野球 バット 選び方 

【野球】 バットの選び方のポイントとは?

野球用品の中にバットというものがあります。

 

 

 

バットなんてどれも同じ

 

 

 

なんて思っている人もいるかと思いますがバット選びはものすごく重要です。

 

 

 

バット一本でパフォーマンスが向上するなんてことも結構あります。

 

 

 

ではバットはどのように選んだらいいのか?

 

 

 

今回はそんなバット選びのポイントについて紹介していきたいと思います。

 

まずはじめに

まずはじめに一つ言っておきたいことがあります。

 

 

 

先ほどバット一つでパフォーマンスが向上することもあると言いました。

 

 

 

これは決してバットを変えたから打てるようになる。

 

 

 

バットを変えたから打率が上がる、ホームランが打てる。

 

 

 

そういったわけではないです。

 

 

 

あくまでプレーをするのは自分。

 

 

 

自分にバッティングの技術が身に付き、そのうえで自分に合ったバットを使用するということが最も大切です。

 

 

 

たまにいるのですが打てない時に真っ先にバットや構えを変える選手。

 

 

 

私の経験上こういった選手は打てるようになりません。

 

 

 

そのことを頭に入れて今回の記事をご覧ください。

バットの選び方

ではバットの選び方のポイントについて紹介していきます。

 

 

 

・デザイン

 

 

 

こちらはバットの性能とは関係ないのですがデザインもバット選びでは重要だと思います。

 

 

 

どうせ使うならかっこいいものを使いたいと思います。

 

 

 

デザインもバット選びの重要なポイントの一つです。

 

 

 

・重心

 

 

 

バットには重心というものがあります。

 

 

 

大きく分けると

 

 

トップバランス 

 

 

ミドルバランス

 

 

カウンターバランス

 

 

この3つが一番よく聞くバットの重心でしょう。

 

 

 

トップバランスはバットの先端の方に重心があります。

 

 

 

私の感覚だと重心が先端にあるトップバランスはスイングに遠心力が加わり飛距離が伸びやすいです。

 

 

 

飛距離を伸ばしたい人や長距離打者にはトップバランスがおすすめです。

 

 

 

 

カウンターバランスというのは重心がグリップの方にあります。

 

 

 

こちらは私の感覚だとトップバランスとは逆でスイングに遠心力が加わりにくく飛距離は出にくい印象です。

 

 

 

しかし重心がグリップ側、つまり体の近くにあるためバットが非常に扱いやすいです。

 

 

 

同じ重さでもトップバランスとカウンターバランスとではカウンターバランスの方が軽く感じると思います。

 

 

 

以上の点からカウンターバランスはアベレージヒッターにおすすめのバットです。

 

 

 

そしてこの両方の間に重心があるミドルバランス。

 

 

 

ミドルバランスはトップバランスとカウンターバランスの間という認識で大丈夫です。

 

 

 

このミドルバランスは私の感覚だとトップバランスとカウンターバランスの良いところを少しずつ分けた感覚です。

 

 

 

程よいバットの重みもありつつ扱いやすい重心の位置。

 

 

 

といった感じです。

 

 

 

こちらのミドルバランスは中距離ヒッターにおすすめです。

 

 

 

以上がバット選びのポイントの重心についてです。

 

 

 

また個人的におすすめなものにミドルバランスとトップバランスの間のセミトップバランスというものがあります。

 

 

 

なぜセミトップバランスがおすすめなのかといいますとこれは個人差があるかと思いますがミドルバランスは少しカウンターバランスの方がトップバランスより強いかな?という印象があるからです。

 

 

 

 

実はいろいろな選手に話を聞くとこのように感じる選手は結構多いんです。

 

 

 

そこでもう少しバットの重みや遠心力を感じれるのがセミトップバランス。

 

 

 

ミドルバランスがトップバランスとカウンターバランスの間で扱いやすいというのが一般論かもしれません。

 

 

 

しかし実際にバットを振った時の感覚と飛距離や振りやすさという点も踏まえたらセミトップバランスが一番扱いやすいと個人的には思います。

 

 

 

・重さ

 

 

 

重さもバット選びではものすごく重要です。

 

 

 

これに関していえば人それぞれですので自分の振りやすい重さのバットを選んでもらえれば特に問題はないです。

 

 

 

しかし一つ注意してもらいたいのは少年野球などで多いのですが

 

 

 

バット=軽いものが良い!

 

 

 

みたいなことを言う人がいますがこの考えは危険です。

 

 

 

バットは軽いほうが扱いやすいというイメージがあるかもしれませんが重さをしっかりと感じて振ることが実はバッティングでは大切なんです。

 

 

 

もちろん重すぎて振れないというのはダメですが軽すぎると力の入れ方やタイミングなどが逆に分かりにくくなります。

 

 

 

中学生や高校生以上になってくるとある程度パワーもついてきますので気にすることもなくなると思いますが

 

 

 

特に小学生などの保護者の方はバットを選ぶ際に軽ければ良いという考えは危険ですのでその点も注意してください。

 

 

 

 

・グリップ

 

 

 

グリップとはバットの握る部分です。

 

 

 

グリップ部分って実は太さがバットによって違ったりします。

 

 

 

この微妙な太さでスイング時の微妙な力の入れ方や力の入り具合に影響します。

 

 

 

またバットにブリップを巻くと思いますがこれも重要です。

 

 

 

滑りやすいものや逆にペタッと張り付くようなもの。

 

 

 

先ほど言ったように太いものや細いもの。

 

 

 

 

中には打撃時の衝撃を吸収してくれるものもあります。

 

 

 

これら一つ一つは関係ないようでスイングに微妙な変化があります。

 

 

 

スイングの微妙な変化はバッティングの成績に大きく表れます。

 

 

 

グリップも振りやすいものを選ぶようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回はバット選びのポイントについて紹介させていただきました。

 

 

 

私自身バットにはものすごいこだわりを持っていました。

 

 

 

練習用や試合用と使い分けたり。

 

 

 

またバットの管理にもとても気を遣っていました。

 

 

 

中にはバットなんてどれも同じという人もいるかもしれません。

 

 

 

ただそれだけは絶対にないと自信を持って言えます。

 

 

 

最初にも言いましたがバット一本でパフォーマンスは変わります。

 

 

 

最後に

 

 

 

今回の記事をまとめますと

 

 

 

バット選びのポイントは

 

 

 

デザイン

 

 

重心

 

 

重さ

 

 

グリップ

 

 

主にこの4つです。

 

 

 

これからバットの購入を考えている人。

 

 

 

またはチームのどのバットを使おうか悩んでいる人。

 

 

 

今回紹介したバット選びのポイントを是非参考にしてみてください。

 

 

 

 

元ドラフト1位が教えるバッティング上達方法

91年大阪桐蔭の4番打者として、高校野球で全国制覇を果たし、92年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団した萩原誠選手をご存知でしょうか?

 

 

 

バッティングの指導を受ける中でよくわからない事や、そもそもその指導自体が間違っていることが良くあります。

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすにはどうすればいいのか?強い打球を打つにはどうすればいいのか?

 

 

ある運動を行った時、どの筋肉がどのように骨格等に力を加えて関節を動かしその運動が生じるかという事を科学的に分析する学問である機能解剖学を活かした正しい体の使い方やバッティングの上達方法とは?

 

 

 

社会人野球であるIBMのバッティングを指導し、すでに、色々な癖がしみ込んでいる経験の長い選手たちの打率を、わずか1年で、2割から3割にアップさせた実績を誇るバッティング指導とは?

 

 

 

他にもバッティング全般に役に立つバッティング上達方法を紹介しています。

 

 

 

ドラフト1位指名、背番号31、三塁手ということで「掛布2世」、「ミスター・タイガース」として期待されていた萩原選手が教えるバッティング上達方法とは一体?

 

 

 

詳しくはこちら

関連記事

甲子園で人気のバットはコレ!高校野球バット2017年

 

甲子園で人気のバットってどんなバット!?超人気バットから、あの記録を塗り替えた選手が使用していたバットも紹介!

 

【高校野球】 人気硬式バットをランキング形式で紹介!

 

高校野球において数ある人気硬式バットの中から本当におすすめできるバットをランキング形式で紹介!定番の物から長年愛される物。第1位は果たしてどのバット?

 

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

スイングスピードの上げ方とは?筋トレや重いバットでの素振りは逆効果?

 

スイングスピードの上げ方をご存知でしょうか?やっている人が多い筋トレや重いバットでの素振りは逆効果なのを知っていますか?スイングスピードの上げ方はこちらの記事で紹介しています。

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!

 

 

マスコットバットでの素振りは効果がないからやめるべき!

 

スイングスピードを上げたいからマスコットバットを振る。多くの人がやっていることですが実はこれ、大きな間違いです。マスコットバットでの素振りはむしろ逆効果?詳しくはこちらの記事で紹介しています。

 

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!?ウソみたいな話ですが科学的にも証明済み!?その効果や理由など、詳しく紹介しています。

 

 

短尺バットで打率を上げる!プロも愛用の短尺バットとその効果

 

短尺バット。多くのプロ野球選手が練習で愛用する理由とは?またその効果は?あの球界を代表するスラッガーも愛用!?

 

 

インコースの打ち方!坂本勇人の打ち方を解説

 

インコースが打てない...。そんなあなたにインコース打ちの天才坂本勇人選手から学ぶインコースの打ち方を徹底解説します。

 

【野球】タイミングの取り方!山田哲人と坂本勇人に学ぶ

 

タイミングはバッティングにおいてすごく重要です。タイミングの取り方って実はいろいろあるんです。そこで球界を代表するバッター二人の山田哲人選手と坂本勇人選手のタイミングの取り方を解説しています。

 

ヒットを打つためのメンタル維持とは?打席で余計なことを考えないために

 

野球は技術だけでなくメンタルも結果に大きく影響します。ヒットを打つためのメンタル維持方法とは?打席で余計なことを考えない方法とは?

 

 

WBC日本代表侍ジャパン 歴代最強メンバーは第何回大会?

 

過去に3度開催されたWBC。歴代最強の侍ジャパンは第何回大会?初優勝の2006年?連覇を成し遂げた2009年?ベスト4で終わった2013年か?それとも今回の2017年?歴代の侍ジャパンのメンバーの名を紹介!

 

効果的なバッティング練習を紹介!正しいトスやティーバッティング

 

数ある練習メニューの中でも個人的に特に効果があると感じるのがトスバッティングやティーバッティングなどと言った基本的なメニューです。どこのチームでもやっているような練習メニューをさらに効果的に行う方法とは?