ヒットを打つためのメンタル維持とは?打席で余計なことを考えないために

バッティングには技術だけではなくメンタル、つまり精神面が大きく関係することがあります。

 

 

 

 

実力はあるのにメンタルが弱く、打席で余計なことを考えてしまう人や考えすぎが原因で打ち取られる人もいます。

 

 

 

 

技術だけでなく、バッティングで結果を残すにはそういったメンタルの部分も強くなければいけません。

 

 

 

 

では打席で余計なことを考えないためには一体どうすればいいのか?

 

 

 

 

今回はそんなバッティングにおいてのメンタル面について紹介していきたいと思います。

メンタル維持の方法

打席でのメンタル維持をするにはどうすればいいのか?

 

 

 

 

理想を言えば来た球を素直に打ち返す。

 

 

 

 

 

ただそれだけなのですがそれが出来たらそもそもこのテーマで悩む人は1人もいないでしょう。

 

 

 

 

 

ですが実はこの考え方は結構重要でバッティングをシンプルに考え、打席を迎えるだけでもメンタル面はかなり安定します。

 

 

 

 

チャンスだからこそ、シンプルにやることをやるだけ。

 

 

 

 

ここで打たなきゃ試合終了。だからこそいつも通りやるだけ。

 

 

 

 

難しいかもしれませんがバッティング自体を来た球を打つだけというようにシンプルにとらえることが大切です。

 

 

 

 

 

こういう風に自分に思い込ませてメンタルを安定させるのが1つの方法です。

 

 

 

 

 

もう一つ、メンタル維持の方法として自分のペースでバッティングをすることです。

 

 

 

 

どういうことかと言いますと分かりやすい例えを出すとルーティーンのようなものを作るなどというのが代表例でしょうか。

 

 

 

 

毎回毎回同じ動き、動作を行うことでいかなる場面でも自分のペースでバッティングを行うことができる。

 

 

 

 

 

バッティングとはピッチャーとの駆け引きでもあります。

 

 

 

 

私自身、ピッチャーでしたのでバッターを抑える際にはいかに自分のペース、テンポ投げれるかを意識していました。

 

 

 

 

相手が考える間もなくポンポンと投げてストライクをとっていく。

 

 

 

 

逆に急にゆっくりと間を取って相手に考えさせることで自分のバッティングをさせないなどという投球を心がけていました。

 

 

 

 

バッティングとは技術だけでなくこういったピッチャーとの駆け引きも結果に大きく関わってきます。

 

 

 

 

だからこそ自分は自分のペースでバッティングをしてくるバッターは苦手でした。

 

 

 

 

ピッチャー心理とはそういうものです。

 

 

 

 

ルーティーンのようなものを作ることで毎回毎回メンタル面に余裕を作り、相手のペースに持っていかせず、常に自分のペースでバッティングをできます。

 

 

 

 

 

個人的にはメンタル面に不安がある人にはルーティーンのようなものを作ることをおすすめします。

 

 

 

 

正直何をやるかはなんでもいいです。

 

 

 

 

別に動きでなくてもいいです。

 

 

 

 

何かを思い浮かべたりでもいいし、何かも見つめてもいいし。

 

 

 

 

とにかく動きや考え動作などとリラックスのようなものをセットになるようなことであればいいのです。

 

 

 

 

 

これが最も打席でのメンタル維持には効果的でしょう。

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回は打席でのメンタル維持とその重要性について紹介させていただきました。

 

 

 

 

メンタルなんてバッティングの結果とは関係ないし、それを言い訳にしているようじゃダメだという人も中にはいます。

 

 

 

 

ですが間違いなくメンタルは打席でのパフォーマンスに影響します。

 

 

 

 

いかに、いつも通りのバッティングができるか、そのためにいかに自分のペースに持ち込むかが重要です。

 

 

 

 

今回おすすめしたのはルーティンなどの動作による打席でのメンタル維持です。

 

 

 

 

打席で余計なことを考えてしまう人は一度これらを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

自分で自分のメンタルをコントロールできる選手は強いです。

 

 

 

 

メンタルを維持し、今よりも良い打者を目指して頑張って下さい。

 

 

 

元ドラフト1位が教えるバッティング上達方法

91年大阪桐蔭の4番打者として、高校野球で全国制覇を果たし、92年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団した萩原誠選手をご存知でしょうか?

 

 

 

バッティングの指導を受ける中でよくわからない事や、そもそもその指導自体が間違っていることが良くあります。

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすにはどうすればいいのか?強い打球を打つにはどうすればいいのか?

 

 

 

ある運動を行った時、どの筋肉がどのように骨格等に力を加えて関節を動かしその運動が生じるかという事を科学的に分析する学問である機能解剖学を活かした正しい体の使い方やバッティングの上達方法とは?

 

 

 

社会人野球であるIBMのバッティングを指導し、すでに、色々な癖がしみ込んでいる経験の長い選手たちの打率を、わずか1年で、2割から3割にアップさせた実績を誇るバッティング指導とは?

 

 

他にもバッティング全般に役に立つバッティング上達方法を紹介しています。

 

 

 

ドラフト1位指名、背番号31、三塁手ということで「掛布2世」、「ミスター・タイガース」として期待されていた萩原選手が教えるバッティング上達方法とは一体?

 

 

 

詳しくはこちら

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振る!?科学的にも証明されているその理由を紹介しています。