バッティング 下半身 使い方 練習方法

バッティング 下半身の使い方とその練習方法を紹介

バッティング指導の中で「下半身で打て!」という指導を受けたことはないでしょうか?

 

 

 

 

おそらく野球をやっている人なら1度は耳にしたことがある指導だと思います。

 

 

 

 

 

しかし、下半身をうまく使えていない選手はやはり多いです。

 

 

 

 

実際、下半身をうまく使ったスイングを身に着けるのは簡単なことではありません。

 

 

 

 

ですがしっかりと下半身を使ったスイングを身に着けることが出来ればバッティングに大きな変化が出ることは間違いないでしょう。

 

 

 

 

 

では下半身をうまく使ったスイングはどのようにして身に着けるのか?

 

 

 

 

それともう1つ。下半身をうまく使うスイングは重要ではありますが指導法によっては逆に打てなくなる原因にもなりかねません。

 

 

 

 

そこで今回はバッティングでの下半身についてや使い方を正しく身に着ける練習方法を紹介していきたいと思います。

 

下半身を使うことによるメリット

ここまで下半身、下半身と何度も言っていますがそもそも下半身を使うことでバッティングにどんなメリットが生まれるのか?

 

 

 

 

個人的には正直ヒットを打つだけ、打率を上げたいというだけでしたら下半身をうまく使ったスイングは絶対必要というわけでもないように感じます。

 

 

 

 

実はこれは元チームメイトだった日本代表でのプレー経験のある選手も似たようなことを言っていました。

 

 

 

詳しくは下の記事で紹介していますので良かったらご覧ください。

 

 

手打ちは悪くない!?元日本代表から聞いた話

 

 

 

 

しかし長打が打ちたい、今よりも力強い打球が打てるようになりたいなどと思っている人は下半身をうまく使ったスイングを身に着けたほうが良いですし、それが一番早いです。

 

 

 

 

 

 

下半身を使わないスイング、手打ちと言われるスイングですが手打ちだと飛距離に限界があります。

 

 

 

 

 

技術云々よりもその人が持っているパワーや力が飛距離に大きく影響します。

 

 

 

 

しかし下半身をうまく使うことで腕や手だけでなく下半身からうまく力をボールに伝えることができ手打ちよりも少ない力で遠くまで飛ばすことができます。

 

 

 

 

下半身を使ったスイングの最大のメリットはこの少ない力でボールを飛ばせることだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

下半身を使ったスイングの注意点

では次に下半身を使ったスイングの注意点を紹介していきます。

 

 

 

 

下半身で打て!と言われるので下半身を意識するあまり下半身を回すことばかりに意識がいってしまい、上半身がついてこない状態で結果的に手打ち(この場合の手打ちはダメ)になってしまったり、体の開きを抑えきれなくなってしまうなどと言う状態が出来てしまいます。

 

 

 

 

下半身で打て!下半身始動のスイングで振れ!

 

 

 

 

このような指導法ではこういったスイングになってしまう人が出てきてしまうのは仕方ない部分もあると思います。

 

 

 

 

 

なので私はこのような下半身の使い方を指導する際にこのような指導をしています。

 

 

 

 

下半身はサポートするだけに使うイメージ

 

 

 

 

どういうことかと言いますと下半身の使い方は私個人の感覚としてはボールをバットでとらえたあと腕の力をサポートするように下半身の力を押しこむようにボールに伝える感覚です。

 

 

 

 

 

これが正しいかというと賛否両論あると思います。

 

 

 

 

下半身を使うということは下半身を回して打つことではありません。

 

 

 

 

下半身を使うというのは正確には下半身の力を使うという表現が正しいと思っています。

 

 

 

 

 

下半身を回してボールを打ちに行くのではなく、しっかりと自分のポイントまでボールを呼び込み、バットでとらえたあと下半身の力を伝えボールを押し込む。

 

 

 

 

 

このようなイメージです。

 

 

 

 

なので下半身で打つ=下半身を回して打つというイメージは捨ててください。

 

 

 

 

 

下半身はあくまでサポート。それくらいの意識の方が下半身を変に使わなくて済むような気がします。

 

 

 

練習方法

色々と下半身の使い方について紹介しましたが続いてどんな練習が効果的なのかを紹介します。

 

 

 

 

結論から言いますとフォームを固める練習をひたすらやることです。

 

 

 

 

素振りやティーバッティングなどが効果的でしょう。

 

 

 

 

 

もちろん下半身の使い方を身に着けたあとの話です。

 

 

 

 

 

そのフォームを体に覚えさせるようにひたすら反復練習をすることが一番効果的だと感じます。

 

 

 

 

と、ここで先ほど下半身の使い方について私個人的な感覚で紹介しましたがよくわからない人も多いと思います。

 

 

 

 

実際文字や言葉で教わるよりも感覚で覚えたほうが早いような気もします。

 

 

 

 

そこで下半身の使う感覚を覚えるために効果的な練習を紹介します。

 

 

 

 

まず回転するイスを用意してください。

 

 

 

 

 

それに座りバッティング時と同じ動きをするだけです。イスに座ることで体が開きすぎてしまうことを防ぐことができます。上半身と下半身とのスイング時の使い方を自分で調整しながら感覚として体で覚えることができます。

 

 

 

 

 

こうして身に着けた下半身の使い方をあとは反復練習によって自分のものにしていきましょう。

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回はバッティング時の下半身の使い方や練習方法について紹介させていただきました。

 

 

 

 

文字だけでは分かりにくい部分があったら申し訳ありません。

 

 

 

 

下半身をうまく使えればバッティングに変化が表れると思います。

 

 

 

 

飛距離が伸びたりボールに負けなくなったり。

 

 

 

 

下半身をうまく使い、今よりも良いバッターを目指してください!

 

 

 

元ドラフト1位が教えるバッティング上達方法

91年大阪桐蔭の4番打者として、高校野球で全国制覇を果たし、92年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団した萩原誠選手をご存知でしょうか?

 

 

 

バッティングの指導を受ける中でよくわからない事や、そもそもその指導自体が間違っていることが良くあります。

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすにはどうすればいいのか?強い打球を打つにはどうすればいいのか?

 

 

ある運動を行った時、どの筋肉がどのように骨格等に力を加えて関節を動かしその運動が生じるかという事を科学的に分析する学問である機能解剖学を活かした正しい体の使い方やバッティングの上達方法とは?

 

 

 

社会人野球であるIBMのバッティングを指導し、すでに、色々な癖がしみ込んでいる経験の長い選手たちの打率を、わずか1年で、2割から3割にアップさせた実績を誇るバッティング指導とは?

 

 

他にもバッティング全般に役に立つバッティング上達方法を紹介しています。

 

 

 

ドラフト1位指名、背番号31、三塁手ということで「掛布2世」、「ミスター・タイガース」として期待されていた萩原選手が教えるバッティング上達方法とは一体?

 

 

 

詳しくはこちら

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!

 

 

マスコットバットでの素振りは効果がないからやめるべき!

 

スイングスピードを上げたいからマスコットバットを振る。多くの人がやっていることですが実はこれ、大きな間違いです。マスコットバットでの素振りはむしろ逆効果?詳しくはこちらの記事で紹介しています。

 

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!?ウソみたいな話ですが科学的にも証明済み!?その効果や理由など、詳しく紹介しています。

 

 

短尺バットで打率を上げる!プロも愛用の短尺バットとその効果

 

短尺バット。多くのプロ野球選手が練習で愛用する理由とは?またその効果は?あの球界を代表するスラッガーも愛用!?

 

 

インコースの打ち方!坂本勇人の打ち方を解説

 

インコースが打てない...。そんなあなたにインコース打ちの天才坂本勇人選手から学ぶインコースの打ち方を徹底解説します。

 

【野球】タイミングの取り方!山田哲人と坂本勇人に学ぶ

 

タイミングはバッティングにおいてすごく重要です。タイミングの取り方って実はいろいろあるんです。そこで球界を代表するバッター二人の山田哲人選手と坂本勇人選手のタイミングの取り方を解説しています。

 

 

WBC日本代表侍ジャパン 歴代最強メンバーは第何回大会?

 

過去に3度開催されたWBC。歴代最強の侍ジャパンは第何回大会?初優勝の2006年?連覇を成し遂げた2009年?ベスト4で終わった2013年か?それとも今回の2017年?歴代の侍ジャパンのメンバーの名を紹介!

 

効果的なバッティング練習を紹介!正しいトスやティーバッティング

 

数ある練習メニューの中でも個人的に特に効果があると感じるのがトスバッティングやティーバッティングなどと言った基本的なメニューです。どこのチームでもやっているような練習メニューをさらに効果的に行う方法とは?

 

【高校野球】 人気硬式バットをランキング形式で紹介!

 

数ある人気の硬式バットの中で本当におすすめできるものやその魅力などをランキング形式で紹介しています。一位はやっぱり...