞬間の手首の使い方を何度も繰り返しながら身につけていきます。

 

 

 

 

徐々にその感覚が分かってきたら今度はロングティー形式でバックスピンをかけることと、インパクト時の手首の使い方を意識しながら遠くへ打球を打つことを意識してください。

 

 

 

 

この時に正しくインパクト時の手首の使い方が身についていればこれまでとは明らかに打球の質が変わっていると思います。

 

 

 

まずは打球の伸び方がバックスピンがかかることで大きく変わります。良い角度で打球が上がった時はもちろんですが低い弾道の打球でもびっくりするくらい伸びます。

 

 

 

また、そんなに力を入れずにボールを打っても、打球の伸びで遠くへ飛ばすことも可能になります。

 

 

 

ロングティーはピッチャーの投げるボールを打つのと違い、ボールの反発力などに頼ることが出来ないので自分のスイングの状態がそのまま打球に表れるのでインパクト時に手首が正しく使えているかどうかを確かめるのには非常にいい練習になります。

 

 

 

 

おそらくすぐにインパクト時の手首の使い方は身につかないと思いますが、普通のティーバッティング、ロングティーを手首の使い方を意識しながら繰り返すことで徐々にインパクト時の手首の使い方が分かるようになると思います。

 

 

 

もう1度言いますが、これは感覚的な部分が強いので、分からない人や難しいという人も多くいます。

 

 

 

インパクト時の手首の使い方の感覚すらよくわからないという場合は変なクセがつく前に早めに諦めるということも大切です。

 

 

 

そのあたりは自分自身の判断でお願いします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回はバッティングのインパクト時の手首の使い方について紹介させていただきました。

 

 

 

記事中でも紹介したように、正しいインパクト時の手首の使い方を身につけることで得られるメリットはありますが、間違った形で身につけては逆に打てなくなる原因にもなります。

 

 

 

 

それにこの手首の動きは絶対に必要ではないですし、これが出来なくても打てる選手はたくさんいますし、プロ野球選手でもそういった選手は多くいます。

 

 

 

 

あくまでこういった技術もあるという程度で参考にしてください。

 

 

 

そのうえで興味があったり、身につけたいと思うのであれば是非とも身につけて下さい。

 

 

 

正しく身につければバッティングにおいて大きな武器になりますよ。

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

 

おすすめ記事

バッティング インパクトの位置の正解はどこ?強い打球の打ち方

 

ホームランを打ちたい人はこれをするべき!長打の打ち方

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング 目を鍛えて打率を上げまくる!関係や重要性とは

 

目を鍛えて打率を上げまくる!目の重要性や鍛え方を紹介しています。

 

バッティング ボールの見方や目線で打率が大きく変わる

 

バッティング時のボールの見方や目線で打率は大きく変わります。あなたは大丈夫でしょうか?

 

バッティング 頭が動くと打率も下がる!スイング時に気をつける事

 

スイング時に頭が動いていませんか?たったそれだけで打率は大きく下がっていしまいます。また無意識の選手も多いのも注意点です。あなたは大丈夫でしょうか?

 

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

 

バッティング練習は一体何をすれば良いのか?何をすればバッティングが上達するのか?本当に効果があるバッティング練習を紹介しています。