ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

力の入れ方と抜き方

力を抜いてとか、リラックスしてなどというのはよく言われることです。

 

 

常に力を抜いた状態でバッティングが出来る人は良いのですが、出来ない人もいます。

 

 

出来る人は今回紹介することは別に実践しなくても大丈夫です

 

 

あくまで参考程度に。

 

 

力が抜けない人は、もちろんリラックスしようという意識はあるはずなのです。

 

 

ではなぜリラックスや力を抜くことが出来ないのでしょうか?

 

 

理由はこれだ!という風には申し訳ないのですがわかりませんが、おそらくこれらのパターンが多いと思います。

 

 

・そもそも強い打球を打つのに力を入れずに打てないだろという矛盾を主張する人

 

 

・力を抜こうとするが結果を求めるあまり、無意識に力が入っている人

 

 

・チャンスでの打席や僅差の試合での打席で力んでしまう人

 

 

・野球以外の日常から緊張しやすい人

 

 

おそらくこのパターンがほとんどだと思います。

 

 

ではどのように力を抜くのか、僕がやっていたことを紹介します。

 

 

バットを握らない

バットを握らないというのは、右バッターなら右手、左バッターなら左手、つまりバットを持つときに上にある手です。

 

 

はじめに言っておきたいのは、力んではいけないとわかっていて力んでしまう人は、技術どうこうの前にメンタルの問題です。

 

 

そのメンタルの問題を僕が直そうとしても結局は個人の問題になるのでメンタルに関してはどうすることもできません。

 

 

ですが体をリラックスさせることでメンタルの部分にも少し余裕ができる場合があると思っています。

 

 

そこで先ほど言ったバットを握らないというのを説明します。

 

 

握らないというのは少々言いすぎですが、正確には親指でバットを支えるだけの状態です。

 

 

これをやるだけでだいぶ変わります。

 

 

こころがリラックスできないのなら体だけでも力を抜きます。

 

 

いかなる状況でも、たとえばチャンスや僅差の試合、一打逆転の場面など。

 

 

こういった場面では気持ちが入るのは当たり前です。

 

 

ですが親指でバットを支えるだけというの常に当たり前の動きとしてやっているだけで気持ちが入っている心とは逆に体は力を抜くことができます。

 

 

別にこの動きは僕がやっていただけなので絶対やったほうが良いというわけではないのですが心に余裕を作れない人は何かしらの形で体には余裕を持たせることが必要です。

 

 

 

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!