バッティング 打球を飛ばすのに必要な筋肉とそのつけかた

バッティング 打球を飛ばすのに必要な筋肉とそのつけかた

バッティングで打球を飛ばすことが出来る選手にどのようなイメージがあるでしょうか?

 

 

 

多くの人が筋肉のある選手が打球を飛ばすことが出来るとイメージしたと思います。

 

 

 

これが正しいか正しくないかは置いておき、筋肉がある=パワーがある=打球を飛ばすことが出来るというようなイメージを持っている人は多いと思います。

 

 

 

打球を飛ばすには何が必要か?

 

 

 

それが分からずとりあえず筋肉をたくさんつけるため筋トレを多くする選手は結構います。

 

 

 

今回はそんなバッティングで打球を飛ばすために必要な筋肉とその筋肉のつけかたについて紹介していきたいと思います。

 

 

 

打球を飛ばす筋肉とは

打球を飛ばすのに必要な筋肉とは一体どの筋肉か?

 

 

 

申し訳ないですが、これは私には分かりません。

 

 

 

ただ、これが今回紹介する内容のポイントになります。

 

 

 

打球を飛ばすのにという点でもそうですし、バッティング全体として筋肉をつけることは正しいのか間違っているのかというのは正解は分かりませんし、意見が分かれます。

 

 

 

プロ野球で活躍する選手を見てもバッティングに過度な筋トレは必要ないという選手もいれば、かなりの筋トレを行い筋肉をつけている選手もいます。

 

 

 

そして、筋肉をつけることに対し肯定的な考えを持つ選手が素晴らしい成績を残すこともありますし、筋肉をつけることに否定的な考えを持つ選手が素晴らしい成績を残しているというのも事実です。

 

 

 

ただ、私個人の意見としては確かに筋肉をつけることで打球が飛ぶようになる、以前よりも飛ばすことができるようになることはありますし、筋肉をつけることを完全に否定するつもりはないですがアマチュア野球では筋トレによる筋肉の強化、そしてそれによる打球を飛ばす能力の向上はあまり良くないと思っています。

 

 

 

先ほど私がバッティングに必要な筋肉というのは分からないと言いましたが、分からないからこそやみくもに筋肉をつけることをおすすめできないのです。

 

 

 

筋トレによって身につけた筋肉が果たして必ずしもすべてバッティングに活きてくるでしょうか?

 

 

 

単純な筋肉やパワーは増えてもバッティングはそれだけでは打球を飛ばすことができません。

 

 

 

余計な筋肉をつけてしまうことで、バッティングのパフォーマンスの低下の原因になることがあるということです。

 

 

 

あえて分かりやすくするために極端な例を出しますが、身長が150センチの選手が筋肉をつけることで体重を80キロあたりまで増やしたとします。

 

 

 

果たしてこの体のバランスで、自分のベストパフォーマンスが出来るでしょうか?

 

 

 

身につけた筋肉をしっかりと扱えることができるでしょうか?

 

 

 

筋トレ自体を否定するつもりはないですが、バッティングに必要のない筋肉をつけることでバッティングに必要な動きがしにくくなるということがあるということは知っておいてください。

 

 

 

ただ、筋肉に関してものすごく詳しい人や、専門的な知識をもつ人がコーチやトレーナーなどにいるという場合は、その人の指導に従いながら筋トレをするというのは問題ないと思っています。

 

 

 

ただアマチュア野球でここまで環境が整ったチームも少ないと思います。

 

 

 

賛否両論あると思いますが、私は打球を飛ばすためにやみくもに筋肉をつけることはあまりおすすめしません。

打球を飛ばすのに必要な筋肉を身につける

ここまで筋肉に関して否定的な意見ばかりを述べてきましたが、私は筋肉をつけること自体を否定しているわけではないです。

 

 

 

私のようにバッティングン必要な筋肉がどういったものかを理解していないのにとりあえず筋肉をつけようとするのが良くないということです。

 

 

 

バッティングに必要な筋肉をつけ、その筋肉をしっかりと扱え、パフォーマンスに活かすことが出来ればそれは間違いなく打球を飛ばすことに繋がります。

 

 

 

ではどのようにしてバッティングに必要な筋肉を身につけるのか。

 

 

 

それがバッティングです。

 

 

 

何を言っているのか分からないという人も多いと思いますが、私が言いたいのは

 

 

 

バッティングに必要な筋肉はバッティングで身につけるということです。

 

 

 

素振りにしても、フリーバッティングにしても使う筋肉量が少ないので筋トレと言えるようなトレーニングにはなっていませんが、少なからず筋肉を使用しているのでそう言った意味では効率はものすごく悪いですが筋トレと言えます。

 

 

 

ただ注目してほしいのはそこではなく、バッティング時に使用している筋肉は全てバッティングに必要の筋肉ということです。

 

 

 

単純に筋肉をつけるだけであればウエイトトレーニングなどを行ったほうが効率は良いです。

 

 

 

ですが、その分必要のない筋肉までついてしまう可能性があります。

 

 

 

これが筋トレによって筋肉をつけることと、バッティングによって筋肉をつけることとの違いです。

 

 

 

 

私はバッティングによって筋肉をつけるということをおすすめします。

 

 

 

しかし、そうは言っても明らかに筋肉をつけるという意味では効率が悪いというのは否めません。

 

 

 

そこで私がおすすめするのがロングティーです。

 

 

 

打球を飛ばすためにロングティーを練習中でも良いですし、練習時間外に多くやるようにしてください。

 

 

 

効率の悪さを練習量で補っていきます。

 

 

 

1スイングで身につく筋肉量が少ないのであれば数振って効率の悪さを補っていきます。

 

 

 

それと、ロングティーは打球を遠くへ飛ばせるようになる練習として非常に効果があります。

 

 

 

打球を飛ばすのに必要なのは何も筋肉だけはないです。

 

 

 

バットの出し方や角度、ボールをどのようにして打つかなど技術で打球を飛ばすこともできます。

 

 

 

そういった技術を身につけるのにロングティーは非常に効果的なメニューです。

 

 

ロングティーのやり方や意識する点はロングティーでホームランの打ち方を身に着ける!長打の打ち方で紹介していますので詳しくはこちらを参考にしてください。

 

 

 

 

ロングティーを行う時間を増やすことで

 

 

・バッティングに必要な筋肉のみを身につける

 

・打球を飛ばす技術を身につける

 

 

 

この2つを同時に行う事が出来ます。

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

 

 

今回はバッティングで打球を飛ばすための筋肉についていろいろと紹介しました。

 

 

 

記事中でも言いましたが、打球を飛ばすために筋肉をつけるというのは賛否両論あります。

 

 

 

私もどちらが正しい、どちらが間違いというつもりはないですが、個人的な意見を紹介しました。

 

 

 

打球を飛ばすために筋肉をつけること自体は否定はしません。

 

 

 

ただその筋肉がバッティングに必要か?活きてくるか?

 

 

 

そしてその筋肉を自分は扱えるか?

 

 

 

こういった点を理解したうえで筋肉はつけていくようにしてください。

 

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

関連記事

ホームランを打ちたい人はこれをするべき!長打の打ち方

 

ホームランを打ちたい!そんな人が絶対にやるべき練習とは一体?長打やホームランの打ち方について紹介しています。

 

ロングティーの飛距離を伸ばすには 打球を飛ばす方法を紹介

 

ロングティーで飛距離を伸ばすにはどうすればいいのか?ロングティーで打球を飛ばすために必要なことを紹介しています。

 

ロングティーの効果的なやり方を紹介!野球 バッティング上達方法

 

効果的なバッティング練習として知られるロングティーをより効果のあるものにする方法とは?ロングティーの正しいやり方を紹介しています。

 

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

 

バッティング練習は何をすれば良いのか?打撃上達のためにするべきバッティング練習とは?ロングティーやその他の効果的なバッティング練習を紹介しています。

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング 打球が飛ばない人必見!飛距離を伸ばす方法を紹介

 

なぜ打球が飛ばないのか?またどうすれば打球が飛ぶようになるのか?打球の飛距離を伸ばす方法を紹介しています。