ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

ヒットが簡単に打てればホームランも簡単に打てる!?

僕はホームランは難しくてもヒットは簡単に打てる!

 

 

という名でこのサイトを参考にしてくださっている人に情報や練習メニューなどを紹介しています。

 

 

僕が紹介しているメニューを継続していただければヒットは簡単に打てるようになります。

 

 

ですがヒットが簡単に打てるようになると、一つの欲が出てきます。

 

 

それは

 

 

ホームランも打てるようになりたい!

 

 

野球をやっている人間なら誰しもが思うことです。

 

 

それにヒットが打てるようになるとさらに上を目指そうという気持ちからこういった欲が出てくるのは当然だと思います。

 

 

僕もそうでした。

 

 

打率が残せるようになると、長打やホームランも狙って打てるようになれないかと。

 

 

最終的には長打は狙って打てるようになりました。長打が結果的にホームランになることも多かったです。

 

 

もちろん、どんなピッチャーでも狙って打てるわけではなかったですが、ピッチャーのレベルによって長打を狙うか、ヒットを狙うかを変えていました。

 

 

長打を狙うと、多少打率が下がるかな?と感じるくらいで特に打率に大きな影響はありませんでした。

 

 

そこで今回は僕が思う長打を打つために必要なことを紹介したいと思います。

 

ヒットが打てるようになればあとは角度と回転だけ!

ここおからの話は、僕の紹介しているメニューなどをしっかりとやって、ヒットを狙って打てるようになってからの話です。

 

 

まだそのレベルまで来ていない人はあまり参考になりませんので、まずはヒットをねらって打てるようにしてください。

 

 

まずホームランを打つために必要なものとよく言われているのは

 

 

筋力やパワーです。

 

 

たしかにホームランバッターと言われると体が大きくて筋肉やパワーがあるイメージです。

 

 

ですが僕が思うに確かに筋力はあったほうが良いですがそこまで重要ではないです。

 

 

実際、ヤクルトスワローズの山田哲人選手は体は小さいですし見た目もそんなにがっちりしていません。

 

 

といっても彼はものすごいスイングスピードなどがあるので筋力や体格のハンデを感じさせないというのもあるのですが...

 

 

話を戻します、筋力をつけようとするのならそれよりも自分のスイングの質を上げることを優先してください。

 

 

そしてホームランを打つために僕が必要なものは角度と回転です。

 

 

これさえ身に着ければパワーがなくてもホームランは打てます。

 

 

ではどうすればこの二つが身につくのか?

 

 

まず角度は置いといて、回転のかけ方は僕がこのサイトで紹介しているのでこちらをご覧ください。

 

 

はじめに言っておきますが、回転をかけるのはかなり難しいです。

 

 

あまり回転をかけようと深入りすると、本来のフォームに影響が出て来る可能性があるので自分でよく考えながら練習してください。

 

 

そして回転をかけれるようになったらあとは簡単です。

 

 

角度をつければ回転のかかったボールはものすごく伸びていきます。

 

 

角度をつける練習はロングティーです。

 

 

ロングティーもやり方はこのサイトで紹介しているのでサイトマップまたはサイトメニュー欄からご覧ください(練習メニュー3です

 

 

ロングティーで回転と角度を意識して続けてもらって、あとはフリーバッティングなどでピッチャーの投げる球で感覚を身に着けてもらえれば実践でも打てます。

 

 

ホームラン=パワーではありません。

 

 

それに筋肉をつけることは前にも言いましたが体のバランスに影響が出ます。

 

 

せっかくヒットが打てるフォームが身についたのにバランスが崩れては意味がありません。

 

 

ホームランを打つなら、回転と角度。ぜひ身に着けて下さい。

 

 

そのためによかったら僕の紹介しているメニューを参考にしてください!!