野球 バッティング タイミング 取り方 下手 早い 練習

バッティング タイミングの取り方が早い 下手という人の練習

バッティングにおいて重要なことの中に

 

 

タイミング

 

 

というものがあります。

 

 

たかがタイミングと思う人もいるかもしれません。

 

 

しかしタイミングって結構奥深いところがあります。

 

 

選手によっては

 

 

タイミングはバッティングの全て

 

 

このように言う選手もいます。

 

 

ヤクルトの山田哲人選手もそのうちの一人です。

 

 

しかし、タイミングが大事と言われても、ただタイミングを取るだけでは?

 

 

そう思う人が多いと思います。

 

 

確かに、そう言われるとそうかもしれませんがタイミングの取り方にしてもいろいろな方法がありますし。

 

 

実際タイミング取り方が下手、または早いなどと練習方法を質問されることも結構多いです。

 

 

そこで今回はバッティングのタイミングについて、特にタイミングが早い人やタイミングを取るのが下手という人に向けて練習方法などを紹介したいと思います。

 

なぜバッティングのタイミングが重要なのか?

まずタイミングがなぜバッティングにおいてそこまで重要なのかを説明します。

 

 

まず私の個人的な考えなのですがバッティングとは

 

 

いかに自分のバッティングフォームで振れるか

 

 

これが最も重要だと思っています。

 

 

私がこのサイトで紹介している独自の練習メニューを実践してくれている方はなおさらです。

 

 

自分のバッティングフォームで振れることが打率を上げるためには重要です。

 

 

なのでタイミングを崩されると自分のバッティングフォームで振ることが出来なくなってしまいます。

 

 

もちろん崩されても打てる(イチロー選手のような)のが究極です。

 

 

しかし皆が皆イチロー選手のような崩されても打てる天才的なバッティングは出来ません。

 

 

なので基本的には崩されても打てる

 

 

よりも

 

 

崩されないようにする。

 

 

という意識を持っていたほうが良いと思います。

 

 

もちろんピッチャーもバッターのタイミングを崩すことを意識しています。

 

 

人によって違うかもしれませんがコースや球種、緩急など。

 

 

その順番や配給は基本的にはバッターのタイミングを外すことを前提に組み立てています。(私自身ピッチャーでした)

 

 

逆に、バッターはタイミングを外されないように配球を読んだりするわけです。

 

 

ピッチャーの立場としてはタイミングさえ外せばこっちの勝ちという気持ちでした。

 

 

このようにタイミングはものすごく重要なんです。

 

 

自分のバッティングフォームがしっかりできている人はなおさらです。

タイミングの取り方

ではタイミングはどのようにして取れば良いのか?

 

 

実はタイミングの取り方にもいろいろあるんです。

 

 

一番多くの人が無意識に実践しているのが

 

 

下半身でタイミングを取る

 

 

というものです。(呼び方は私が勝手に読んでいるだけです)

 

 

これは字のままなのですが下半身の体重移動の流れでピッチャーとのタイミングを合わせるというものです。

 

 

プロ野球選手でわかりやすいのは巨人の坂本勇人選手です。

 

 

坂本選手はとてもわかりやすく下半身でタイミングを取っています。

 

 

(坂本選手のタイミングの取り方のはこちらの記事で詳しく説明しています。)

 

 

そして他には私自身も実際にやっていたもので

 

 

上半身でタイミングを取る

 

 

というものもあります。

 

 

こちらは人それぞれのやり方があるのですが私はテークバック時の腕でタイミングを合わせていました。

 

 

こちらはプロ野球選手でわかりやすいのはヤクルトの山田哲人選手。

 

 

山田選手のバットを上に上げるような動き。

 

 

あれでタイミングを合わせています。

 

 

(山田哲人選手のタイミングの取り方についてはこちらの記事で詳しく説明しています)

 

 

こちらはとくに決まった動きはないです。

 

 

自分のタイミングやリズムでバットを振れるような動きを自分で見つけることで可能になります。

 

 

基本的には下半身でタイミングを取る人が多いです。

 

 

どっちが正解というのはないと思いますが私自身は下半身でタイミングを取るのが難しかったので上半身でタイミングを取っていました。

 

 

自分に合うと思うほうでやってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

タイミングを取るのが早い 下手という人

タイミングを取るのが早い、または下手という人はどうすればいいのか?

 

 

まず一つ意識してほしいのは、体の近くで打つということです。

 

 

特にタイミングが早いという人はボールをもう少し見る余裕が大切です。

 

 

そんなことは分かっていると言われるかもしれませんが意識するしかありません。

 

 

ただ体の近くで打つというのは違った形で覚えてしまうと差し込まれたり詰まったりすることが増えてしまいます。

 

 

体の近くで打つということを正しく覚えることが必要です。

 

 

そのためにどのような練習をすればいいのか?

 

 

私がこのサイト内で

 

 

最速で打率を上げる練習メニュー

 

 

という独自の練習メニューを紹介しています。

 

 

短い時間で打率を効率よく一気に上げる練習メニューを紹介しています。

 

 

タイミングの取り方はもちろんですし自分に合ったバッティングフォームを練習の中で自然に身につくようにメニューを組んでいます。

 

 

良かったら参考にしてみて下さい。

 

 

あなたの打率を一気に上げる自信があります。

 

 

 

 

最速で打率を上げる練習メニューまずはこちらの記事をご覧ください。

 

 

元ドラフト1位が教えるバッティング上達方法

91年大阪桐蔭の4番打者として、高校野球で全国制覇を果たし、92年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団した萩原誠選手をご存知でしょうか?

 

 

 

バッティングの指導を受ける中でよくわからない事や、そもそもその指導自体が間違っていることが良くあります。

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすにはどうすればいいのか?強い打球を打つにはどうすればいいのか?

 

 

 

ある運動を行った時、どの筋肉がどのように骨格等に力を加えて関節を動かしその運動が生じるかという事を科学的に分析する学問である機能解剖学を活かした正しい体の使い方やバッティングの上達方法とは?

 

 

 

社会人野球であるIBMのバッティングを指導し、すでに、色々な癖がしみ込んでいる経験の長い選手たちの打率を、わずか1年で、2割から3割にアップさせた実績を誇るバッティング指導とは?

 

 

他にもバッティング全般に役に立つバッティング上達方法を紹介しています。

 

 

 

ドラフト1位指名、背番号31、三塁手ということで「掛布2世」、「ミスター・タイガース」として期待されていた萩原選手が教えるバッティング上達方法とは一体?

 

 

 

詳しくはこちら

関連記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!