ホームランが打てない人と打てる人の違いとは?打球を飛ばす打ち方とは?

ホームランを打ちたい!

 

 

 

野球をやっている人であれば誰しもが思うことだと思います。

 

 

 

 

たった1振りで最大4点を奪うことができるホームランはバッティングにおいて最高のパフォーマンスともいえるのではないでしょうか?

 

 

 

 

しかし、ホームランは簡単には打てませんし、ホームランを1度も打ったことがないという選手も多くいます。

 

 

 

 

ホームランが打てないと、悩む選手は多くいます。

 

 

 

 

では、ホームランが打てない選手と、打てる選手の違いとは一体何なのか?

 

 

 

 

またホームランはどのようにして打つのか?

 

 

 

 

今回はそんなホームランが打てないという人に向けて、ホームランの打ち方について紹介していきたいと思います。

 

ホームランには筋肉が必要?

まず多くの選手がホームランを打つためには筋肉、筋力が必要であると思っています。

 

 

 

 

私はこれを完全に否定するつもりはないですが、個人的にはホームランが打てないからと言って筋力強化のために筋トレを多く行うのはおすすめできません。

 

 

 

 

 

理由に関してはいくつかあるのですが、まず1つ目がそもそもホームランを打つのに筋力や筋肉は絶対に必要ではないということです。

 

 

 

 

もちろん、筋力や筋肉があることでボールに多くの力を伝えることが伝えることもできます。

 

 

 

 

しかし、これに関しては後に説明しますが、あくまで筋肉をしっかりと使えた場合の話です。

 

 

 

 

それに筋力に頼らずとも、体全体の力をスイングによってしっかりとボールに伝えることが出来れば、ボールは割と簡単に遠くへ飛ばすことは出来ます。

 

 

 

 

以上のことから、ホームランが打てないからと言って、とりあえず筋力強化をするというのは効果はないとは言いませんが、必要はそこまでないと思いますし、それよりもボールに力を伝えることのできるスイングを身に着けることの方が重要だと感じます。

 

 

 

 

2つ目に、先ほど少し紹介しましたが筋力の強化は良いのですが、その筋肉を十分に扱えるのか?パフォーマンスに活かすことができるのか?

 

 

 

 

これが非常に重要になります。

 

 

 

 

やみくもに筋力強化をしたところで、その筋肉をしっかりと使うことができるのか?

 

 

 

 

分かりやすくするために極端な例を出しますが、例えば身長が150センチの選手が体重が80キロあたりになるまで筋力をつけたとします。

 

 

 

 

この時、確かに筋力はあるかもしれませんが、バッティングというのはスイングという動きの中でボールに力を伝えます。

 

 

 

 

 

その筋力を活かすスイングをその体で出来るのか?と言われると疑問があります。

 

 

 

 

極端な例ではありますが、人にはある程度体のバランスのようなものがあると思っています。

 

 

 

 

当然、ホームランの打ち方を知ったからと言ってホームランを100%打てると言わけではないです。

 

 

 

 

ホームランが打てるというのはバッティングにおいて素晴らしいことですが、ホームランが全てではありません。

 

 

 

 

そういったバッティング全体のパフォーマンスの面を考慮するとやはり、やみくもに筋力強化をし、ホームランを打とうとするのは良くないと思います。

 

 

 

 

もし、筋肉をつけるのであれば、自分がしっかりと扱えるだけの筋肉をつけることが大切です。

ホームランが打てない人がするべき練習

では続いてホームランが打てない、またはホームランが打ちたいという人におすすめのバッティング練習を紹介します。

 

 

 

 

今回紹介するホームランが打てない人におすすめのバッティング練習はロングティーです。

 

 

 

 

 

ホームランを打つには、打球を遠くへ飛ばすには、そういったスイングを身に着ける必要があります。

 

 

 

 

そのスイングを身に着けるのにロングティーは非常に効果があります。

 

 

 

 

個人的にホームランが打てないという人が身に着けるべきことは

 

 

 

 

体全体の力をボールに伝えるスイング

 

 

バットを入れる角度

 

 

バックスピンを加える技術

 

 

 

主にこの3つだと思っています。

 

 

 

 

 

ロングティーはピッチャーの投げたボールを打つのではなく、トスされたボールを打ちますので、ボールを飛ばすのに反発力に頼ることができません。

 

 

 

 

 

これはつまり、自分のスイングによるものでしかボールを飛ばすことができないということであり、自分のスイングの状態がそのまま打球に表れるのがロングティーの最大の特徴です。

 

 

 

 

 

どのようなスイングをすればロングティーで打球をより遠くへ飛ばすことができるのか?

 

 

 

 

そういったことを考えながらロングティーを行うと、自然と先ほど紹介したホームランを打つために必要な3つのことが必要になり、どのようにスイングをすれば3つのことができるようになるのかが分かってくるようになります。

 

 

 

 

そんなロングティーを続けることでロングティーでの飛距離はもちろんですが、実際のバッティングでも飛距離が伸び、ホームランも打てるようになると思います。

 

 

 

 

以上ことから、ホームランが打てないという人にはロングティーをおすすめしています。

 

 

 

 

ロングティーを行う中でホームランを打つのに必要なことを身に着けていきましょう。

 

 

 

またロングティーの細かいやり方や、意識すべき点、先ほど紹介した3つのことを身に着ける方法などについては下の記事で詳しく紹介していますので良かったら参考にしてください。

 

 

ロングティーの効果的なやり方を紹介!野球 バッティング上達方法

 

ロングティーの飛距離を伸ばすには 打球を飛ばす方法を紹介

 

ロングティーでホームランの打ち方を身に着ける!長打の打ち方

 

 

他にはバックスピンティーバッティングおすすめです。

 

 

 

バットを入れる角度によってはボールに強烈なバックスピンを加えることができ、打球を遠くへ飛ばすことが可能になります。

 

 

分かりやすいイメージとしては、バットを上から叩くようにボールを打てばボールの上側を叩くことになりトップスピン(順回転)がかかります。

 

 

 

これだと鋭いゴロは打てますが、遠くへ伸びる打球は打てません。

 

 

逆にボールに対しバットを下から、またはレベルスイング(水平)で打ち、ボールの下側を捕らえればバックスピンがかかり打球は上がりやすく、さらに伸びやすくなります。

 

 

 

近年、話題になっているフライボール革命とは簡単に言ってしまえばこのことで、アッパー気味なスイングでフライを打ち上げるイメージで振ることでボールにバックスピンを加えてボールをより遠くへ飛ばすということです。

 

 

 

ホームランアーチストと呼ばれる選手たちはこのバットの入れ方や、バックスピンのかけ方を知っています。

 

 

 

パワーがなくてもバットの入れ方やバックスピンをかけられるかどうかで打球の飛距離ははっきりと変わってきます。

 

 

 

そんなバットの入れ方と、バックスピンを加えるスイングを身につける練習がバックスピンティーバッティングです。

 

 

ティーバッティングで使われるティースタンドを使った練習メニューなのですが従来のティースタンドは

 

 

FBT-351 スウィングパートナー野球 バッティング練習 バッティングティー ボール不要 ティーバッティング 野球 打撃練習器具バッティングティー硬式

 

 

 

このような形のボールを置くタイプのものが多いです。

 

 

 

ですがこのタイプのティースタンドですと置いてあるボールを打つため、どうしても上から打つスイングになってしまいます。

 

 

 

これではトップスピンがかかった打球になってしまい打球は遠くへは飛びません。

 

 

 

打球を飛ばすためのスイングを身につけるティーバッティングはボールを吊るすティースタンドを使うことで身につけることが出来ます。

 

 

 

あす楽 backspin Tee 野球用 ティースタンド バッティングティー バックスピンティー スタンダード 並行輸入品

 

 

 

このようなティースタンドを使ってティーバッティングを行っていきます。

 

 

この練習メニューはメジャーリーグの約30球団をはじめ、日本のプロ野球球団やアマチュア野球のチームでも多くのチームが取り入れています。

 

 

 

また、セッティングも1人で簡単に出来るため個人のトレーニングとして使いやすいのも特徴です。

 

 

 

この練習で打球を飛ばすためのバットの入れ方や、バックスピンをかけるスイングを身につけることができ、打球の質は明らかに変わると思いますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回はホームランが打てない人やホームランが打ちたいという人に向けてホームランの打ち方について紹介させていただきました。

 

 

 

 

ホームランを打てないという方は、今回紹介したロングティーを行う中でホームランを打つのに必要なことを身に着けていきましょう。

 

 

 

 

ロングティーで打球が飛ぶようになれば、それだけホームランが打てるようになったともいえると思います。

 

 

 

 

ホームランを量産できるバッターを目指して頑張って下さい。

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

バッティングには上達、打率を上げる妨げになる要素がが7つあります。

 

 

 

それが

 

 

・肩に力が入っている

 

・ボールを待てない、打ちに行ってしまう

 

・体の開き

 

・体が突っ込んでしまう

 

・バットが悪い形で下から出る

 

・スイングが外回りしてしまっている

 

・バットが出てこない

 

 

この7つです。

 

 

 

バッティングにおいてまず大切なのは基礎を作ること、基本的なスイングを身に着けることです。

 

 

これが出来ずにいろいろな技術などを身に着けようとしたり、取り入れようとしても基礎となるスイングが正しく出来ていないとなかなかバッティング上達にはつながりません。

 

 

 

そしてこの7つの要素に焦点を集中させることで、7日間で正しい基礎となるスイングを身に着けることが出来ます。

 

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

関連記事

メジャーリーグで大流行!ホームランを打てるようになる練習を紹介!

 

メジャーリーグで大流行したホームランを打てるようになるバッティング練習とは?

 

ホームランバッターのスイングは何が違うのか?

 

なぜあの選手はホームランをたくさん打てるのか。ホームランバッターとのスイングの違いを徹底解説!ホームランを打ちたい選手必見です。

 

ロングティーの飛距離を伸ばすには 打球を飛ばす方法を紹介

 

ロングティーで飛距離を伸ばすにはどうすればいいのか?ロングティーで打球を飛ばすために必要なことを紹介しています。

 

ロングティーの効果的なやり方を紹介!野球 バッティング上達方法

 

効果的なバッティング練習として知られるロングティーをより効果のあるものにする方法とは?ロングティーの正しいやり方を紹介しています。

 

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

 

バッティング練習は何をすれば良いのか?打撃上達のためにするべきバッティング練習とは?ロングティーやその他の効果的なバッティング練習を紹介しています。

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング 打球が飛ばない人必見!飛距離を伸ばす方法を紹介

 

なぜ打球が飛ばないのか?またどうすれば打球が飛ぶようになるのか?打球の飛距離を伸ばす方法を紹介しています。