バッティング 内から出すスイングとは?身につける練習方法は?

内からバットを出せ

 

 

 

 

野球をやっている人であれば1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

内からバットを出す、つまりインサイドアウトのスイングはバッティングにおいて非常に重要になりますし、スイングの基本とも言えるでしょう。

 

 

 

 

なので、内からバットを出せという指導者が多くいるのと、そういった指導を受けたことがある選手が多いのだと思います。

 

 

 

 

しかし、内から出すスイングというのを勘違いしている人、間違った解釈をしている選手が多くいます。

 

 

 

 

確かに、内から出すスイングというのはバッティングにおいて重要ですが、それはあくまで正しく内から出すスイングを身につけた場合の話です。

 

 

 

 

当然、間違った形で内から出すスイングを身につけてしまうと、バッティングの成績が悪くなる原因になってしまうでしょう。

 

 

 

 

さて、ではバッティングにおける内から出すスイングとは一体どういう意味なのか?

 

 

 

 

正しい内から出すスイングとは?

 

 

 

 

今回はバッティングにおける内から出すスイングについて紹介していきたいと思います。

 

内からバットを出す理由

そもそもなぜ内からバットを出せと言われるのか?

 

 

 

 

これに関しては色々と理由があるのですが個人的に内からバットを出す理由として大きいと感じるのが

 

 

 

 

力が伝えやすい

 

 

 

 

ミート力の向上

 

 

この2つです。

 

 

 

 

詳しくは野球 バットが外から出るスイングの直し方を紹介!で紹介していますが、内からバットを出さず、外からバットが出るスイングに比べてこれら2つに大きな差が出ます。

 

 

 

 

 

 

また、お分かりだとは思いますが、これら2つはバッティングにおいて非常に重要です。

 

 

 

 

バッティングはそもそもバットにボールを当てなければ何も始まりませんので、ミート力の向上という点は言うまでもなく必要です。

 

 

 

 

そして、その当てたボールを前に飛ばす、より強い打球を打つにはボールに力を伝えることが求められます。

 

 

 

 

これだけでも、内からバットを出す理由、内からバットを出せと言われる理由がお分かりいただけると思います。

 

 

 

 

内からバットを出すスイングを身につけるだけで、たくさんのメリット得られます。

内からバットを出すスイングを身につける

さて、続いて内からバットを出すスイングを身につける方法を紹介していきます。

 

 

 

 

最初にも言いましたが、内からバットを出すスイングというのを間違った形で身につけてしまっている選手が多くいます。

 

 

 

 

間違った形で身につけてしまっては逆に打てなくなる原因にもなってしまいます。

 

 

 

 

そこで今回内からバットを出すスイングを正しく身につける練習方法を紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

今回紹介するのが、短尺バットという短いバットを使用したティーバッティングです。

 

 

 

 

短尺バットはバットが短く軽い分、バット自体を扱いやすく、内からバットが出る感覚というのが非常に分かりやすいのが特徴です。

 

 

 

 

普通のバットですと、、ある程度重さもありますし、重心がトップにあるバットですと、無意識にバットが外から出てしまうという選手も多くいます。

 

 

 

 

なのでまず短尺バットを使用し、内からバットが出るという感覚、スイングというものを体で覚えていきます。

 

 

 

 

短尺バットで素振りをするだけでも内からバットが出る感覚は分かるのですが、今回のポイントは短尺バットでティーバッティングで実際にボールを打つことです。

 

 

 

 

なぜボールを打つことがポイントなのかと言いますと、先ほども言ったように、内から出すスイングというのを間違った形で覚えないためです。

 

 

 

 

勘違いしている選手が多いのですが、内から出すスイングと窮屈なスイングは違います。

 

 

 

 

これを勘違いしないように、これを間違った形で覚えてしまわないように実際にボールを打ちます。

 

 

 

 

短尺バットで強い打球を打つには打ちからバットを出すことはもちろん、かつ正しい軌道でバットを振ることが求められます。

 

 

 

 

当然、窮屈なスイングでは短尺バットで強い打球は打てません。

 

 

 

 

実際にボールを打ち、その打球を見ることで正しく内から出るスイングが出来ているかを知ることができます。

 

 

 

 

良い打球が打てた時のスイング、感覚を何度も打ちながら確認し、身につけていきましょう。

 

 

 

 

これを繰り返すことで内からバットを出すスイングを身につけることができると思います。

 

 

 

 

また、これらを一通り終えたら、普通の長さのバットでも同じティーバッティング行い、普通のバットでも同じように内から出すスイングができるように調整していきましょう。

 

 

 

 

短尺バットを使用したバッティング練習についてはバットを内側から出す練習を紹介!インサイドアウトのスイングの身につけかたで詳しく紹介していますので良かったら正しいバットの出し方を身に着ける練習として短尺バットでのバッティングを取り入れてみて下さい。

 

 

デサント DESCENTE メンズ 野球 硬式 短尺バット 木製ワンハンドバット(トップバランス) DKB-7712

価格:3,620円
(2016/12/31 16:47時点)

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

バッティングにおける内からバットを出すという意味がお分かりいただけたでしょうか?

 

 

 

 

記事中でも紹介しましたが、内からバットを出すスイングというのはバッティングにおいて非常に重要です。

 

 

 

 

そして、間違った形ではなく正しく内から出すスイングを身につけることが大切です。

 

 

 

 

内からバットを出すということを正しく理解し、そして正しく身につけ、今よりも良いバッター、今よりも良い成績を残せるように頑張って下さい。

 

 

 

 

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

関連記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング グリップから出すインサイドアウトのスイングを身に付ける

 

バッティングはグリップから出すインサイドアウトのスイングが基本です。インサイドアウトのスイングを正しく身に着ける練習を紹介。

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

レベルスイングの練習方法!わかりやすい野球バッティング上達方法

 

理想のスイングであるレベルスイングを身に着ける練習方法とは?非常に分かりやすいレベルスイングの練習方法を紹介しています。

 

レベルスイングのメリットを知りヒットを量産!野球バッティング上達

 

レベルスイングのメリットを知るとヒットが量産できる!?そんなレベルスイングのメリットとは?