ホームランバッターになるにはこの練習が効果的!筋トレは今すぐやめましょう

ホームランバッターになるにはこの練習が効果的!筋トレは今すぐやめましょう

ホームランバッターになりたい!

 

 

 

野球選手であればホームランに対し憧れはあるでしょうし、ホームランは何本打っても気持ちのいいものです。

 

 

 

プロ野球や選手を見て

 

 

 

「自分もあんなホームランバッターになりたい!」

 

 

 

なんて思ったことは1度くらいはあると思います。

 

 

 

しかし、実際にホームランを打つとなるとそんなに簡単にはいきませんし、野球人生でホームランを1度も打ったことがないという人も結構多いです。

 

 

 

そもそもホームランバッターになるには一体何が必要なのか?

 

 

誰もがホームランバッターになることは出来るのか?

 

 

 

そこで今回はホームランバッターになるにはどうすればいいのかや、ホームランバッターになるために効果的なバッティング練習など紹介していきたいと思います。

 

ホームランバッターになるには

ではホームランバッターになるには一体何が必要なのか?

 

 

 

ホームランバッターのイメージとは一体どんなものでしょうか?

 

 

 

おそらく多くの人はホームランバッターのイメージとして

 

 

・パワーがある

 

・筋肉量がすごい

 

・スイングスピードが速い

 

 

 

こんなイメージを持つ人が多いと思います。

 

 

特にホームランバッターになるにはパワーが必要!と思い、筋トレによる筋肉量の増加、肉体改造をしている人は最近増えています。

 

 

 

ですが、はっきり言ってこういった筋トレによってパワーを上げることはホームランバッターになるには絶対に必要ではないですし、むしろホームランを打つ邪魔になることもあります。

 

 

 

私は、別に筋トレによる筋力の増加や肉体改造を悪く言うつもりはないです。

 

 

実際に近年のプロ野球でも肉体改造は流行っており、筋肉量、体重を増やしパワーをつけるという選手も多いです。

 

 

 

ですが、それはあくまで筋肉や体の動きや仕組みに詳しいトレーナーなどが付いたうえで行われていることで、ただ筋トレをしているわけではなく、ホームランを打つのに必要な筋肉をつけているから効果があることなんです。

 

 

筋肉や体の動きや仕組みの意識もなく、やみくもにウエイトトレーニングを繰り返したり、体重を増やせばホームランが打てるようになるなんてのは大きな間違いなんですね。

 

 

また、バッティングに不必要な筋肉をつけてしまうことで、スイングパフォーマンスの低下の原因になったり、本来のスイングが出来なくなったりする原因を作ったりもします。

 

 

ですのでただホームランを打ちたいからと言って筋トレをするのはやめたほうが良いと私は思っています。

 

 

 

とは言え、ホームランを打つのには多少なりともパワーは必要ですし、パワーは合ったほうが有利なのは間違いないです。

 

 

そこで私がホームランを打つために必要な筋肉をつけるためにするべきだと思う練習はバットを振ることです。

 

 

 

とにかく自分のスイングを崩さず、スイングをたくさんしてください。たったこれだけです。

 

 

 

一体これにどんな意味があるのか。

 

 

 

これはあのホームランバッターの1人、落合博満さんも言っていたことですが、バッティングに必要な筋肉はバッティングによって身につけるという考え方です。

 

 

 

筋肉が大きくなる仕組みは簡単に言えば

 

 

筋肉を使う

繊維が切れる

修復作業

筋肉量の増加

 

 

こんな感じです。

 

 

 

考えてみれば分かると思いますが、バットを振る際に使う筋肉はスイング時に使う筋肉ですよね。

 

 

 

もっと細かく言えばスイング時に使わない筋肉はスイング時には必要ないともいえます。

 

 

 

ですのでスイングをすることでわずかながらとは言え、スイング時に必要な筋肉の繊維は切れています。

 

 

 

そのスイングを繰り返し、スイング時に使う筋肉のみを修復し、さらに大きくする。

 

 

 

確かにウエイトトレーニングなどに比べれば筋肉を増やす効率は圧倒的に悪いです。

 

 

 

ですが、余計な筋肉をつけずにバッティングに必要な、スイング時に使う筋肉のみを鍛えることが出来るのです。

 

 

 

筋肉などの知識があるトレーナーなどがいれば、こういったことも考慮したうえで必要な筋肉を必要なだけつけることも可能ですが、そういった環境が少ないアマチュア野球ではむやみやたらに筋肉をつけるよりもこういった方法の方がホームランバッターになるための筋肉はつけられます。

 

 

 

以上のことから、私はあまり筋トレによってパワーを増やし、ホームランを打とうとするのはあまりおすすめできません。

 

 

 

またそれだけでなく、ホームランを打つのに最も重要なのはパワーや筋力ではないです。

 

 

 

最も大事なのは

 

 

ホームランの打ち方を知っているかどうか

 

 

 

これだけです。

 

 

 

ホームランバッターと言うのはホームランの打ち方、打球の飛ばし方を知っています。

 

 

 

そしてそれはもちろんパワーで飛ばすなんていう単純なものではないです。

 

 

 

その方法とはバックスピンなんです。

 

 

 

ホームランバッターは意図的にボールにバックスピンを加えており、ボールを飛ばしています。

 

 

 

バックスピンだと打球は伸びやすく、トップスピン(順回転)だと打球は上がりにくく、伸びにくくなります。

 

 

 

分かりやすい例を出すと、バッティングマシーンをイメージしてください。

 

 

 

バッティングマシーンにはいろいろなタイプがありますが、基本的な形としては、上下が高速で回転しており、そこにボールを入れることでボールを飛ばすものです。

 

 

 

これは上下からうまい具合にボールに回転を与えて、狙った位置にボールを飛ばせるようになっています。

 

 

 

このバッティングンマシーンの上下の回転をそれぞれ変更するとボールに加わる回転も変わってきます。

 

 

上側のみ回転数を増やせばボールにはトップスピンが強く加わり、落ちる球が飛んでいきます。

 

 

 

逆に下側のみ回転数を増やせばボールにバックスピンが加わり伸びる打球が出てきます。

 

 

危険ですのでバッティング練習などではやってはいけませんが、バッティングマシーンで外野フライを飛ばしているチームも多いですが、その時の回転の設定は必ず下側の方が回転数が大きいはずです。

 

 

 

このようにトップスピンかバックスピンかの違いだけで打球の伸び、飛距離は全く変わってきます。

 

 

 

プロ野球などを見てもそうですし、実際に自分がプレーしていても「とらえた!」と思ったものの意外と打球が伸びなかったり、逆にあまり力が加わっていないように見えて打球がものすごく伸びてホームランになったり。

 

 

 

ホームランバッターと言うのは実はパワーで飛ばすというよりも技術でホームランを打っているという選手が多いんです。

 

 

ですのでホームランバッターになるにはバックスピンを意図的にかけれるようになることが非常に重要なことになってきます。

 

バックスピンをかける練習

ではバックスピンはどのようにかければ良いのか?

 

 

バックスピンの重要性についてはだいたい理解していただけたと思いますが、大事なのはそれをどうやってやるか、意図的にバックスピンをかけるにはどうすればいいのかです。

 

 

 

そこで今回バックスピンのかけ方、バックスピンをかけれるようになるための練習メニューを2つ紹介します。

 

 

 

1つ目のメニューは逆手ティーバッティングです。

 

 

 

この練習ではヘッドを走らせる、手首を返すスイングを身につけることが出来ます。

 

 

 

詳しくはバッティング ヘッドを走らせると打球が飛ぶ!で説明をしていますが、プロ野球選手は当たり前のように打つ瞬間に手首を返し、ヘッドを走らせています。

 

 

 

これを簡単に説明すると、打つ瞬間に手首を返す動きをすることでヘッドが走り、ボールにバックスピンが加わりやすくなります。

 

 

 

よく意味が分からないという人はこの練習メニューをやっていただければ少しは手首を返すという意味が分かると思います。

 

 

 

やり方は非常に簡単でバットを持つ手を上下逆にした状態でティーバッティングをするだけです。

 

 

 

右バッターなら本来グリップエンド側にある左手を右手の上に、左バッターならその逆ですね。

 

 

 

これは実際にやっていただけば分かりやすいですが、この逆手でバットを持った状態で強い打球を打つとなると普段バットを持つ際に上にある方の手をうまく使う必要があります。

 

 

 

つまりこの練習メニューの場合グリップエンド側にある手の手首をうまく返すように使わないとこの状態で強い打球は打てません。

 

 

 

また逆手にする理由は、逆手にするとこの手首を返す動きが自然とできやすいからです。

 

 

 

ヘッドを走らせるための手首の動きが分かったら、次は普通にバットを持って、先ほどと同じような感覚で打ってみて下さい。

 

 

 

この時に手首が返る感覚やヘッドが走る感覚があれば大丈夫です。

 

 

 

ただし、誰でもすぐに身につく技術ではないです。

 

 

 

焦らずにこのメニューを続けながら徐々にヘッドを走らせる感覚を身につけていくのが理想だと思います。

 

 

 

2つ目の練習メニューはバックスピンティーバッティングです。

 

 

バックスピンを加えるにはバットを入れる角度が非常に重要です。

 

 

 

先ほど上から叩くスイングを例に解説をしましたが、ボールに対して、バットをどの角度で入れるか、たったこれだけでもボールに加わる回転は大きく変わります。

 

 

バットを入れる角度によってはボールに強烈なバックスピンを加えることができ、打球を遠くへ飛ばすことが可能になります。

 

 

分かりやすいイメージとしては、バットを上から叩くようにボールを打てばボールの上側を叩くことになりトップスピン(順回転)がかかります。

 

 

 

これだと鋭いゴロは打てますが、遠くへ伸びる打球は打てません。

 

 

逆にボールに対しバットを下から、またはレベルスイング(水平)で打ち、ボールの下側を捕らえればバックスピンがかかり打球は上がりやすく、さらに伸びやすくなります。

 

 

 

近年、話題になっているフライボール革命とは簡単に言ってしまえばこのことで、アッパー気味なスイングでフライを打ち上げるイメージで振ることでボールにバックスピンを加えてボールをより遠くへ飛ばすということです。

 

 

 

ホームランアーチストと呼ばれる選手たちはこのバットの入れ方や、バックスピンのかけ方を知っています。

 

 

 

パワーがなくてもバットの入れ方やバックスピンをかけられるかどうかで打球の飛距離ははっきりと変わってきます。

 

 

 

そんなバットの入れ方と、バックスピンを加えるスイングを身につける練習がバックスピンティーバッティングです。

 

 

ティーバッティングで使われるティースタンドを使った練習メニューなのですが従来のティースタンドは

 

 

FBT-351 スウィングパートナー野球 バッティング練習 バッティングティー ボール不要 ティーバッティング 野球 打撃練習器具バッティングティー硬式

 

 

 

このような形のボールを置くタイプのものが多いです。

 

 

 

ですがこのタイプのティースタンドですと置いてあるボールを打つため、どうしても上から打つスイングになってしまいます。

 

 

 

これではトップスピンがかかった打球になってしまい打球は遠くへは飛びません。

 

 

 

打球を飛ばすためのスイングを身につけるティーバッティングはボールを吊るすティースタンドを使うことで身につけることが出来ます。

 

 

 

あす楽 backspin Tee 野球用 ティースタンド バッティングティー バックスピンティー スタンダード 並行輸入品

 

 

 

このようなティースタンドを使ってティーバッティングを行っていきます。

 

 

この練習メニューはメジャーリーグの約30球団をはじめ、日本のプロ野球球団やアマチュア野球のチームでも多くのチームが取り入れています。

 

 

日本では柳田選手が使用していることで話題になりましたね。

 

 

 

また、セッティングも1人で簡単に出来るため個人のトレーニングとして使いやすいのも特徴です。

 

 

 

この練習で打球を飛ばすためのバットの入れ方や、バックスピンをかけるスイングを身につけることができ、打球の質は明らかに変わると思いますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

今回はホームランバッターになるには?というテーマでいろいろと紹介をさせていただきました。

 

 

 

ホームランバッターはパワーで打球を飛ばしており、ホームランバッターになるにはパワー、筋力が必要と思っている人が多いです。

 

 

 

確かにパワーは大きな武器にはなりますが、やみくもにつけた筋肉がホームランを打つために使える筋肉かどうか、そしてその筋肉をしっかりと扱えるか。

 

 

 

この辺りがうまくかみ合わないとホームランバッターになるためにやった筋トレは無駄になってしまうことだってあります。

 

 

 

そしてホームランバッターになるには筋力、パワーよりもボールの飛ばし方を知ることが大切で、中でも重要なのが今回紹介したバックスピンです。

 

 

 

ホームランバッターたちが当たり前のように知っており、それを意図的に行ってホームランを打っているバックスピン。

 

 

 

ホームランバッターになるには是非とも身につけておきたい技術です。

 

 

もしよかったら今回紹介した2つの練習メニューを取り入れてみて下さい。

 

あす楽 backspin Tee 野球用 ティースタンド バッティングティー バックスピンティー スタンダード 並行輸入品

関連記事

ホームランの打ち方のコツと効果的な練習メニュー5選!

 

ホームランには打ち方とコツがあることを知っていますか?効果的なバッティング練習を5つ厳選し紹介しています。

 

ホームランバッターのスイングは何が違うのか?

 

なぜあの選手はホームランをたくさん打てるのか。ホームランバッターとのスイングの違いを徹底解説!ホームランを打ちたい選手必見です。

 

日本人が打球が飛ばないのはパワーのせいじゃなく打ち方にあった

 

日本人が打球が飛ばないのはパワーのせいだと思っていませんか?それは大間違いで、理由は外国人選手との打ち方の違いにあります。