ホームランは難しくてもヒットは簡単に打てる!

バッティング 振り遅れる原因とたった2つの解決方法とは?

バッティングの時に、どうしても振り遅れてしまう

 

 

 

 

このように、振り遅れてしまうという悩みを持っている選手は多く、実際そういった質問もよく受けます。

 

 

 

 

振り遅れるということは、タイミングが合っていないということですで、自分のスイングが出来ず思うような結果につながらないことが多くなります。

 

 

 

 

 

もちろん、ピッチャーも打者のタイミングを外そうと工夫して投げていますので絶対に振り遅れないようにするというのも難しい話ではありますが出来るだけタイミングは合わせたいところです。

 

 

 

 

 

では、振り遅れないためにはどうすればいいのか?

 

 

 

 

今回はそんなバッティングの振り遅れについて紹介していきたいと思います。

 

振り遅れの原因

そもそもなぜ振り遅れるのか?

 

 

 

 

 

これに関してはいろいろと考え方はあるのですが個人的には

 

 

 

 

・ピッチャーにタイミングを外されている

 

 

 

 

 

・スイングスピードが遅い

 

 

 

 

 

ほぼこの2つだと思っています。

 

 

 

 

 

自分自身がピッチャーだったということもあり、ピッチャー心理からするといかに打者のタイミングを外し、体勢を崩させて打たせるかを考えて投げています。

 

 

 

 

 

そのために緩い球を投げて緩急をつけたり、内外の出し入れをしていきます。

 

 

 

 

 

振り遅れないためにタイミングを合わせようとバッターは当然します。

 

 

 

 

 

しかし、対するピッチャーもバッターのタイミングを外そうとボールを投げます。

 

 

 

 

 

 

このように相手ピッチャーの思うようにタイミングが外された場合、振り遅れることが増えるでしょう。

 

 

 

 

 

あとはシンプルにスイングスピードが遅いのが原因の可能性もあります。

 

 

 

 

 

自分が思うベストなタイミングにスイングスピードがついてきておらず、結果的に振り遅れてしまうという選手もいます。

 

 

 

 

 

以上がバッティング時に振り遅れる原因です。

 

 

 

振り遅れの解決方法

では次に振り遅れの解決方法について紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

振り遅れを解決するにあたって、最も効果があり、手っ取り早いのがタイミングをとる技術を上げることです。

 

 

 

 

 

振り遅れは、タイミングがしっかりと合わせる事が出来れば解決します。

 

 

 

 

なのでタイミングをとる技術を上げることで振り遅れは解決できます。

 

 

 

 

 

タイミングと言うのはほとんどの人が無意識に取っていると思いますが実はタイミングには取り方というものがあります。

 

 

 

 

詳しくはバッティング タイミングの取り方が早い 下手という人の練習でも紹介していますがタイミングの取り方は大きく分けて2つあります。

 

 

 

 

 

1つは下半身でタイミングをとる方法です。

 

 

 

 

こちらは最も一般的なタイミングの取り方で、プロ野球選手でいうと坂本勇人選手などがこの代表的な例です。

 

 

 

 

 

下半身でタイミングをとるというのは簡単に言えば、バッティングフォームの中で行う体重移動などを行いながら下半身でピッチャーとのタイミングを取りながらスイングをしていきます。

 

 

 

 

 

おそらく、タイミングについて深く考えたことがないという人や無意識にタイミングをとっているという人はこのタイミングの取り方が多いです。

 

 

 

 

 

2つ目は上半身でタイミングをとる方法です。

 

 

 

 

こちらは先ほどとは違い上半身で、というよりは腕やバットの動きなどでタイミングをとる方法です。

 

 

 

 

私自身はこの上半身でタイミングをとる方法でした。プロ野球選手でいうと山田哲人選手はこの上半身でタイミングをとっている代表例です。

 

 

 

 

 

こちらの方法はバッティングをフォームの流れでタイミングをとる先ほどの下半身での方法とは違い、イメージとしては上半身(主に腕やバットなど)でピッチャーとのタイミングを合わせてスイングに入ります。

 

 

 

 

 

このようにタイミングの取り方にも色々とあります。

 

 

 

 

振り遅れを解決するために、タイミングを取る技術を上げるのが最も効果がありますし、バッティング自体に活きてくると思いますのでおすすめです。

 

 

 

 

上半身、下半身でのタイミングの取り方については下の記事で詳しく紹介していますので良かったらご覧ください。

 

 

【野球】タイミングの取り方!山田哲人と坂本勇人に学ぶ

 

 

 

 

 

他の振り遅れの解決方法としてはスイングスピードを上げることです。

 

 

 

 

スイングスピードを速くすれば今まで振り遅れていた球にも対応できるようになります。

 

 

 

スイングスピードの上げ方については下の記事で詳しく紹介していますので良かったらご覧ください。

 

 

スイングスピードを速くする方法や練習を紹介!【野球バッティング】

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回はバッティングで振り遅れるという人に向けてその原因や解決方法について紹介させていただきました。

 

 

 

 

振り遅れる回数を減らすことが出来れば今よりも打率が上がる可能性も高くなるでしょう。

 

 

 

 

 

今回紹介した内容が少しでも振り遅れの解決に役に立ち、今よりも良いバッターになれることを願っています。

 

 

 

 

元ドラフト1位が教えるバッティング上達方法

91年大阪桐蔭の4番打者として、高校野球で全国制覇を果たし、92年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団した萩原誠選手をご存知でしょうか?

 

 

 

バッティングの指導を受ける中でよくわからない事や、そもそもその指導自体が間違っていることが良くあります。

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすにはどうすればいいのか?強い打球を打つにはどうすればいいのか?

 

 

 

ある運動を行った時、どの筋肉がどのように骨格等に力を加えて関節を動かしその運動が生じるかという事を科学的に分析する学問である機能解剖学を活かした正しい体の使い方やバッティングの上達方法とは?

 

 

 

社会人野球であるIBMのバッティングを指導し、すでに、色々な癖がしみ込んでいる経験の長い選手たちの打率を、わずか1年で、2割から3割にアップさせた実績を誇るバッティング指導とは?

 

 

他にもバッティング全般に役に立つバッティング上達方法を紹介しています。

 

 

 

ドラフト1位指名、背番号31、三塁手ということで「掛布2世」、「ミスター・タイガース」として期待されていた萩原選手が教えるバッティング上達方法とは一体?

 

 

 

詳しくはこちら

関連記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振る!?科学的にも証明されているその理由を紹介しています。

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!