柳田悠岐 スイング 打ち方 フルスイング 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

今やプロ野球を代表するバッターであるソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。

 

 

 

 

2015年シーズンにはトリプルスリーを達成した柳田選手ですが成績ではもちろんですが豪快なフルスイングでもプロ野球ファンを魅了しています。

 

 

 

 

 

そんな多くの野球人が憧れる柳田選手ですが彼の打ち方やスイング、バッティングフォームは一体どういったものなのか?真似はしても良いのか?

 

 

 

 

 

また、お手本となる部分はどこか?

 

 

 

 

 

今回は球界を代表するスラッガーである柳田選手の打ち方、スイングを解説していきたいと思います。

 

 

柳田選手の打ち方について

では柳田選手の打ち方について紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

柳田選手の打ち方スイングと聞くとまず浮かぶのは豪快なフルスイング。

 

 

 

 

 

ですが細かく見ると実際はそうでもない部分もあります。

 

 

 

 

 

まずは柳田選手の構えについて。

 

 

 

 

 

柳田選手の構えは非常にシンプルです。リラックスした自然体の構えでバットを軽く揺らすような構えです。

 

 

 

 

 

ここまでは豪快どころかプロ野球選手の中でもかなりシンプルな構えです。

 

 

 

 

そこから足をあげてタイミングを合わせ振り出します。ここの足を上げる時間は柳田選手は少し長めのように感じます。おそらく軸足に体重をしっかりとのせること、ピッチャーとのタイミングを下半身でとっていることから足を上げる時間が長めなどだと思います。

 

 

 

 

ちなみにタイミングというのは柳田選手のように下半身でタイミングをとるタイプと山田哲人選手のように上半身でとるタイプがあります。下半身でとるということに関しては詳しくは下の記事で紹介していますので良かったら参考にしてください。

 

 

【野球】タイミングの取り方!山田哲人と坂本勇人に学ぶ

 

 

 

 

足をしっかりと上げてタイミングをとりつつしっかりと自分のスイングをできる状態を柳田選手はしっかりと作ります。

 

 

 

 

ここまでは他の選手に比べ特に変わった部分や豪快な部分もありません。

 

 

 

 

そこから振り出します。

 

 

 

 

耳の後ろからボールまでまで非常に短い距離で、体の近くを通りながら打っています。

 

 

 

 

 

ここが良く勘違いされている部分です。豪快なフルスイング=大振りとは違います。

 

 

 

フルスイングと大振りの違いとは?

 

 

 

 

 

一見豪快に見える柳田選手のスイングは、ボールをとらえるまでは実は非常に無駄のないシンプルなスイングなんです。

 

 

 

 

ではなぜ柳田選手のスイング豪快に見えるのか?

 

 

 

 

それはボールをとらえたあとに秘密があります。

 

 

 

 

ボールをとらえるまでは無駄を少なくし確実に自分のポイントでとらえる。その後早めの始動と長めに上げた足によって軸足にためていた体重を下半身からうまくボールに伝えるだけでなく、柳田選手の場合は上半身までボールに力をねじ込むように使っています。

 

 

 

 

これが柳田選手が豪快なフルスイングに見える理由です。

 

 

 

 

しっかりと自分のスイングができる状態を作る(早めの始動と足の上げる時間)

 

 

 

 

 

自分のポイントまで無駄なくバットを運ぶ

 

 

 

 

 

ためていた下半身に力と上半身全身の力でボールを押し込む

 

 

 

 

まとめると柳田選手の打ち方、スイングはこんな感じです。

 

 

 

 

柳田選手を意識してバッティングをする際にはフルスイングすることだけを意識するのではなく実はシンプルで無駄のないスイングであることもしっかりと知っておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柳田選手の打ち方は真似していいの?

続きまして野球をやっている人ならプロ野球選手をお手本にしたり真似したりする人も多いでしょう。

 

 

 

 

当然柳田選手を意識している人も多いです。

 

 

 

 

そこで柳田選手は真似しても大丈夫なのか?

 

 

 

 

結論から先に言いますと問題ないです。

 

 

 

 

 

ですが柳田選手のスイングを全体的に真似するのは少々危険な気もします。

 

 

 

 

というのも、しっかりと柳田選手のスイングを理解しているのでしたら良いのですが豪快なスイング、フルスイングというイメージだけで真似をするとバッティングは悪くなると思います。

 

 

 

 

 

柳田選手の真似をしたいなら大前提にしっかりと先ほど紹介した部分ごとにどんなスイングなのかを理解することが大切です。

 

 

 

 

スイング全体ではなくスイングをしっかりと分けて見ると非常にお手本となるバッティングフォームなのが柳田選手です。

 

 

 

 

なのでもし柳田選手の打ち方を意識したり、真似したりするという場合はその点を注意してください。

 

 

 

 

 

また、豪快に見える理由であるインパクト後の押し込みですが人によってはケガにつながるのであまりお勧めできません。

 

 

 

 

体の柔軟性がない人や身長と体重のバランスが良くない人などはケガのリスクも大きくなります。

 

 

 

 

おそらく柳田選手は非常にそのあたりの体のバランスが良いのだと思います。

 

 

 

 

なので自分の体との相談も必要になってきます。

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回はソフトバンクホークスの柳田悠岐選手の打ち方について紹介させていただきました。

 

 

 

 

記事中でも紹介したように柳田選手のスイングは豪快に見えて実はシンプルで無駄のない動きなんです。

 

 

 

 

 

とりあえず思い切り振っているわけではないのでその点は勘違いのないように。

 

 

 

 

 

自分に合った部分は吸収して今よりも良いバッターを目指して頑張って下さい。

 

 

 

元ドラフト1位が教えるバッティング上達方法

91年大阪桐蔭の4番打者として、高校野球で全国制覇を果たし、92年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団した萩原誠選手をご存知でしょうか?

 

 

 

バッティングの指導を受ける中でよくわからない事や、そもそもその指導自体が間違っていることが良くあります。

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすにはどうすればいいのか?強い打球を打つにはどうすればいいのか?

 

 

 

 

他にもバッティング全般に役に立つバッティング上達方法を紹介しています。

 

 

 

ドラフト1位指名、背番号31、三塁手ということで「掛布2世」、「ミスター・タイガース」として期待されていた萩原選手が教えるバッティング上達方法とは一体?

 

 

 

詳しくはこちら

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

近藤健介選手のバッティングを徹底解説!高打率の秘密とは?

 

2017年シーズン「幻の4割打者」と呼ばれ注目を浴びた近藤健介選手の高打率を残せる秘密とは?近藤選手のバッティングを徹底解説!

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!

 

効果的なバッティング練習を紹介!正しいトスやティーバッティング

 

数ある練習メニューの中でも個人的に特に効果があると感じるのがトスバッティングやティーバッティングなどと言った基本的なメニューです。どこのチームでもやっているような練習メニューをさらに効果的に行う方法とは?

 

【高校野球】 人気硬式バットをランキング形式で紹介!

 

数ある人気の硬式バットの中で本当におすすめできるものやその魅力などをランキング形式で紹介しています。一位はやっぱり...