バッティング 体が開かないコツとその練習方法

バッティングにおいて体が開かない方が良いと言われています。

 

 

 

中には体を開いた状態の方が打てるというような選手もいるかもしれませんが、そういった選手はなかなかいないですし、基本的にはやはり体が開かないスイングを身につけたほうが良いでしょう。

 

 

 

しかし、体が開かないスイングは基本だというのは分かっていても体が開いてしまっている選手、意識していても体が開いてしまうといった選手も多くいます。

 

 

 

実際にやってみると意外と難しいのが体が開かないスイングです。

 

 

 

 

とはいえ、やはり体が開かないスイングというのは身につけておきたいスイングです。

 

 

 

 

ではそんな体が開かないスイングのコツとは?

 

 

 

体が開かないスイングを身につける練習方法は?

 

 

 

 

今回はそんな、バッティングおいて重要な体が開かないスイングのコツや身につける練習方法などについて紹介していきたいと思います。

 

体が開かないスイングのコツ

ではまず体が開かないスイングのコツについて紹介していきます。

 

 

 

そもそも体が開かないスイングが難しいのは、ただ体が開かないようにスイングすることではないです。

 

 

 

 

考えてみれば分かると思いますが、ただ単に体が開かないようにスイングするだけであればそれだけ意識すれば簡単です。

 

 

 

 

体が開かないスイングはバッティングおいて重要ですが、それが全てではないです。

 

 

 

例えばですが、体が開かないようにと意識しすぎてボールを引き付けすぎるあまりスイングが窮屈になったりしてしまうと、結果的にあまり良い打球は打てません。

 

 

 

 

要は何が言いたいかといいますと、体が開かないようにスイングをするというよりも

 

 

 

 

自分のポイントで打つこと

 

 

 

これを意識したほうが良いです。

 

 

 

 

自分のポイントで打つことを意識し、それが出来れば結果的に体が開かずに打つ事が出来るでしょう。

 

 

 

 

自分のポイントをしっかりと理解し、かつそのポイントでボールをしっかりと打つ。

 

 

 

 

これが出来るようになればただ体が開かないスイングではなく、バッティングに活きてくる体の開かないスイングが身につきます。

 

 

 

 

以上のことから、体が開かないスイングのコツという表現は少し違うような気もしますが、自分のポイントを知ること、そしてそのポイントで打てるようにすることが体が開かないスイングのコツだと私は思っています。

体が開かないスイングを身につける練習

では続いて、体が開かないスイング、自分のポイントを見つけるための練習を紹介していきます。

 

 

 

 

まず1つ目は後ろからトスしてもらうティーバッティングです。

 

 

 

 

ティーバッティングは一般的には斜め前からトスしてもらいそれをネットに向かって打つ練習です。

 

 

 

 

そんなティーバッティングですが、トスを後ろからしてもらい、ボールを打つことで体が開かないスイングを身につけることが出来ます。

 

 

 

 

実際にやっていただければ分かりますがこれは意外と難しい練習です。

 

 

 

 

後ろからトスされたボールをしっかりと強く打つには、体が開かないように軸足に体重を乗せ、タイミングを合わせつつ、体重移動をしながら打つ技術が必要になります。

 

 

 

 

後ろからトスされたボールを見ながら打つ分、体が開きにくくする効果がありますし、かつ軸足に体重を溜めるという動作も身につけることが出来ます。

 

 

 

 

また、この時にも自分のポイントで打つことが出来ないと、打球が変な方向に飛んだり、強い打球が打てなかったりします。

 

 

 

 

続いて紹介するのが自分のポイントを見つける練習です。

 

 

 

個人的におすすめしているのが

 

 

トスバッティング

 

 

ティーバッティング

 

 

ロングティー

 

 

フリーバッティング

 

 

これら4つの練習を上から順に行うことです。

 

 

 

もちろんただこれらの練習を行うだけではダメです。

 

 

 

 

それぞれの練習メニューで、そのメニューの意味や意識すべき点をしっかりと理解し行うことで自分のポイントで打つ技術が身につき、体が開かないスイングができるようになります。

 

 

 

これら4つの詳しいやり方や意識すべき点についてはバッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法で紹介していますので、ここでは簡単にまとめます。

 

 

 

まずはトスバッティングから。

 

 

 

トスバッティングとはいろいろなやり方がありますが、ここで私が紹介するのは普通に正面から投げてもらいそれをワンバウンドで打ち返すといったいたって普通のトスバッティングです。

 

 

 

 

このトスバッティングを行う際に意識すべき点は

 

 

 

確実にワンバウンドで返すこと

 

 

バットの芯に確実に当てることと

 

 

ボール球は振らない

 

 

 

 

この3つです。

 

 

 

 

ティーバッティングでは、このトスバッティングで意識した点をより強いスイングでも行えるようにしていきます。

 

 

 

 

普通のトスされたボールを打つティーバッティングで良いので、強い打球をどのようにして打つのかを意識しながら打っていきます。

 

 

 

 

ロングティーではこれまで行ったことをすべて意識し、より遠くへ飛ばすことを考えてティーバッティングを行っていきます。

 

 

 

 

ロングティーはピッチャーの投げるためを打つのと違い、自分のスイングによる力でしかボールを飛ばすことができませんし、自分のスイングの状態が打球に表れやすいです。

 

 

 

 

基本的には意識すべき点はティーバッティングと変わりませんが、より遠くへ強い打球を打てるように意識してみて下さい。

 

 

 

 

その中でよかった感覚を確認しながら、どのようにして打てばボールを飛ばすことができるのか、を自分で確認していきます。

 

 

 

 

最後のフリーバッティングでは、これまで身につけた感覚をフリーバッティングで実際にピッチャーが投げる生きた球を打つことでより実戦的なものにしていきます。

 

 

 

 

当然これまでとは違い、どのコースに来るのかは分かりませんし、そもそも球のスピードも違います。

 

 

 

 

そういったボールに対し、いかにこれまでのバッティング練習のようにスイングができるか、これまでのバッティング練習のように打てるかが重要になってきます。

 

 

 

 

最終調整のような感覚で、いままでのバッティング練習の感覚をより実戦的なものに仕上げることを意識してフリーバッティングを行ってみてください。

 

 

 

 

以上が体が開かないスイングを身につける練習、自分のポイントを見つける練習です。

 

 

 

 

これらを繰り返すうちに、自然と体が開かないスイングが身につくようになるでしょう。

 

 

 

 

詳しくは下の記事を参考にしてください。

 

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回は体が開かないコツや、そのスイングを身につける練習方法などについて紹介させていただきました。

 

 

 

 

記事中でも紹介しましたが、体が開かないスイングというのはバッティングにおいて非常に重要です。

 

 

 

 

しかし、ただ体が開かなければ良いわけではないです。

 

 

 

 

体が開かないコツや、体が開かないスイングを正しく身につけ、それを実践できるようなしていくことが大切です。

 

 

 

それができるようになれば今よりもさらに良いバッターになれると思います。

 

 

 

 

もしよろしければ今回紹介した練習メニューを取り入れてみて下さい。

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

 

バッティング練習は一体何をすれば良いのか?何をすればバッティングが上達するのか?本当に効果があるバッティング練習を紹介しています。

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

レベルスイングの練習方法!わかりやすい野球バッティング上達方法

 

理想のスイングであるレベルスイングを身に着ける練習方法とは?非常に分かりやすいレベルスイングの練習方法を紹介しています。

 

レベルスイングのメリットを知りヒットを量産!野球バッティング上達

 

レベルスイングのメリットを知るとヒットが量産できる!?そんなレベルスイングのメリットとは?