ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

打率3割越え 大谷翔平が苦手とするバッターは誰?

パ・リーグMVP、史上初となる投手と指名打者でのベストナイン同時受賞

 

 

2桁勝利に打率・322、22本塁打、100安打

 

 

今シーズン二刀流にさらに磨きをかけ、素晴らしい成績を残した大谷翔平選手。

 

 

特に投手としては自身が持つ日本人最速記録を上回る165キロをマークしたりとプロ野球ファンの記憶に残る活躍でした。

 

 

大谷選手は開幕当初はなかなか勝ちに恵まれず、以外にも初勝利は5月1日。

 

 

そこから勝ち星を積み上げ、手のまめの影響もあったがなんとか3年連続となる2桁勝利を成し遂げました。

 

 

実は他にもすごい数字があるんです。

 

 

左右の打者の被打率なのですが左打者の被打率が・205で、右打者が・164

 

 

あまり知られていない部分でも素晴らしい数字を残しています。

 

 

さてそんな球界を代表するピッチャーの大谷選手ですが、実は大谷選手も苦手な打者がいるんです。

 

 

それが福岡ソフトバンクホークスの中村晃選手です。

 

 

中村選手は対大谷選手の打率が11打数5安打と圧倒的な強さを数字として残しています。

 

 

大谷選手本人も中村選手は苦手だと言っていました。

 

 

とはいっても大谷選手から3割以上の打率を残している選手は実は3人しかいないんです(10打数以上の選手のみ)

 

 

千葉ロッテのデスパイネ選手が15打数5安打、同じく千葉ロッテの岡田幸文選手が10打数3安打。

 

 

あとは中村晃選手の3人です。

 

 

リーグに3割以上打たれているのが3人しかいないというのは素晴らしいし恐ろしいです。

 

 

来シーズンも大谷選手には期待すると同時に、私が応援するオリックスが大谷選手を攻略して来年こそはリーグ優勝、日本一になることを信じています。