ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

三振を減らすたった一つの方法とは?

「三振」

 

 

それはバッティングにおいて最も減らしたいものです。

 

 

理由は簡単で何も起きないからです。

 

 

前に飛ばせばエラーなりなにか起こる可能性があります。

 

 

しかし三振してしまってはなにも起こりません。

 

 

三振は出来るならしたくないですよね。

 

 

実はこういった質問をよく受けます。

 

 

「三振しないためにはどうしたらいいか?」

 

 

これは難しい質問です。

 

 

正直本人の実力や対応力の問題も少なからず関係してくるのでなんとも言えないです。

 

 

初めから僕の紹介しているメニューをやっている人なら指導もしやすいのですがそうでないとなると少し難しいです。

 

 

しかし三振を減らす方法はないことはないです。

 

 

たった一つだけのことで三振は減らせます。

 

 

特に僕のメニューをやっている人は確実に減らせます。(自然と三振が減っていると思いますが)

 

 

自慢みたいな形になってしまい申し訳ないのですが、僕自身高校3年間で三振した数は練習試合含めてたったの2回です。

 

 

そこで今回は三振を減らす方法を紹介したいと思います。

 

 

ミート力が大前提

先に言っておきますが申し訳ないのですがミート力は最低限必要です。

 

 

というよりは自分のミートポイントをしっかりと自分で理解していることが大切です。

 

 

まだ自分のミートポイントがわからないという人はそれを見つけるメニューを紹介しているのでよかったら参考にしてください。

 

自分のミートポイントを見つけるメニュー

 

 

自分のミートポイントで高い確率で打てるのであれば三振を減らすのは簡単です。

 

三振を減らす方法

では本題に入ります。

 

 

三振を減らす方法は体の開きを抑える

 

 

これだけです。

 

 

僕はピッチャーに胸を見せないという風に言っています。

 

 

これを意識するだけで三振は減らせます。

 

 

 

特に僕の紹介しているメニューを続けて実践している人は対応力は勝手に身に付きます。

 

 

なので胸さえピッチャーに見せなけえればよほどのことがあるか、相手のピッチャーがプロ級でなければおそらくほとんど対応できます。

 

 

個人的にはプロ級でも対応はできると思いますがそこはミート力の個人差なども関係してくるので何とも言えません。

 

 

また自慢みたいになってしまいまいましたが僕はプロになった投手と対戦しましたがもちろん三振はしていませんしヒットも打ちました。

 

 

自慢のようになってしまいましたがそれだけこのピッチャーに胸を見せないというのが重要なんです。

 

 

どうしても三振出来ない場面などでは特に意識してみてください。

 

 

さらにスイングスピードが加われば対応力は一気に上がりますよ。

 

 

あとこのピッチャーに胸を見せないというのは練習である程度身に着けることができます。

 

 

よかったらやってみて下さい。

 

三振を減らすための練習法