メジャーリーグで大流行!ホームランを打てるようになる練習を紹介!

メジャーリーグで大流行!ホームランを打てるようになる練習を紹介!

ホームランが打ちたい!

 

 

 

野球選手であれば多くの選手がこのように思っていると思います。

 

 

たった1振りで最大4点を取れるホームランが打てる選手は当然チームにとって欠かせない存在になりますし、中心選手になると思います。

 

 

 

そんなホームランですがなかなか簡単には打てませんよね。

 

 

誰しもがメジャーリーガーみたいな豪快で、大きなホームランを打ちたいなんて1度は思ったことはあると思います。

 

 

 

そこで勘違いしている選手が多いのがホームラン=パワーということです。

 

 

 

確かにメジャーリーグでホームランをたくさん打つような選手はパワーはあります。

 

 

 

ですが、パワーだけではホームランは打てませんし、もっと重要な要素がホームランを打つためにはたくさんあります。

 

 

 

そんなメジャーのホームランバッター達を中心に大流行した練習メニューがスピンティーという練習です。

 

 

 

最近ではメジャーのみならず日本球界でもこの練習を取り入れているプロ野球選手は多く、日本を代表するホームランバッターの柳田選手も取り入れている練習として話題にもなりました。

 

 

 

ホームランの打ち方を身につけるバッティング練習、スピンティーとは一体何か?

 

 

 

今回はそんなホームランを打てるようになる練習として大流行のスピンティーについて紹介をしていきたいと思います。

 

スピンティーとは

スピンティーとは一体何か?

 

 

ものすごく簡単に言ってしまえばティーバッティングです。

 

 

日本で主流の従来のティーバッティングに使われるティースタンドは

 

 

FBT-351 スウィングパートナー野球 バッティング練習 バッティングティー ボール不要 ティーバッティング 野球 打撃練習器具バッティングティー硬式

 

 

 

このような形のボールを置くタイプのものが多いです。

 

 

 

 

ですが今回紹介するスピンティーに使用するのはボールを吊るすティースタンドを使います。

 

 

あす楽 backspin Tee 野球用 ティースタンド バッティングティー バックスピンティー スタンダード 並行輸入品

 

 

 

このようなティースタンドです。

 

 

 

この2つのティースタンドで一体どのような違いが出るのかを説明していきます。

 

 

 

まず近年メジャーリーグで話題となったフライボール革命はご存知だと思います。

 

 

 

フライボール革命とは簡単に言えば、フライを打つ意識を強く持ち、ホームランを打ちましょうみたいなことです。

 

 

 

これだけ聞けばそんな上手いこといかないと思う人は多いでしょうが、もう少し細かく説明するとただフライを打ち上げようとしているのではないです。

 

 

 

比較対象として、よく日本の野球の指導として耳にする上から叩けというスイングと比較していきます。

 

 

 

まずイメージしやすいと思いますが、ホームランを打つには打球に角度が必要ですし、ある程度打球が上がらなくてはいけません。

 

 

 

どんな力強いスイングで、どんなにボールに力をぶつけても、ゴロになってはホームランにはなりませんよね。

 

 

 

これがまずホームランを打つためのスイングで、上から叩くスイングとフライボール革命との違いです。

 

 

 

ただ、これよりも重要になるのがボールに加わる回転です。

 

 

 

フライボール革命ではフライを打つ意識を強く持つことで、バットがアッパー気味に出るためボールの下側をとらえやすくなります。

 

 

 

逆に上から叩くスイングだと、ボールの上側をとらえやすくなります。

 

 

 

この時にこの2つのスイングでボールにどのような回転が加わるかを考えていきます。

 

 

 

ボールの下側を下から打つと、ボールにはバックスピンが加わるのが分かると思います。

 

 

一方、ボールの上側を叩いた打球はトップスピン(順回転)になりやすくなります。

 

 

 

この2つの回転を比べるとバックスピンの方が打球が伸びやすく、角度が出やすいのは分かりますよね。

 

 

ジャストミート出来た!と思ったら意外と打球が伸びなかった。

 

 

逆にジャストミートには見えないものの打球がものすごく伸びてホームランになったなんてシーンをプロ野球を見ていてもよく見ますよね。

 

 

 

また、ホームランバッターと言うのはこのバックスピンのかけ方を知っており、意図的にボールにバックスピンを加えることでホームランを打っている選手も多いです。

 

 

 

ものすごく軽くホームランを打つイメージがある選手はいると思いますが、あれはパワーがあるのもそうですが、それ以上にボールに綺麗なバックスピンをかけているからということのほうが大きいんです。

 

 

 

では大流行したスピンティーとは一体どのような効果があるのか?

 

 

 

従来のボールを置くタイプのティースタンドですと、どうしてもボールを上から叩いてしまうスイングになってしまいます。

 

 

 

ボールが乗っている状態ですので置いてある部分を打たないようにとボールの中心から上の方を無意識に狙ってしまうものです。

 

 

これではホームランを打つために必要なバックスピンをかけるスイングは絶対に身につきませんし、むしろどんどんそのスイングから遠ざかってしまいます。

 

 

 

反対にスピンティーはボールが吊るしてある状態ですので、ボールの下側を思い切り打つことが出来ますし、その意識もしやすいです。

 

 

 

そのうえでバックスピンをうまくかけること、そのためのスイングを自然と身につけることが出来るのがスピンティーを使った練習の最大の特徴であり、メジャーリーグをはじめ、アメリカ、日本で大流行した理由です。

 

 

 

この練習メニューはメジャーリーグの約30球団をはじめ、日本のプロ野球球団やアマチュア野球のチームでも多くのチームが取り入れています。

 

 

 

また、セッティングも1人で簡単に出来るため個人のトレーニングとして使いやすいのも特徴です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回はメジャーリーグでも大流行した練習メニュースピンティーを紹介させていただきました。

 

 

 

ホームランを打つにはパワーや筋力ではなく、ボールの飛ばし方、飛距離が出る打ち方、スイングを身につけることが大切です。

 

 

 

そのスイングを自然と身につけられるスピンティーはホームランが打ちたいという選手には非常に効果のある練習メニューです。

 

 

 

是非ともスピンティーを練習メニューに取り入れて、ホームランの打ち方、バックスピンのかけれるスイングを身につけ、ホームランを打てる選手になって下さい。

 

 

 

あす楽 backspin Tee 野球用 ティースタンド バッティングティー バックスピンティー スタンダード 並行輸入品

 

 

人気記事

ホームランバッターのスイングは何が違うのか?

 

なぜあの選手はホームランをたくさん打てるのか。ホームランバッターとのスイングの違いを徹底解説!ホームランを打ちたい選手必見です。

 

日本人が打球が飛ばないのはパワーのせいじゃなく打ち方にあった

 

日本人が打球が飛ばないのはパワーのせいだと思っていませんか?それは大間違いで、理由は外国人選手との打ち方の違いにあります。

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

ホームランの打ち方のコツと効果的な練習メニュー5選!

 

ホームランには打ち方とコツがあることを知っていますか?効果的なバッティング練習を5つ厳選し紹介しています。

 

バッティング 打球が飛ばない人必見!飛距離を伸ばす方法を紹介

 

なぜ打球が飛ばないのか?またどうすれば打球が飛ぶようになるのか?打球の飛距離を伸ばす方法を紹介しています。