選球眼が悪い人必見!動体視力の強化で出塁率と打率大幅アップ!

選球眼が悪い人必見!動体視力の強化で出塁率と打率大幅アップ!

野球のバッティングで選球眼について考えたことはありますか?

 

 

 

バッティングの上達と聞くとやはり技術面ばかりに意識がいきがちですが選球眼もバッティングの上達には非常に重要な要素になります。

 

 

選球眼が悪いという選手は意外と多く、本人はストライクのつもりで振ったが実はボール球だった。

 

 

本人はボールのつもりで見逃がしたがストライクだった。

 

 

他にも選球眼が悪いことによる影響はたくさんありますが、この2つが改善されるだけでもバッティングの成績は大きく変わることは間違いないでしょう。

 

 

そこで今回は選球眼が悪い選手に向けて、選球眼をよくするための動体視力の強化について紹介していきたいと思います。

選球眼が悪いと何が変わるのか?

そもそも選球眼が悪いとどういった影響がバッティングに出るのか。

 

 

 

分かりやすいのは先ほども挙げたようにストライクボールの判断ですね。

 

 

これが正確に出来るかでいないかでも打率と出塁率は大きく変わると思います。

 

 

これだけでも選球眼が悪いことがいかに良くないことか分かると思います。

 

 

 

しかし選球眼と言うのはもっと細かい部分にも関係してきます。

 

 

 

選球眼が良いとストライクゾーンの中で、さらに細かくボールを見ることが出来ます。

 

 

 

これはどういうことかと言いますと、同じストライクの球でもど真ん中とアウトローいっぱいの球は打ちやすさは全然違いますよね。

 

 

 

ここまではっきりと違いが無くても、ボール1つ分の差で打ちやすさは大きく変わったり、選手の得意コースなども考えればストライクゾーンの中でもより打ちやすいコースや球というのは当然出てきます。

 

 

 

選球眼が悪いとそこまで判断することが出来ないですし、逆に選球眼が良ければストライクボールの判断だけでなく、自分が打ちやすい球や、打てる球まで正確に判断が出来るようになります。

 

 

 

もちろん毎打席自分の好きな球が来るわけではないですが、そこまで判断が出来るようになれば当然打率、出塁率も上がってきますよね。

 

 

 

そうなればチームにとって欠かせない選手、大きな戦力になれるはずです。

 

 

 

このように選球眼が悪いとただストライクボールの判断だけでなく、打てるボール打てないボールの判断も周りの選手よりも出来ていないという可能性があります。

選球眼を鍛える

では選球眼とはどのようにして鍛えれば良いのか?

 

 

 

選球眼は大事というのはあまり意識をしたことはないとは思いますが、それでも知っていると思いますし、当たり前なことでもあります。

 

 

 

しかしいざ選球眼を鍛えようとしても、何をすれば良いのか、どうやって鍛えるかって分からないですよね。

 

 

 

まず選球眼を鍛える前に、大前提として、ストライクゾーンはある程度決まっているものの、やはりその日の球審によって変わってきます。

 

 

ですので試合中に何かストライクゾーンで気になることがあればチームメイトと情報をしっかりと共有することが大切ですね。

 

 

 

これに気を付けておけば、あとは自分自身の選球眼を鍛えることで、あらゆる球審のストライクゾーンにも対応できるかと思います。

 

 

 

さて、では具体的な選球眼の鍛え方について紹介します。

 

 

 

色々な考え方があると思いますが、私は選球眼=動体視力でほぼ間違いないと思っています。

 

 

動体視力とはわかりやすく言うと動いているものの情報を正確に処理する能力のことです。

 

 

動体視力が野球のプレーで最も活きてくると言われるのがやはりバッティングです。

 

 

 

ピッチャーの投げたボール。これは動いているものですね。

 

 

 

バッターはピッチャーが投げたボールを目で見ることで、そのボールの情報(コース高さなど)を得ます。

 

 

 

そして、その情報を処理し、それに対する動きを脳から信号として体全体に送られスイング動作に入ります。

 

 

この処理能力、つまり動体視力が悪いと正確に情報が処理できず、ストライクの球をボールだと判断してしまったり、ボール球をストライクと判断してしまい振ってしまうということが起きます。

 

 

 

逆に言えばこの動体視力を鍛えることでより短い時間で、より正確にボールの情報を処理できるため、選球眼も良くなるとも言えます。

 

 

なので私は選球眼を鍛える=動体視力を鍛えることだと思っています。

 

動体視力のトレーニング

それでは次に動体視力を鍛えるトレーニング方法を紹介します。

 

 

 

動体視力の特徴として、普通の視力とは違い鍛えて、回復させることが出来るということです。

 

 

 

また、今回紹介する選球眼を鍛えるための動体視力のトレーニング方法は非常に簡単なものです。

 

 

 

空いた時間などでも出来るトレーニングですので是非とも取り入れてみて下さい。

 

 

まず、両手の親指を立てて肩幅くらいの間隔で自分の前に出します。

 

 

 

 

その親指の先端を顔を動かさず目だけで交互に見ていきましょう。

 

 

 

 

10往復くらいでいいでしょう。これを3セットほどやります。

 

 

 

 

次にその親指を立てた両手を頭の高さと胸の高さくらいで上下にします。

 

 

 

 

そして、それをまた交互に見ていきましょう。

 

 

 

 

これも10往復3セットほどでいいです。

 

 

 

 

続いてこれを斜め、反対の斜めで10往復3セット程度やります。

 

 

 

 

これを毎日やるだけでも動体視力は鍛えられていきます。

 

 

 

 

また、相手がいるのでしたら、相手に人差し指を動かしてもらい、それを目で追うトレーニングも効果的です。

 

 

 

これらだけでしたら時間もかかりませんので毎日続けられると思います。

 

 

 

他には動体視力トレーニングメガネというメガネもおすすめです。

 

 

 

 

こちらは日本を代表する好打者、日本ハムファイターズの近藤健介選手も使用していることで話題になりました。(2018年時)

 

 

 

動体視力トレーニングメガネとは見るチカラを鍛えるというのがコンセプトである、多くのアスリートが愛用するメガネです。

 

 

 

 

どういったメガネかと言いますと、かけるとレンズが点滅し、見えにくくなるのと同時に脳を活性化させていきます。

 

 

 

 

それと同時に眼の筋肉を刺激し、動体視力を鍛えていきます。

 

 

 

私自身もも現役時代からずっと利用していますが、なにより魅力的なのはかけているだけで効果があるということです

 

 

 

 

かけているだけで動体視力を鍛えることができ、さらに先ほど紹介したトレーニングと組み合わせることでトレーニングの効果を大幅に上げることができます。

 

 

 

近藤選手はこのトレーニングメガネをかけ、ティーバッティングなど様々なバッティング練習を行っています。

 

 

 

 

その他にも集中力の向上や判断力の向上などの効果もありますし、動体視力の低下を防ぐ効果もあります。

 

 

 

 

大学生、それ以上の社会人野球や草野球などでプレーする人はもちろんですが、小中高生といった動体視力の発達期に使用することで動体視力のピークである20歳ごろの状態まで動体視力を持っていくことを可能にします。

 

 

 

 

また、近藤選手のみならず多くのアスリートが愛用し、、TVなどのメディアでも多く紹介されているものです。

 

 

動体視力トレーニングメガネ

 


 

 

※関連記事 動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

選球眼のトレーニングは毎日するべき

選球眼が悪いという選手はもちろんですが、そうでない選手も選球眼のトレーニング、つまり動体視力のトレーニングは毎日するべきです。

 

 

 

毎日やることで効果がありますし、動体視力、選球眼の維持、向上にもつながります。

 

 

 

先ほど紹介したトレーニング方法は10分もあれば簡単に出来るものです。

 

 

 

チーム全体として練習のアップで10分程度時間を取って動体視力、選球眼のトレーニングをしても良いかと思います。

 

 

また、そうでなくても家など、空いた時間でも簡単に出来るトレーニングですので毎日行ってみて下さい。

 

 

 

確実にボールの見え方に続ければ変化があるはずですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回は選球眼が悪い選手に向けて、選球眼を良くするトレーニングを紹介させていただきました。

 

 

 

記事中でも紹介したように、選球眼が悪いというのはバッティングはもちろん野球の様々なプレーにおいて大きなデメリットになります。

 

 

 

ストライクボールの判断だけでなく、自分の打てるボールや得意なボールを正確に判断し、その球を打つことが出来れば打率や出塁率は自然とあがってくるはずです。

 

 

またプロ野球選手などを見てもバッティングの良い選手や選球眼の良い選手というのはやはり動体視力が優れています。

 

 

選球眼が悪いという選手はもちろん、そうでない選手も選球眼を良くるために動体視力を鍛えてみてはどうでしょうか?

 

 

きっと野球のパフォーマンス向上につながると思います。

 

 

動体視力トレーニングメガネ

 


たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

バッティングには上達、打率を上げる妨げになる要素がが7つあります。

 

 

 

それが

 

 

・肩に力が入っている

 

・ボールを待てない、打ちに行ってしまう

 

・体の開き

 

・体が突っ込んでしまう

 

・バットが悪い形で下から出る

 

・スイングが外回りしてしまっている

 

・バットが出てこない

 

 

この7つです。

 

 

 

バッティングにおいてまず大切なのは基礎を作ること、基本的なスイングを身に着けることです。

 

 

これが出来ずにいろいろな技術などを身に着けようとしたり、取り入れようとしても基礎となるスイングが正しく出来ていないとなかなかバッティング上達にはつながりません。

 

 

 

そしてこの7つの要素に焦点を集中させることで、7日間で正しい基礎となるスイングを身に着けることが出来ます。

 

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

関連記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング ボールの見方や目線で打率が大きく変わる

 

ボールの見方や目線を意識したことはあるでしょうか?ほんの少しの意識でバッティングが大きく変わる可能性もありますよ

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。