ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

ピッチャー心理を理解し、打率を上げる

打席で何を考えていますか?

 

 

ピッチャーとの駆け引きに勝てば打席で優位に立つこともできます。

 

 

個人的には何かを考えるというよりは、僕の紹介しているメニューをやっているのなら余計なことを考えず、来た球を打ち返すことだけ考えてくれればいいです。

 

 

ですがマイナスなことでなければ別に考え事や何かを意識しても全然いいです。(慢心はいけません)

 

 

今回はピッチャーがマウンドで何を考えているのか。

 

 

何を意識しているのか

 

 

どうやって抑えようとしているのかなど

 

 

元ピッチャーだった僕自身とこれまで出会ってきたピッチャーの人たちからの話などを合わせて紹介したいと思います。

 

 

ピッチャーがマウンドで考えていること

ピッチャーはマウンドで何を考えているのか?

 

 

大きく言うとどうやって抑えるかということなんですが...

 

 

まずこれまでたくさんの選手に話を聞いていて多かったのが

 

 

・抑えようとただただ必死に投げる

 

 

・キャッチャーの指示通りに投げる

 

 

・一球ごとに抑えるプランを立てながら投げる

 

 

この3つが多いです。

 

 

ちなみに僕はタイミングと体勢を崩すことを意識していました。

 

 

おそらくほとんどのピッチャーはこのどれかに当てはまります。

 

 

狙い球は?

ここでいう狙い球は球種ではなく何球目を狙うかということです。

 

 

初球から積極的にいくことは果たして正解なのか?

 

 

僕が話を聞いていると、初球はやはりストライクが欲しいというピッチャーが多いです。

 

 

ただその一方で僕もそうでしたが、コントロールに自信があるピッチャーは初球から平気で外したり、きわどいところを攻めるという意見もありました。

 

 

そこで僕が個人的に何球目を狙うべきか考えたのですが、やはり初球かなと思います。

 

 

ただ初球だからといって難しいコースを打てというわけではないです。

 

 

ただ話を聞いていると初球はストライクを取りに行くピッチャーが多いので甘い球も来やすいと思います。

 

 

ただ初球からボール球を狙って投げたりきわどいところに投げてくるコントロールの良いピッチャーは球種で絞ったほうが良いです。

 

 

それと初球を狙うべきというのにはもう一つ理由があります。

 

 

野球は1番バッターは足が速く打率が高く、ピッチャーの情報をできるだけ多くチームに伝えることのできる選手というのがセオリーです。

 

 

ただ個人的にそういう選手はピッチャー側からすると別に怖くないんです。

 

 

本当に嫌な1番バッターは初球からフルスイングしてくる選手です。

 

 

これはいろいろなピッチャーに話を聞きましたが多くの人が言っていました。

 

 

たとえそれが空振りでも、アウトでもピッチャーは嫌です。

 

 

ヒットや長打になったらそれはもうピッチャーからしたら最悪です。

 

 

その日の出来を知る前に打たれてしまうのは正直厳しいです。

 

 

一番バッターを例えに出しましたが、他の打順の人も初球からどんどん打つべきだと思います。

 

 

ストライクは増えれば増えるほどピッチャーは投げやすいです。

 

 

実際初球の結果でそのバッターをどう抑えるか決めているというのも正直なところです(笑)

 

 

 

 

 

まとめ

今回はピッチャーの心理について元ピッチャーとして紹介しました。

 

 

今回のことをまとめるとやはり初球から振ってくるバッターは投げにくいということです。

 

 

打席では自信を持ちつつ、ピッチャーの狙いを読み、ヒットを打っていきましょう。

 

 

打席に絶対に持ち込んではいけないものとは?