グリップエンドから振れという指導の意味と身につけ方

グリップエンドからバットを振れ!グリップエンドからバットを出せ!

 

 

 

 

このような指導を受けたことがある選手や、耳にしたことがある選手は多いかと思います。

 

 

 

 

そして、意外と多いのがこのグリップエンドから振るということを正しく理解できていなかったり、よく意味が分かっていない選手。

 

 

 

 

また、間違った捉え方をしてしまい、逆にバッティング悪い影響をもたらすスイングになっている選手も多くいます。

 

 

 

 

 

ではこのグリップエンドから振れという指導は一体どういった意味なのか?正しく身につけるにはどうすればいいのか?

 

 

 

 

今回はグリップエンドから振れという指導についていろいろと紹介していきたいと思います。

 

グリップエンドから振れという指導の意味

グリップエンドから振れという指導は一体どういう意味なのか?

 

 

 

 

簡単に言えばグリップエンドから振れというのはインサイドアウトのスイングを教える際によく用いられる表現で、グリップエンドから振れというのは要はインサイドアウトのスイングをするということです。

 

 

 

 

バットを振る際に、体の近く、体の内側は通るようにスイングすることをインサイドアウトのスイングと言うのですが、このスイングがバッティングでは理想であり、基本と言われています。

 

 

 

 

このインサイドアウトのスイングをする際にバットはグリップエンドから出てきますのでグリップエンドからバットを振れとよく言われるのです。

 

 

 

 

 

グリップエンドから出すイメージでスイングをすることでインサイドアウトのスイングをイメージしやすく、そして身につけることが目的です。

 

 

 

 

 

以上のよくに、グリップエンドから振れという指導の意味は、インサイドアウトのスイングをしなさいという意味だと思ってください。

 

 

 

注意点

では続いてグリップエンドから振るスイングの注意点について紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

私は、このグリップエンドから振れという指導は間違っているとは思っていませんし、分かりやすい指導だと思っています。

 

 

 

 

しかし、グリップエンドから振るスイングというのを勘違いしてしまっている選手も多くいますので、そうならないための注意点を紹介します。

 

 

 

 

まず1つ目はグリップエンドから出すスイング、つまりインサイドアウトのスイングを意識するあまり窮屈なスイングにならないように注意してください。

 

 

 

 

インサイドアウトのスイングと窮屈なスイングは当然違います。

 

 

 

グリップエンドから出そうと意識するあまり、窮屈なスイングにならないように注意してください。

 

 

 

 

2つ目は腕だけで打ってしまわないように注意してください。

 

 

 

 

グリップエンドから出そうと意識しすぎて、腕だけで振ってしまったり、上半身が前に突っ込んでしまう選手が多くいます。

 

 

 

 

グリップエンドから出すことは重要ですが、スイングはそれだけではありません。

 

 

 

 

下半身はもちろん、上半身、そして腕からバットまですべてをうまく動かすことで初めてスイングになります。

 

 

 

 

グリップエンドから出すスイングを意識するのは大切ですが、意識しすぎて腕だけで打たないように注意してください。

グリップエンドから出すスイングを身につける方法

では続いてグリップエンドから出すスイングを正しく身につける方法を紹介していきます。

 

 

 

 

グリップエンドから出すスイングを身につけるにはある練習をすれば正しく身につけることができます。

 

 

 

 

それが短尺バットを使ったティーバッティングです。

 

 

 

 

短尺バットとは名前の通り短いバットのことで、それを使用しティーバッティングを行っていきます。

 

 

 

 

短尺バットを使用する目的としては、まずはグリップエンドから出すスイングをしやすく、体に覚えさせやすいという事です。

 

 

 

 

実際に短尺バットでスイングをするとお分かりいただけるのですが、バットが短い分、グリップエンドから体の近くを通るインサイドアウトのスイングがしやすいです。

 

 

 

 

これだけでもグリップエンドから出すスイングを身につけるのに効果があります。

 

 

 

 

しかし、これだけですと、先ほども紹介した窮屈なスイングと勘違いしてしまう選手も出てきてしまいます。

 

 

 

 

そこでティーバッティングで実際にボールを打っていきます。

 

 

 

 

短尺バットで力強い打球を打つにはグリップエンドから正しい軌道のスイングでボールを打たないと難しいです。

 

 

 

 

当然、勘違いした窮屈なスイングでは強い打球は打てません。

 

 

 

 

なので短尺バットで実際にボールを打つことで正しいグリップエンドから出すスイングを身につけることができます。

 

 

 

 

また、短尺バットを使用しティバッティングを一通り行ったら、その後普通のバットでもティーバッティングを行ってください。

 

 

 

 

ここまで身につけたスイングを実際に試合で使う長さのバットでもできるようにスイングを作っていきます。

 

 

 

 

以上がグリップエンドから出す練習です。

 

 

 

短尺バットを使用したバッティング練習についてはバットを内側から出す練習を紹介!インサイドアウトのスイングの身につけかたで詳しく紹介していますので良かったら正しいバットの出し方を身に着ける練習として短尺バットでのバッティングを取り入れてみて下さい。

 

 

デサント DESCENTE メンズ 野球 硬式 短尺バット 木製ワンハンドバット(トップバランス) DKB-7712

価格:3,620円
(2016/12/31 16:47時点)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回はグリップエンドから振れという指導の意味と正しく身につける方法について紹介させていただきました。

 

 

 

 

記事中でも紹介しましたがグリップエンドから振れという指導はインサイドアウトのスイングを指導するのに非常に分かりやすいですが、間違った理解をしないように注意してください。

 

 

 

 

グリップエンドから出すスイングというのを正しく理解し、そして正しく身につけ、今よりも良いバッター、良い成績が残せるように頑張って下さい。

 

 

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

関連記事

バッティング グリップから出すインサイドアウトのスイングを身に付ける

 

バッティングはグリップから出すインサイドアウトのスイングが基本です。インサイドアウトのスイングを正しく身に着ける練習を紹介。

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

レベルスイングの練習方法!わかりやすい野球バッティング上達方法

 

理想のスイングであるレベルスイングを身に着ける練習方法とは?非常に分かりやすいレベルスイングの練習方法を紹介しています。

 

レベルスイングのメリットを知りヒットを量産!野球バッティング上達

 

レベルスイングのメリットを知るとヒットが量産できる!?そんなレベルスイングのメリットとは?