野球 バッティング 上達 ヒット ホームラン 打ち方

バッティングを上達させたいなら目を鍛えるべき!打率の上げ方

野球をやっている人であれば誰しもがバッティングを上達させたいと思うはずですし、そのために練習をしていると思います。

 

 

 

 

ですが実際にバッティング上達のための練習と聞くとどうしてもバッティング練習ばかりに力を入れてしまいます。

 

 

 

 

もちろん、これは間違ったことではないですし、むしろバッティング練習を中心に練習ミューを組むことが理想だと思っています。

 

 

 

 

何が言いたいかといいますと、バッティング上達に必要なのはバッティング練習だけではないということです。

 

 

 

 

そして、、そのバッティング練習以外に必要なことというのがタイトルにもあるようにの強化です。

 

 

 

 

一見バッティングとはあまり関係ないようにも思えますが実はバッティングと目は非常に大きく関係していますし、目を鍛えることでバッティングの成績は大きく変わります。

 

 

 

 

そこで今回はバッティングの上達方法として目を鍛える理由や、鍛え方について紹介していきたいと思います。

 

目を鍛える理由とは?

そもそもなぜ目を鍛えるとバッティングの成績が変わるのか?

 

 

 

 

ここまで目を鍛えるというような言い方をしてきましたが、正確には動体視力のことを言っています。

 

 

 

 

もちろん、普通の視力もバッティングに影響はします。

 

 

 

 

当たり前ですが普通の視力が良い人と悪い人ではボールの見え方も違いますので成績にも差が出るでしょう。

 

 

 

 

しかし、普通の視力の場合は、1度落ちてしまうと自力で元に戻すのは難しいです。

 

 

 

 

ですが動体視力の場合は鍛えることができますし。

 

 

 

 

 

そもそも動体視力を鍛えることでどういったメリットがバッティングにおいてあるのか?

 

 

 

 

動体視力とは動いているものの情報を正確に処理する能力のことです。

 

 

 

 

これはつまり、ピッチャーの投げた球の情報(球種、コース、高さなど)をより正確に処理する能力になります。

 

 

 

 

動体視力が悪いと、ピッチャーの投げた球の情報を正確に処理することができず、その間違った情報にに対する動きを脳から信号が送られます。

 

 

 

 

この時に実際のボールと、脳で処理した情報の間に誤差が生まれてしまいますのでジャストミートできなかったり、空振りになったり、打ち損じたりします。

 

 

 

 

一方で動体視力が良いと、ピッチャーの投げたボールの情報を正確に処理することができますので実際のボールとの間の誤差もなくなりますのでジャストミートしやすくなります。

 

 

 

 

これだけでも動体視力が良いことのメリットが分かると思います。

 

 

 

 

他にも選球眼が良くなるのもそうですし、当然バッティングのみならず野球のプレー全体にも動体視力が活かされるので野球選手としてのパフォーマンスの向上につながります。

 

 

 

 

実際、プロ野球選手の中にも動体視力、視力の低下が引退の決め手になったという選手も多くいます。

 

 

 

 

それだけバッティングにおいて動体視力が重要というということです。

動体視力の鍛え方

さて、目、動体視力がいかにバッティングにおいて重要かはお分かりいただけたと思います。

 

 

 

 

先ほども言いましたが、通常の視力とは違い、鍛えることができるのも動体視力の特徴でもあります。

 

 

 

 

では動体視力はどのようにして鍛えることができるのか?

 

 

 

 

まず1つ目は指を使った方法です。

 

 

 

 

親指を立てて、肩幅くらいの間隔で自分の前に出します。

 

 

 

 

右の親指の先→左の親指の先の準備目を交互に動かしていきます。

 

 

 

 

10往復から20往復くらいを3セットほど行うと良いでしょう。

 

 

 

 

また横の動きだけでなく親指の位置を縦にしたり、斜めにしたりして、同じことを行ってください。

 

 

 

 

1人でもできますし、時間もかかることではないのでこれを毎日続けてみて下さい、動体視力に変化が表れるようになりますよ。

 

 

 

 

また、協力者がいるのであれば、もう1人の方に人差し指でいろいろな方向を指してもらいます。

 

 

 

 

その時の人差し指の先を目で素早く追っていきます。

 

 

 

 

注意点としましては、これらのメニューを行う時は顔は動かさないようにし、目だけを動かすことを意識してください。

 

 

 

 

2つ目に紹介する動体視力の鍛え方はトレーニングメガネを使用することです。

 

 

 

動体視力トレーニングメガネとは見るチカラを鍛えるというのがコンセプトである、多くのアスリートが愛用するメガネです。

 

 

 

 

どういったメガネかと言いますと、かけるとレンズが点滅し、見えにくくなるのと同時に脳を活性化させていきます。

 

 

 

 

それと同時に眼の筋肉を刺激し、動体視力を鍛えていきます。

 

 

 

 

その他にも集中力の向上や判断力の向上などの効果もありますし、動体視力の低下を防ぐ効果もあります。

 

 

 

 

大学生、それ以上の社会人野球や草野球などでプレーする人はもちろんですが、小中高生といった動体視力の発達期に使用することで動体視力のピークである20歳ごろの状態まで動体視力を持っていくことを可能にします。

 

 

 

 

 

多くのアスリートが愛用しているのもそうですし、TVなどのメディアでも多く紹介されているものです。

 

 

動体視力トレーニングメガネ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回はバッティングの上達方法として目を鍛えることの重要さについて紹介させていただきました。

 

 

 

 

記事中でも紹介しましたが、目、動体視力を鍛えることでバッティングの成績は大きく変わります。

 

 

 

 

それにバッティングだけでなく野球のプレー全般に動体視力は生きてきますので鍛えておくことに損はないです。

 

 

 

 

 

バッティング上達のために動体視力を鍛えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

ただし、当然動体視力を鍛えるだけでなく、技術面もしっかりと練習することも大切ですので両方ともしっかりと鍛えることが大切です。

 

 

 

もしよかったら動体視力を鍛える際に、今回紹介した方法を参考にしてください。

 

 

 

↓今回紹介させていただいた動体視力トレーニングメガネです↓

 

動体視力トレーニングメガネ

 



たった7日で打率を上げる

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

関連記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

動体視力を鍛えると打率が一気に上がる!バッティング上達方法

 

動体視力を鍛えると打率が一気に上がる!バッティング上達に欠かせない動体視力の鍛え方とは?

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振る!?科学的にも証明されているその理由を紹介しています。

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?