野球 バッティング 上達 ヒット ホームラン 打ち方

ダウンスイングは間違い!野球 バッティング打てなくなる原因

「バットを振る時は上から叩け!」

 

 

 

 

野球をやっている人なら一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか?

 

 

 

 

上から叩くスイングのことをダウンスイングと言うのですが、このダウンスイングを小さい頃からバッティングの正しい打ち方として指導されている選手は多いです。

 

 

 

 

 

さて、このダウンスイングですが、個人的にはおすすめできません

 

 

 

 

もちろんダウンスイングにもメリットはありますが、ヒットを打つ、高い打率を残したいという方には向かないスイングだと思います。

 

 

 

 

個人的にはダウンスイングは野球のバッティングにおいて打てなくなる原因の1つだと思っています。

 

 

 

 

ではなぜダウンスイングをしろというような指導が多いのか?

 

 

 

 

また、ダウンスイングが間違いなのであれば正しいスイングとは一体どんなスイングなのか?

 

 

 

 

今回はそんな間違いであるスイングのダウンスイングについて紹介していきたいと思います。

 

ダウンスイングのメリット

ダウンスイングは間違いと言いましたが、一応ダウンスイングにもメリットはあります。

 

 

 

 

まず1つ目が最短距離でバットが出やすいということ。

 

 

 

 

おそらくですが、上から叩けと言うようなダウンスイングを推奨するような指導をする指導者の方はこの最短距離でバットを出させたいために、ダウンスイングを指導しているのだと思います。

 

 

 

 

少年野球頃の選手ですと、バットが大きく外回りしてしまう所謂ドアスイングになっている選手が多いので、そういった選手のスイングを改善するにはダウンスイングを教えることでドアスイングによるスイング時の無駄な動きを改善することができる場合もあります。

 

 

 

 

個人的にはバットを最短距離で出せと言う指導も、あまり正しいとはあ思いませんが、ドアスイングになるのなら、まだ最短距離でスイングするほうがましかなと思います。

 

 

 

 

もしかすると、ダウンスイングを指導している方はそういった意図があるのかもしれません。

 

 

 

 

2つ目のダウンスイングのメリットはゴロが打ちやすいという事です。

 

 

 

 

これに関しては分かりやすいと思いますが、当然ゴロを打つのならバットを下から出すより上から叩いた方がゴロは打ちやすいです。

 

 

 

 

野球にはエンドランや進塁打を打ちたい場面など、ゴロを打ちたい場面が試合中にあります。

 

 

 

 

そんな時にダウンスイングは効果を発揮するでしょう。

 

 

 

 

とは言え、当然毎打席そういった場面で打席が回ってくることはないので、状況によってダウンスイングを使い分けるのはありだと思いますが、常にダウンスイングで打つ必要はないかと思います。

 

 

 

 

 

以上が主なダウンスイングによるメリットでしょう。

ダウンスイングのデメリット

では続いてダウンスイングのデメリットについて紹介していきます。

 

 

 

 

ダウンスイングの最大のデメリットはミートポイントが少なくなるということです。

 

 

 

 

詳しくはミート力を上げる方法!野球バッティング上達とコツで紹介していますが、ダウンスイングだと、ボールに対してバットで点でしか打つことができません。

 

 

 

 

 

分かりやすく説明しますと、ピッチャー方向からボールが転がってきたとします。

 

 

 

 

この時のボールはバウンドはせず、地面をコロコロと転がっています。

 

 

 

 

そのボールに対し、バットを上から叩く、つまりダウンスイングのようにバットに当てようとします。

 

 

 

 

一方で、転がってくるボールに対し、地面にバットを寝かせながら転がってくる来るボールを待つようにバットに当てようとしまう。

 

 

 

 

どちらがバットに当たる確率が高いか?また、どちらがバットにしっかりと当てやすいか?

 

 

 

 

 

かなり極端な例ではありますが、実際にピッチャーが投げる球でもこれと同じようなことが言えます。

 

 

 

 

お分かりでしょうか?

 

 

 

 

ちなみに、先ほど言った横向き、ベースに対し平行にスイングするスイングをレベルスイングと言うのですが、ダウンスイングとレベルスイングとでは、ミートのしやすさに大きな差が出てきます。

 

 

 

 

レベルスイングのメリットについてはレベルスイングのメリットを知りヒットを量産!野球バッティング上達で詳しく紹介していますが、レベルスイングはボールに対し、面でバットでとらえることができますのでミートポイントが広くなりますし、ポイントがズレた際にファールになる確率も上がります。

 

 

 

 

また、ダウンスイングの始動時によく使われる言葉の上から叩けと言う指導方法ですが、特に少年野球頃の選手ですと、上から叩くスイングと言うのを良くも悪くも素直にそのまま受け止めてしまい、かなり極端なダウンスイングをしてしまっている選手も多くいます。

 

 

 

 

そのままバッティングを続けてしまい、クセになってしまうとなかなか治すのが難しくなってしまいますのでその点も注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回はダウンスイングのメリットとデメリットについて紹介させていただきました。

 

 

 

 

記事中でも紹介しましたが、やはり個人的にはダウンスイングはおすすめできませんし、打てなくなる原因にすらなると思います。

 

 

 

 

個人的にはダウンスイングではなくしっかりとレベルスイングを身に着けることがバッティング上達には必要だと思います。

 

 

 

 

現在ダウンスイングになっている選手、また特に少年野球の選手を指導しているという方は注意するようにしてください。

 

 

 

レベルスイングについては下の記事で詳しく紹介しています。

 

レベルスイングのメリットを知りヒットを量産!野球バッティング上達

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

バッティング バットにボールが当たらない人の解決方法!

 

バットにボールが当たらない、ジャストミートできないという選手必見!それらを解決する方法を紹介!

 

大谷翔平のスイングを解説!圧倒的な打撃を生むバッティングフォーム

 

球界のスーパースター大谷翔平選手のスイングバッティングフォームを徹底解説!圧倒的な飛距離を生み出すバッティングフォームの秘密とは?

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!