筒香嘉智 バッティングフォーム 打ち方

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

WBC2017で侍ジャパンの4番を打っていた今や日本球界を代表するスラッガーとなったDeNAの筒香嘉智選手

 

 

 

 

筒香選手と言えばまさにホームランバッターというような綺麗かつものすごい飛距離のホームランが魅力です。

 

 

 

 

しかし、そんなホームランだけでなく高い打率を残せる技術や逆方向に強い打球を打てる能力もあります。

 

 

 

 

そんな是非とも手本にしたい筒香選手ですが一体どのようなバッティングフォームをしているのか?

 

 

 

 

今回は球界を代表するバッターである筒香嘉智選手のバッティングフォームについて詳しく説明していきたいと思います。

筒香選手のバッティングフォーム

筒香選手のバッティングフォームの最大のポイントは重心の位置にあります。

 

 

 

 

筒香選手は入団当初はどちらかと言えばヒッティングポイントは前の方でした。

 

 

 

 

しかしここ近年の成績が上がってきたころからポイントが後ろの方になったと感じます。

 

 

 

 

これは人によると思いますが構えた状態の時の重芯が筒香選手はかなり軸足側にあります。

 

 

 

これにどういうことかといますと、ボールを見る時間を増やし、ボールを空の近くまで呼び込み軸の回転でボールを飛ばすことが目的だと思われます。

 

 

 

 

軸足側でしっかりと軸を作り、そこを中心に軸をぶらさずに回転することでボールに力を伝える。

 

 

 

 

こんな感じでしょうか。

 

 

 

 

軸足側に重心を置くメリットとしましてはタイミングなどを外された場合などに前に突っ込むことを防ぐことができ、あらゆる球に対しても自分のバッティングフォーム、自分のポイントで打つことが可能になります。

 

 

 

 

これだけ聞くと良いことだけで、真似したいと思うと思いますが実際にこれをやろうとするとかなり難しいです。

 

 

 

 

これらすべてを可能にするには軸をうまく回転する技術やボールを見る時間を増やしてもしっかりと振れるスイングスピードが求められます。

 

 

 

 

重心を軸足側にかなり乗せることで確かにボールを見る時間を増やすことや自分のポイントで打つことができますがその分スイングスピードが必要になります。

 

 

 

 

また、軸をぶらさない強い体幹も必要になります。

 

 

 

 

これらを完全に真似しようとすると、正直すぐにできるようなものではありませんので長い期間をかけてしっかりと時間をかけて身に着けるくらいの気持ちが必要になります。

 

 

 

 

では次に筒香選手のバッティングフォームを細かく見ていきます。

 

 

 

 

まずは構えから。

 

 

 

 

構えに関しては先ほど紹介したように重心がかなり軸足側にあることを除けば非常にシンプルな構えです。

 

 

 

 

無駄な力みがなく特にバットを動かすような動作もなく非常に自然体の理想的な構えです。

 

 

 

 

こういった無駄のないシンプルな構えは非常にお手本となります。

 

 

 

 

続いてボールをとらえるまでです。

 

 

 

 

筒香選手は足をほぼあげていないです。これはおそらく無駄を省くためだと思います。

 

 

 

 

足を上げることで軸足に体重をしっかりと乗せる選手が多いですが筒香選手の場合はすでに重心が軸足側にかなりあるのでその必要性もあまりないのかもしれません。

 

 

 

 

しかしすり足程度の動きですがしっかりとここでタイミングをとっています。

 

 

 

 

この時のバットの動きですがヘッドが少し内側に入るような動きがあります。

 

 

 

 

ここで注目するのがヘッドは内側に入れているがグリップ位置は変わっていないことです。

 

 

 

 

筒香選手本人が意識してやっているかどうかは分かりませんがヘッドを内側に入れることでバットに反動がつきます。

 

 

 

 

しかしヘッドを内側に入れる時にグリップ位置がずれるとヘッドが外回りしてしまい、ボールに対してしっかりととらえることができなくなります。

 

 

 

 

グリップ位置をしっかりと固定することでヘッドを内側に入れつつも無駄なくバットに反動をつけることができます。

 

 

 

 

またこの技術もかなり難しいことですので参考にする場合は時間をかけて身に着けるようにしましょう。

 

 

 

 

そしてボールをとらえる瞬間はしっかりと軸足を中心に体の近くで軸をぶらすことなくボールをとらえています。

 

 

 

 

ここで軸足側に重心を置いていることが活きています。

 

 

 

 

続いてボールをとらえた後です。

 

 

 

ここからは全くぶれていない軸をうまく回転させ、ボールに力を加えます。

 

 

 

 

最後まで軸足側の重心を保ち、軸をぶらすことなく回転させています。

 

 

 

 

以上が筒香選手のバッティングフォームです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回は筒香選手のバッティングフォームについて紹介させていただきました。

 

 

 

 

筒香選手は重心を軸足側にかなり乗せることでボールをしっかりと自分のポイントまで呼び込み軸を回転させてボールを飛ばしています。

 

 

 

 

筒香選手のスイングから学べるのは無駄を省き、いかに自分のポイントでスイングができるかということだと思います。

 

 

 

 

筒香選手がホームランだけでなく打率もしっかりと残せるのはココだと思います。

 

 

 

 

完全に真似をしようとするのは難しいですが筒香選手のバッティングフォームはお手本となります。

 

 

 

 

是非とも参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

また、筒香選手は短尺バットという短いバットを使ったバッティング練習を取り入れています。

 

 

 

詳しくは下の記事で紹介していますので良かったらご覧ください。

 

短尺バットで打率を上げる!プロも愛用の短尺バットとその効果

 

 

元ドラフト1位が教えるバッティング上達方法

91年大阪桐蔭の4番打者として、高校野球で全国制覇を果たし、92年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団した萩原誠選手をご存知でしょうか?

 

 

 

バッティングの指導を受ける中でよくわからない事や、そもそもその指導自体が間違っていることが良くあります。

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすにはどうすればいいのか?強い打球を打つにはどうすればいいのか?

 

 

 

 

他にもバッティング全般に役に立つバッティング上達方法を紹介しています。

 

 

 

ドラフト1位指名、背番号31、三塁手ということで「掛布2世」、「ミスター・タイガース」として期待されていた萩原選手が教えるバッティング上達方法とは一体?

 

 

 

詳しくはこちら

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

近藤健介選手のバッティングを徹底解説!高打率の秘密とは?

 

2017年シーズン「幻の4割打者」と呼ばれ注目を浴びた近藤健介選手の高打率を残せる秘密とは?近藤選手のバッティングを徹底解説!

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

効果的なバッティング練習を紹介!正しいトスやティーバッティング

 

数ある練習メニューの中でも個人的に特に効果があると感じるのがトスバッティングやティーバッティングなどと言った基本的なメニューです。どこのチームでもやっているような練習メニューをさらに効果的に行う方法とは?

 

【高校野球】 人気硬式バットをランキング形式で紹介!

 

数ある人気の硬式バットの中で本当におすすめできるものやその魅力などをランキング形式で紹介しています。一位はやっぱり...