ホームランは難しくてもヒットは簡単に打てる!

野球 バッティング スイングのポイントと打撃上達方法

野球のバッティングにおいて重要になるのがスイングです。

 

 

 

 

スイング次第で成績は大きく変わると言えるでしょう。

 

 

 

 

スイングがしっかりと出来ていない人と、ただ来たボールをやみくもに打っている選手とでは大きな差です。

 

 

 

 

 

しかし、そうは言うものの、実際バッティングのスイングに関してはいろいろな考え方がありますし、結局何が正解なのか分からないという人が多いと思います。

 

 

 

 

 

今回はそんな野球のバッティングの中でも非常に重要なスイングについて紹介していきたいと思います。

 

バッティング スイングのポイントとは

ではスイングについて紹介していきます。

 

 

 

 

まずスイングについてですが個人的には正解はないと思っています。

 

 

 

 

ここからは私個人の考えかったなのですがバッティングは難しく考えず、ものすごく簡単に言えば、ボールをバットの芯でしっかりと打てるかどうかです。

 

 

 

 

 

もちろん、芯を外したり、体勢やタイミングを外されてもそれをヒットにできるというのは素晴らしい技術です。

 

 

 

 

しかし、極端な話、100%芯で打つことが出来ればその技術も必要がないともいえるでしょう。

 

 

 

 

もちろん、こんなことが出来たら苦労はないのですが、バッティングと言うのは細かい技術を置いておけばこのようにシンプルな物なんです。

 

 

 

 

 

ようは何が言いたいかと言いますと

 

 

 

 

高い確率でバットの芯でボールが打てればそれまでの過程はなんでもいい

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

言い過ぎの部分もあれば、実際、周りから見ればめちゃくちゃなスイングの選手が5割もの打率を残していれば、別に問題はないのです。

 

 

 

 

 

 

以上の点をまとめると、バッティング、スイングのポイントとは

 

 

 

 

高い確率でバットの芯で打てる動き(フォーム)を作り上げることです。

 

 

 

 

 

そんなスイング、バッティングフォームを作ることが出来ればバッティングの成績も上がっていくでしょう。

 

 

 

バッティングフォームの作り方

では次に先ほど言ったようなバッティングフォーム、スイングの作り方について紹介していきます。

 

 

 

 

まずやるべきことは打つポイントの確認です。

 

 

 

 

しっかりと芯で打つためには自分が打ちやすいポイントを自分が知ることです。

 

 

 

 

一般的には両腕を伸ばした位置と上の手側の腕の肘を軽く曲げた位置と言われていますが、これも非常に曖昧です。

 

 

 

 

 

実際には個人で微妙に違ってきますのでその微妙な違いを修正していくことでスイングを作っていきます。

 

 

 

 

方法としてはピッチャーが投げた球をピッチャーにワンバウンドで返すトスバッティングがおすすめです。

 

 

 

 

色々なコースの球をどのポイントで打てばしっかりとピッチャーに返せるのかを自分で確認しながら自分に合ったポイントを探していきましょう。

 

 

 

 

 

それを終えたら次にティーバッティングでそのポイントで打つスイングを体に覚えさせていきます。

 

 

 

 

 

ここでは先ほどまでとは違いしっかりと強くスイングすることを心がけましょう。

 

 

 

 

力強く振ってもしっかりと自分のポイントでスイングができるかどうかがこの練習のポイントです。

 

 

 

 

投げてくれる人には各コースにトスしてもらうようにしてもらってください。

 

 

 

 

これは地味といいますか、あまり楽しくないメニューですがここでしっかりとスイングを体に身に着けると後々大きく差が出ます。

 

 

 

 

 

ここまで出来たらあとはこれらの練習を毎日のように量と時間は減らしていってもいいので続けて下さい。

 

 

 

 

毎日繰り返すことが打撃成績の維持には欠かせません。

 

 

 

 

 

あとは実際にフリーバッティングなどのピッチャーの生きた球を打つ練習でより実践向きに調整していきます。

 

 

 

 

 

これでスイングの基礎やポイントとなる部分は身についていきます。

 

 

 

 

これにあとは先ほど紹介したようにバットの芯で打てる確率が上がるようにタイミングの取り方や構え、などを自分に合ったものを探していってください。

 

 

 

 

 

ここまでで身に着けたスイングの基礎やポイントを押さえておけばよっぽどおかしなことをしない限りはバッティングに支障はないと思いますのでいろいろと試して自分に合ったスイングを作り上げていきましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回はバッティングのスイングについて紹介させていただきました。

 

 

 

 

記事中でも紹介したように多少極端すぎる部分もありますが、バッティングとは意外とシンプルなものです。

 

 

 

 

世の中にあるいろいろなバッティングに関する情報をもとにいろいろと足していこうとするあまり結果的に悪い方向に行くことも多いです。

 

 

 

 

これが悪いわけではないのですが、やはりしっかりとスイングの基礎やポイントは抑えておく事が大切です。

 

 

 

 

そのうえでいろいろなことを足していくことで自分のスイングを完成させていきましょう。

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

人気記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!