ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

体が開かないようにするために意識すること

打つときに体がひらいてはいけない

 

 

よく言われることだし、よく耳にする指導です。

 

 

これは間違いないです。

 

 

はっきり言って、僕が紹介するメニューを実践していただき、実戦でできるようになれば、この体の開きを抑えることができればどんな球でもなんとかなります。

 

 

それだけこの「体の開きを抑える」ということは重要になってきます。

 

 

僕の感覚だとピッチャーに胸を見せないという感覚です。

 

 

それくらい意識していましたし、それだけ体の開きさえ押さえれば結果が出ます。

 

 

とはいえ意外と難しいし、つい体が開いてしまったり、前に突っ込んでしまうことがあると思います。

 

 

それを少しでも減らすために意識するべきことを紹介したいと思います。

 

ボールの内側を打つ

ボールの内側を打つ

 

 

この意識を持っておくだけで体の開きはかなり抑えることができます。

 

 

もちろん、僕の紹介しているメニューで、体の開きを抑えることを意識してという風に紹介しているものもあるので、普通にやっていればある程度は抑えることができます。

 

 

しかし試合は予想しないことの連続です。

 

 

タイミングを外されたりして前に突っ込んだり、体が開いたり、練習していてもそうなってしまうこともあります。

 

 

それを抑えるためにボールの内側を打つという意識でボールを打ちます。

 

 

ここで注意なのですが、決して本当にボールの内側を打つわけではありません。

 

 

全部内側を打っていたら引っ張った方向への打球がなくなりますし、インコースを打つのが難しくなります。

 

 

あくまで意識の問題です。

 

 

ボールの内側を打つぞというのを頭の中に入れておいて、あとは普通に打つのです。

 

 

大事なのは内側を打つことではなく、内側を打つという意識なのです。

 

 

これだけで、体の開きはかなり抑えられます。

 

 

もう一度言いますが、体の開きさえ抑えることができればどんな球でもなんとかできます。

 

 

しかし体が開いてしまっては対応できない範囲が広くなります。

 

 

特に僕の打撃理論では、体の開きを抑えることが重要です。

 

体の開きを抑えて、ヒットをさらに増やしてください

 

 

「ボールの内側を打つ意識」

 

 

もう一度言いますが意識であって実際は違います。

 

 

良かったら参考にしてください!