バッティング 下半身が使えない選手必見!練習方法を紹介

バッティング 下半身が使えない選手必見!練習方法を紹介

下半身を使って打て

 

 

 

野球をやっている人であれば一度は耳にしたことがある言葉だと思います。

 

 

 

そして、下半身を使ったスイングを難しいと感じる選手は多く、うまくできない選手や間違った形で身につけてしまっている選手が多くいます。

 

 

 

 

正直、別に下半身が使えないからといってヒットが打てないわけでもないですし、バッティングに必ず下半身が必要かと言われると個人的にはそういうわけでもないと思っています。

 

 

 

 

とは言え、正しく下半身を使ったスイングを身につけることが出来れば、下半身が使えないスイングに比べるとメリットが増えるという点は否定できません。

 

 

 

 

下半身が使えない選手というのは、別にそれ自体が悪いわけではないですが、下半身が使えるようになればバッティングのパフォーマンスにより幅が出るのではないか?というようなことです。

 

 

 

 

これだけ聞くと、下半身を使えない選手は、下半身を使ったスイングを身につけたいと思うのが普通でしょう。

 

 

 

 

しかし、先ほども言いましたが、下半身が使えない選手は非常に多く、難しく感じたり、間違った形で身につけてしまっている選手が多いです。

 

 

 

 

そこで今回は下半身が使えない選手に向けて、下半身を使ったスイングを身につける練習や方法を紹介していきたいと思います。

 

 

下半身を使えることによるメリット

まずはスイング時に下半身が使えない選手が下半身を使えるようになることでどのようなメリットがあるのかを紹介していきます。

 

 

 

 

下半身を使ったスイングの最大のメリットはやはり

 

 

 

より大きな力を加えることができる

 

 

 

 

これが一番大きいと思います。

 

 

 

 

別に手打ちが悪いというつもりはないですが、下半身を使うことにより、手打ちに比べて体重など体全体の力をボールに加えることが可能になります。

 

 

 

 

分かりやすい例としては、立った状態で壁を押してみて下さい。

 

 

 

まずは腕だけの力で押してみて下さい。

 

 

 

これではあまり強い力を壁に加えることが出来ないと思います。

 

 

 

 

より強い力を加えるには、下半身を意識し、体全体の力を壁に加えなくてはいけません。

 

 

 

バッティングでの下半身の役割もこのようなものです。

 

 

 

別に壁を押す際にも下半身を使わなくてもある程度の力で押すことは出来ますよね?

 

 

 

ですが、それをサポートし、より大きな力を加えるために下半身を使う。

 

 

 

 

これがバッティングにおいて下半身を使えることによるメリットです。

 

 

 

下半身が使えないという選手は、下半身を使えるようになることでより大きな力をボールに加えることが出来るようになると思います。

下半身を使ったスイングを身につける

では続いて下半身を使ったスイングを身につける練習を紹介していきます。

 

 

 

まず1つ目は回転式のイスを使った練習です。

 

 

 

座席がクルっと回る回転式のイスを用意してください。

 

 

 

これに座り、普段の構えの位置に足を置き、座った状態でスイングをしていきます。

 

 

 

 

この時、普段下半身が使えない選手の場合スイングをしてもイスがほとんど回転しません。

 

 

 

 

この練習では上半身は特に意識しなくていいです。

 

 

 

イスの回転の利用しながら下半身だけを意識してスイングしてください。

 

 

 

 

下半身が使えない選手の多くは、そもそも下半身を使ったスイングがどんなものかをあまり理解していない選手が多いです。

 

 

 

ですので、まずは下半身を使ったスイングがどんなものかを回転式のイスを使い感覚として身につけていきます。

 

 

 

 

最初はただ座ってスイングするだけでいいです。

 

 

 

慣れてきたら座った状態でティーバッティングを行ってみて下さい。

 

 

 

より実際のスイングに近い感覚にしていきましょう。

 

 

 

 

2つ目はティーバッティングです。

 

 

 

ここで言うティーバッティングは少し違ったやり方をします。

 

 

 

まずは両肘を脇腹につけた状態でバットを握り、自分の体の前に位置させます。

 

 

 

上半身はこの状態で固定してください。

 

 

 

この状態で下半身の回転のみを使いボールを打っていきます。

 

 

 

注意点は両肘が脇腹から離れないこと、下半身を使って振りぬくのではなくボールを打った瞬間にバットを止めるイメージで打つことです。

 

 

 

 

これらを意識しティーバッティングを行ってみて下さい。

 

 

 

ここでは先ほども回転式のイスを使った練習とは違い、実際の試合同様立った状態での下半身の使い方を身につけていきます。

 

 

 

 

下半身が使えない選手の場合最初は全く強い打球が打てなかったり、両肘が脇腹から離れてしまい、上半身の力に頼ってしまうと思います。

 

 

 

最初は出来なくてもいいので先ほど言った2つの注意点だけは守って下さい。

 

 

 

徐々にでいいので下半身のみを使い強いボールを打てるようにしていきましょう。

 

 

 

 

これを繰り返すうちに、おそらく下半身が使えるようになっていくと思います。

 

 

 

だんだん下半身が使えるようになったら、ティーバッティングでネットに打つのではなく、ロングティーのように同じ形に変更し、より遠くへ飛ばすことを意識してください。

 

 

 

 

下半身だけしか使わないこの練習ですが、正しく下半身が使えるようになれば外野の頭を越えるくらい飛ばすことも可能です。

 

 

 

下半身が使えないという選手は、ここまで出来るようになると、いかに下半身を使えることでボールを簡単に遠くへ飛ばすことが出来るかが分かると思います。

 

 

 

 

あとはここまで行った練習を意識しながら実際にバットを振ってボールを打ってください。

 

 

 

 

ここで下半身を正しく使うことが出来ればこれまでとは比較できないほどの打球が打てるようになっていると思います。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回はバッティングで下半身が使えない選手に向けて、下半身を使ったスイングを身につける練習を紹介させていただきました。

 

 

 

記事中でも紹介しましたが、下半身が使えないということは必ずしも悪いわけではないと思っています。

 

 

 

 

変に間違った下半身の使い方を身につけてしまうとかえって打てない原因になってしまいます。

 

 

 

 

しかし、正しい下半身を使ったスイングを身につけることが出来れば、今よりも確実に強い打球が打てるようになります。

 

 

 

 

下半身が使えない、下半身を使ったスイングがよくわからないという選手は、もしよかったら今回紹介した練習メニューを取り入れてみて下さい。

 

 

 

きっとバッティング上達に役立つと思います。

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

 

 

おすすめ記事

ホームランが打てない人と打てる人の違いとは?打球を飛ばす打ち方とは?

 

誰もが憧れるホームラン。打てる選手と打てない選手の違いとは?

 

ロングティーでホームランの打ち方を身に着ける!長打の打ち方

 

ホームランが打ちたいならロングティーをするべき!その理由と効果的なロングティーのやり方を紹介しています。

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング 目を鍛えて打率を上げまくる!関係や重要性とは

 

目を鍛えて打率を上げまくる!目の重要性や鍛え方を紹介しています。

 

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

 

バッティング練習は何をすれば良いのか?打撃上達のためにするべきバッティング練習とは?ロングティーやその他の効果的なバッティング練習を紹介しています。