バットの出し方と正しいスイングを身に着ける方法を紹介

バットの出し方ってどんな出し方が正しいのか?

 

 

 

 

「バットは内側から出せ」 「最短距離でバットを出せ」

 

 

 

 

これらをはじめ、バットの出し方については色々な指導法や考え方があります。

 

 

 

 

中には人によって全く違う事をいうこともあります。

 

 

 

 

これは指導者がそれぞれ、いろいろな考え方がありますのでどれが間違いで、どれが正しいのかというのを言うつもりはありません。

 

 

 

 

しかし、結局正解が分からないままではいけません。

 

 

 

 

バッティングにおいてバットの出し方は重要ですし、成績にも大きく影響します。

 

 

 

 

さて、ではバットの出し方とは一体?正しいスイングとは一体?

 

 

 

 

今回はそんなバットの出し方や正しいスイングを身に着ける方法について紹介していきたいと思います。

バットの出し方の理想

まずはバットの出し方の理想について紹介していきます。

 

 

 

 

バットの出し方については先ほども言いましたがいろいろな考え方や指導方法がありますが、私個人的にはバットを内側から出すインサイドアウトのスイング、バットの出し方が理想だと思っています。

 

 

 

 

 

なぜインサイドアウトのスイング、バットの出し方が理想だと考えるのかと言いますと、インサイドアウトのスイングによるメリットは多くありますが、中でも大きなメリットが2つあると思っています。

 

 

 

 

それが

 

 

 

ボールに力を伝えやすい

 

 

ミート力の向上

 

 

 

 

この2つです。

 

 

 

 

まず1つ目のボールに力を伝えやすいという点について説明していきます。

 

 

 

ボールを飛ばす、強い打球を打つには当然より強い力をボールに伝える必要があります。

 

 

 

 

ではここで実際にバットの出し方をインサイドアウトの出し方と、意図的に外回りさせたスイングの両方でボール打ってみて下さい。

 

 

 

 

やっていただけるとお分かりいただけると思いますが、バットの出し方は内側から出した方がボールに力を伝えやすいです。

 

 

 

 

一方バットを外回りさせてしまうと、イメージだと遠心力が加わりボールに力がより伝わるイメージがあるかもしれませんが、うまくボールに力を伝えるのが難しいです。

 

 

 

 

まずこれだけでもバットの出し方はインサイドアウトが理想と言える大きなポイントだと思います。

 

 

 

 

続いて2つ目のミート力の向上について説明します。

 

 

 

 

こちらも先ほど同様バットの出し方をインサイドアウトのスイングと意図的に外回りさせたスイングの両方でボールを打ってください。

 

 

 

ただし、ティーバッティングなどの緩いボールですと外回りさせてもある程度ミート出来てしまうので、こちらはフリーバッティングなどのより実戦向けのバッティング練習で試しにやってみて下さい。

 

 

 

 

バットが外回りし、余計な軌道を含んでしまう分、ボールをとらえるまでに無駄な動きが増えてしまうので、インサイドアウトのスイング比べて圧倒的にミートがしにくいです。

 

 

 

 

バッティングとはバットに当たって初めて、ヒットやホームランになります。

 

 

 

 

バットに当たらなければ、またしっかりとミートする確率が下がればそれだけバッティングの成績も悪くなる原因になるでしょう。

 

 

 

 

 

以上のことからバットの出し方の理想はインサイドアウトのスイングを意識し、内側から出すことだと思います。

 

 

 

 

 

バットの出し方の練習

では続いて正しいバットの出し方を身に着ける練習を紹介していきたいと思います。

 

 

 

バット出し方の練習として私がおすすめする練習が短尺バットを使ったバッティング練習です。

 

 

 

 

短尺バットとは名前の通り通常のバットに比べて短いバットのことです。

 

 

 

 

短尺バットを使い、ティーバッティングやロングティーを行うことで内側からのバットの出し方をより分かりやすく、かつ効果的に身に着けることができます。

 

 

 

 

まずはバットが短いため、そもそもバットが外回りしにくいというのが大きなポイントです。

 

 

 

 

また、それに加えて実際に短尺バットでバッティングをするとわかるのですが、短尺バットでバットが外回りしてしまうと強い打球は打てません。

 

 

 

 

正しいバットの出し方で、正しいスイングをしないと短尺バットで強い打球を打つのは難しいです。

 

 

 

 

なので短尺バットを使い、あまり良い打球が打てなかったときはバットを変な出し方で振っている、逆に良い打球が打てた時のバットの出し方も分かりやすいです。

 

 

 

 

短尺バットを使用したバッティング練習についてはバットを内側から出す練習を紹介!インサイドアウトのスイングの身につけかたで詳しく紹介していますので良かったら正しいバットの出し方を身に着ける練習として短尺バットでのバッティングを取り入れてみて下さい。

 

 

デサント DESCENTE メンズ 野球 硬式 短尺バット 木製ワンハンドバット(トップバランス) DKB-7712

価格:3,620円
(2016/12/31 16:47時点)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回はバットの出し方についてと、正しいバットの出し方を身に着ける練習を紹介させていただきました。

 

 

 

 

バットの出し方に関しては色々な考え方がありますが、私はインサイドアウトのスイング、バットの出し方が最も理想であると思っています。

 

 

 

 

正しいバットの出し方を身に着け、今よりも良いバッターを目指して頑張って下さい。

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

関連記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング グリップから出すインサイドアウトのスイングを身に付ける

 

バッティングはグリップから出すインサイドアウトのスイングが基本です。インサイドアウトのスイングを正しく身に着ける練習を紹介。

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

レベルスイングの練習方法!わかりやすい野球バッティング上達方法

 

理想のスイングであるレベルスイングを身に着ける練習方法とは?非常に分かりやすいレベルスイングの練習方法を紹介しています。

 

レベルスイングのメリットを知りヒットを量産!野球バッティング上達

 

レベルスイングのメリットを知るとヒットが量産できる!?そんなレベルスイングのメリットとは?