インサイドアウトのスイングを身に着ける練習はこれ!野球バッティング上達

インサイドアウトのスイング

 

 

 

野球のバッティングにおいて、バットを内側から出せという、インサイドアウトのスイングを指導することがよくあります。

 

 

 

 

インサイドアウトのスイングはバッティングのスイングにおける基本と言われており、インサイドアウトのスイングが自分に合わないという選手も中にはいるかもしれませんが、そういった選手でもまずはインサイドアウトのスイングを身に着けると思いますし、身に着けたほうが良いです。

 

 

 

 

基本的なインサイドアウトのスイングを身に着けたうえで、自分に合うように修正していくことが理想だと思っています。

 

 

 

 

さて、そんなインサイドアウトのスイングですが、正しく身につければいいのですが、意外と多いのがインサイドアウトのスイングを勘違いしていたり、間違った形で身に着けてしまっている選手です。

 

 

 

 

ではインサイドアウトのスイングはどのようにして身に着けるのか?インサイドアウトのスイングを正しく身に着ける練習とは?

 

 

 

 

今回はそんなインサイドアウトのスイングを身に着ける練習について紹介していきたいと思います。

 

インサイドアウトのスイングを身に着ける練習

では早速インサイドアウトのスイングを身に着ける練習を紹介していきます。

 

 

 

 

私がインサイドアアウトのスイングを身に着ける練習として最もおすすめしているのが短尺バットを使ったバッティング練習です。

 

 

 

 

短尺バットとは名前の通り短いバットのことです。

 

 

 

 

この短尺バットを使用し、ティーバッティングやロングティーなどを行っていきます。

 

 

 

 

ではなぜ短尺バットがインサイドアウトのスイングを身に着けるのに効果的なのか?

 

 

 

 

その理由としてはまずバットが短い分、体の近く、つまり内側をバットが通るスイングがしやすいということと、その感覚を短いとはいえどバット振りながら身に着けることができるということです。

 

 

 

 

正直、ボールを打たなくても、短尺バットで素振りをするだけでもインサイドアウトのスイングの感覚をつかむことはできます。

 

 

 

 

しかし、あえて私はティーバッティングなどで実際に短尺バットでボールを打つことをおすすめします。

 

 

 

 

インサイドアウトのスイングをすることを意識することでスイングが窮屈になってしまう選手が多くいます。

 

 

 

 

当たり前ですがインサイドアウトのスイングと窮屈なスイングは違います。

 

 

 

 

短尺バットで実際にボールを打つことで少し窮屈ではないか?打ちにくくないか?などといった点を確認しながらスイングを修正していきます。

 

 

 

 

また、短尺バットでのバッティングの特徴として、短尺バットで強い打球を打つにはインサイドアウトのスイングを正しく行うことが求められます。

 

 

 

 

つまり、短尺バットを使用し、良い打球、強い打球が打てた時のスイングの軌道は理想に近く、自分に合ったものに限りなく近いということになります。

 

 

 

 

これはやはり実際にボールを打たなくては分からないことですので短尺バットを使用し実際にボールを打ってみて下さい。

 

 

 

 

インサイドアウトのスイングとは一体何か?

 

 

 

それが非常に分かりやすく、かつ効果的に身に着けることができますよ。

 

 

 

 

具体的な短尺バットを使用したバッティング練習としては、インサイドアウトのスイングが全く分からないという方はまずは近くのネットに向かってティーバッティングを行ってください。

 

 

 

 

この時点では思い切りスイングしなくていいので短尺バットを使用し、バットが内側から出るという感覚を何となくでいいので体に覚えさせてください。

 

 

 

 

これを終えたら徐々にネットに向かって強くスイングしていきます。

 

 

 

 

この時に意識することは先ほど感覚として身に着けたインサイドアウトのスイングで強い打球を打つことです。

 

 

 

 

先ほども言いましたが短尺バットで強い打球を打つには正しくインサイドアウトのスイングをし、ボールに力をしっかりと伝えなければいけません。

 

 

 

 

先ほど感覚的に身に着けたスイングをより実戦向きなものにしていき、より強い打球が打てるようにティーバッティングを繰り返してください。

 

 

 

 

それを終えたら続いては短尺バットを使用し、ロングティーを行っていきます。

 

 

 

 

このロングティーではここまでやってきたことを確認するように短尺バットでより遠くへ、より強い打球を打っていきます。

 

 

 

 

実際にやっていただければわかりますが、短尺バットで打球を飛ばすには何度も言うように正しいスイングの軌道でバットを振ることが求められます。

 

 

 

 

遠くへ飛ばそうと力任せに振るのではなく、力ではなくスイングでボールを飛ばせるようにロングティーを行ってください。

 

 

 

 

以上が短尺バットを使用したインサイドアウトのスイングを身に着けるバッティング練習です。

 

 

 

 

あとは、これらの練習を終えたら普段使う長さのバットでもバッティングを行ってください。

 

 

 

 

短尺バットでのインサイドアウトのスイングを身に着けたとは言えど、短いバットでの話です。

 

 

 

 

ほとんど差はないですが普通のバットでもここまでで身に着けたスイングができるように最後に調整していくのをおすすめします。

 

デサント DESCENTE メンズ 野球 硬式 短尺バット 木製ワンハンドバット(トップバランス) DKB-7712

価格:3,620円
(2016/12/31 16:47時点)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

インサイドアウトのスイングは最初にも言いましたが理想のスイングだと言われています。

 

 

 

 

人によっては合わないという人もいるかもしれませんが、そういった人でもまずはインサイドアウトのスイングを身に着けたほうが良いですし、身に着けないことには合うのか合わないのかも分かりません。

 

 

 

 

インサイドアウトのスイングを身に着けることはきっとバッティングの上達に大きく役に立つと思います。

 

 

 

 

是非ともインサイドアウトのスイングを身に着け今よりも良いバッター、いい成績を残せるように頑張って下さい。

 

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

関連記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング グリップから出すインサイドアウトのスイングを身に付ける

 

バッティングはグリップから出すインサイドアウトのスイングが基本です。インサイドアウトのスイングを正しく身に着ける練習を紹介。

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

レベルスイングの練習方法!わかりやすい野球バッティング上達方法

 

理想のスイングであるレベルスイングを身に着ける練習方法とは?非常に分かりやすいレベルスイングの練習方法を紹介しています。

 

レベルスイングのメリットを知りヒットを量産!野球バッティング上達

 

レベルスイングのメリットを知るとヒットが量産できる!?そんなレベルスイングのメリットとは?