少年野球 バッティング時の頭の位置の指導が重要!

少年野球 バッティング時の頭の位置の指導が重要!

少年野球をプレーする選手に指導をする際にどういったことを指導していますか?

 

 

 

 

おそらくですが、技術面やスイングなどに関した指導をする方が多いと思います。

 

 

 

 

もちろんこれを間違いだというつもりはないですが、たまにものすごく細かいバッティング指導をしている方がいると聞きます。

 

 

 

 

詳しくは小学生のバッティング上達方法 やってはいけない指導方法とはで紹介していますが、個人的には少年野球をプレーする時期にあまり細かいことを教えると後に苦労する可能性があると思っています。

 

 

 

 

どういうことか簡単に説明すると、バッティングフォームや、スイングなどは個人差がある部分がありますし、本人の微妙な感覚の違いによってある人にとっては正解であるバッティングフォームも、その人にとっては不正解なんてこともよくある話です。

 

 

 

特にまだ自分の体を思うように完全に使うことが出来ない少年野球の時期ですと、そういった指導で変なクセがついてしまう選手も多くいます。

 

 

 

 

少年野球では、ああしろ、こうしろと細かい技術を教えるよりも、やってはいけないことを教えてあげることが大切だと思っています。

 

 

 

 

そのバッティング時にやってはいけないことの1つがタイトルにもある頭の位置です。

 

 

 

 

バッティング時の頭の位置でバッティングの成績は大きく変わりますし、特に少年野球時期にバッティング時の頭の位置の重要さを知っているかどうかでその後に大きく関わってきます。

 

 

 

 

今回はそんな少年野球におけるバッティング時の頭の位置について紹介していきたいと思います。

 

頭の位置の重要性

では早速、少年野球のバッティングにおける頭の位置の重要性について紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

バッティング時の頭の位置というのは、少年野球に限った話ではなく、ものすごく重要なのですが、個人的には特に少年野球では重要だと感じています。

 

 

 

 

頭の位置というのはより正確に言うと

 

 

 

バッティング時に頭の位置が動いてしまっていないか?

 

 

 

ということを意味します。

 

 

 

先ほども言いましたが、少年野球頃の選手ですと、まだ自分の体を思うように使えないという選手も多くいます。

 

 

 

それも原因の1つになり、バッティング時に頭の位置が動いてしまっている選手が多いです。

 

 

 

ではなぜバッティング時に頭の位置が動くとダメなのかを説明します。

 

 

 

 

最も分かりやすい例ですと、頭を動かしながらある一点の物を見るのと、頭の位置を固定して見るのとでは見え方は全然違うと思います。

 

 

 

 

これをバッティングに置き換えると、ピッチャーの投げえたボールを見る時に頭の位置が動いてしまうと、それだけボールもブレて見えたり、揺れて見えたりしてしまうのです。

 

 

 

実際にわざと頭の位置を動かしながらバッティングをしてみると分かると思います。

 

 

 

 

頭の位置が動く範囲が大きくなるにつれ、ボールがブレる範囲も大きくなり、バットに当てる、ジャストミートするのが難しくなっていきます。

 

 

 

 

もちろん少年野球でもわざと頭の位置を動かしながらバッティングをするという選手はいないと思いますが、こういったことが頭の位置が動くと起きているという事を知っておいてください。

 

 

 

 

そして、このように頭の位置が動いてしまうというのは、無意識に動いてしまっている選手が多く、特に少年野球では多いです。

 

 

 

 

小学校高学年の選手でも多くいますが、特に低学年や野球を始めたばかりの頃の選手ですと、バットを振ること、スイングすること自体慣れない動きですし、どうしても頭の位置が動いてしまいます。

 

 

 

 

この時期は正直別にスイングが上手くできない、スイングがまだまだ綺麗ではなくても別に良いと思っています。

 

 

 

スイングという動き、バットを振るという動作に慣れていけば自然とバットは振れるようになります。

 

 

 

 

細かい指導はそれからで十分ですし、スイングもまだぎこちない状態で細かいことを教えても出来ないでしょう。

 

 

 

ですが、頭の位置を動かさないというのは意識さえすれば出来るようになります。

 

 

 

細かいことは後に教えてあげればいいですが、バッティング時に頭の位置が動くとダメだということを知っているか知っていないで大きく差が出ます。

 

 

 

 

実際、少年野球以外の、中学、高校、それ以上でも頭の位置が動いてしまっている選手は多くいます。

 

 

 

ですので、無意識に頭の位置が動いてしまうことが多い少年野球の時期にその点を教えてあげると、少年野球でのバッティング成績はもちろん、その後のバッティングにも活きてくると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回は少年野球でのバッティング時の頭の位置について紹介させていただきました。

 

 

 

 

記事中でも紹介しましたが、バッティング時の頭の位置はものすごく重要です。

 

 

 

 

そして少年野球頃の選手ですと、無意識に頭の位置が動いてしまっている選手が多いです。

 

 

 

 

これは自分では気づかないことが多いのでやはり周りの指導者が指摘をしてあげることが大切になります。

 

 

 

少年野球ならまだいいですが、野球を続けていくのであればどんどん球速も上がってきますし、変化球にも対応しなくてはいけなくなります。

 

 

 

そうなってくると、わずかな頭の位置のズレによるボールの見え方の差でバッティングの成績は大きく変わってきます。

 

 

 

頭の位置が動いてしまう選手が多い少年野球の時期にしっかりと改善しておくと、今後に活きてくると思いますよ。

 

 

少年野球におけるバッティング指導

バッティングは非常に難しく、いろいろな技術などを教えらえることが多いです。

 

 

 

 

 

特に少年野球時代は基本が大事だと、あらゆることを叩きこまれます。

 

 

 

 

しかし、特に少年野球の場合は、バッティングは非常にシンプルで、たった3つのことを覚え、身に着けるだけで打率は一気に上がると言われています。

 

 

 

 

1日たった20分の練習でバッティングは一気に上達します。

 

 

 

 

数多くの少年野球選手の打撃を変えてきた練習メニューです。

 

 

 

 

特に少年野球をしているお子さんをお持ちの方や、少年野球チームの監督やコーチをしている方にはおすすめのバッティング練習です。

 

 

 

現役少年野球監督だけが知るバッティング術 詳しくはこちら

 

 

おすすめ記事

息子へのバッティング指導方法 少年野球におけるバッティング上達方法

 

小学生の息子や小学生に野球を教えている方必見!少年野球におけるバッティング指導方法と、バッティング上達方法を紹介しています

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング 頭が動くと打率も下がる!スイング時に気をつける事

 

バッティング時に頭が動いていませんか?それは確実に打率を下げる原因になっています。詳しくはこちらの記事

 

バッティング 目を鍛えて打率を上げまくる!関係や重要性とは

 

目を鍛えて打率を上げまくる!目の重要性や鍛え方を紹介しています。

 

バッティング ボールの見方や目線で打率が大きく変わる

 

バッティング時のボールの見方や目線で打率は大きく変わります。あなたは大丈夫でしょうか?

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

 

バッティング練習は一体何をすれば良いのか?何をすればバッティングが上達するのか?本当に効果があるバッティング練習を紹介しています。