ホームランは難しくてもヒットは簡単に打てる!

バッティング バットにボールが当たらない人の解決方法!

バットにボールが当たらない...

 

 

 

 

バッティングというのは当然ですがバットにボールが当たって初めて成り立つものです。

 

 

 

 

 

そもそもバットにボールが当たらなければホームランやヒットはもちろん打てません。

 

 

 

 

 

まったくバットに当たらないというのは極端な例えですが、しっかりとバットにボールが当たらないという人は多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

例えば、自分の好きな球が来た時に、しっかりと打つことができず、打ち損じたり、ファールになってしまったり。

 

 

 

 

 

これもバットにボールがしっかりと当たらない人と言えるでしょう。

 

 

 

 

では、しっかりとバットにボールを当てるにはどうしたら良いのか?

 

 

 

 

どうすれば打ち損じが減るのか?

 

 

 

 

今回はそんなバットにボールが当たらない人に向けていろいろと紹介していきたいともいます。

 

 

バットにボールが当たらない理由

ではまずバットにボールが当たらない理由から紹介していきいます。

 

 

 

 

まず1つ目に考えられる理由としてはバットをうまく使えていないということです。

 

 

 

 

野球を始めたばかりの人の場合は仕方ないのですが、バッティングフォームが固まっていなかったり、自分がしようとしている動きが実際にはできていなく、現実とのズレによりバットにボールが当たらないということがあります。

 

 

 

 

ある程度長く野球をやっている人はほとんど大丈夫だと思いますが野球を始めたばかりの時期、特に小学校低学年などのまだ体の使い方もうまくない時期に多いです。

 

 

 

 

 

ただ、これに関して言えば特に問題はないのかなと思っています。

 

 

 

 

この場合やるべきことはまずはしっかりと自分の思った通りの動きをできるようにすること、つまりバッティングフォームをしっかりと固めることです。

 

 

 

 

こうすることで自分がバットの出したい位置(ボールの場所)にしっかりとバットを持っていくことができるのでしっかりと打てるようになるでしょう。

 

 

 

 

 

まだ野球を始めたばかりという場合は特にバットにボールが当たらないということは気にせずにしっかりとバッティングフォームを作ることや、バットをしっかりと操れるようにしていくことが大切です。

 

 

 

 

 

続いて考えるバットにボールが当たらない理由は情報処理能力です。

 

 

 

 

分かりやすく言うと、ピッチャーの投げた球の情報(球筋や球種やコースなど)の処理がうまく出来ていないということです。

 

 

 

 

 

自分の脳で処理した球種やコースなどの情報と現実とのズレが生じると当然バットにボールはしっかりと当たりません。

 

 

 

 

これを解決する方法としてまずチェックしてほしいのがバッティングフォーム。

 

 

 

 

この情報処理能力に問題がある場合はバッティングフォームが原因というケースが非常に多いです。

 

 

 

 

 

最も多いのが最初の構えから、打つ瞬間の目の高さが違う選手です。

 

 

 

 

分かりやすく言うと、ピッチャーが投げた瞬間にバッターは高さやコースなどを脳で情報を処理していきます。

 

 

 

 

その情報をもとにスイングをしていくのですがその際にピッチャーが投げた瞬間の目の高さ(構えの段階)と打つ瞬間の目の高さが違うと脳で処理した情報にずれが生じます。

 

 

 

 

良く分からない人は実際にわざとやってみるといいでしょう。

 

 

 

 

投げた瞬間の目の高さと打つ瞬間の目の高さをずらしてみて下さい。

 

 

 

 

それではジャストミートするのは非常に難しいことが分かると思います。

 

 

 

 

この微妙なずれがバットにボールがしっかりと当たらない原因になっています。

 

 

 

 

解決方法としては目の高さを構えた段階から、打つ瞬間まで変えないことです。

 

 

 

 

全く同じ位置に目があればじっかりと脳で処理した情報が現実とずれることを防ぐことができます。

 

 

 

 

 

そういった点を踏まえて自分のバッティングフォームを今一度見直してみて下さい。

 

 

 

 

 

また、情報処理能力に問題がある場合、シンプルに動体視力が弱いということも考えられます。

 

 

 

 

 

動体視力とは簡単に言えば動いているものの情報を正確に処理する能力のことです。

 

 

 

 

この動体視力が弱いと先ほど同様ボールの位置が現実とズレが生じます。

 

 

 

 

なのでバットにボールがしっかりと当たらないという場合、この動体視力の弱さが原因となっていることも考えられます。

動体視力の鍛え方

動体視力は普通の視力とは違い鍛えることができます。

 

 

 

 

動体視力を鍛えることでより正確にピッチャーの投げた球の情報を処理できますのでおのずとバッティングも良くなっていくでしょう。

 

 

 

 

 

では動体視力を鍛える方法として行うトレーニング方法を紹介していきます。

 

 

 

 

 

まず、両手の親指を立てて肩幅くらいの間隔で自分の前に出します。

 

 

 

 

 

その親指の先端を顔を動かさず目だけで交互に見ていきましょう。

 

 

 

 

10往復くらいでいいでしょう。これを3セットほどやります。

 

 

 

 

次にその親指を立てた両手を頭の高さと胸の高さくらいで上下にします。

 

 

 

 

そして、それをまた交互に見ていきましょう。

 

 

 

 

これも10往復3セットほどでいいです。

 

 

 

 

続いてこれを斜め、反対の斜めで10往復3セット程度やります。

 

 

 

 

これを毎日やるだけでも動体視力は鍛えられていきます。

 

 

 

 

 

また、相手がいるのでしたら、相手に人差し指を動かしてもらい、それを目で追うトレーニングも効果的です。

 

 

 

 

 

これらだけでしたら時間もかかりませんので毎日続けられると思います。

 

 

 

 

他に動体視力を鍛える方法としてトレーニングメガネというものがあります。

 

 

 

 

プロ野球選手はもちろん様々なアスリートの方も愛用しています。

 

 

 

 

 

 

自分も現役時代からずっと利用していますが、なにより魅力的なのはかけているだけで効果があるということです

 

 

 

 

かけているだけで動体視力を鍛えることができ、さらに先ほど紹介したトレーニングと組み合わせることでトレーニングの効果を大幅に上げることができます。

 

 

 

 

トレーニング時以外もトレーニングになっているといのはすごくありがたいです。

 

 

 

 

そういったものを活用することでバッティングに必要な動体視力を鍛えることもできます。

 

 

動体視力トレーニングメガネ

 

 



まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回はバッティングでバットにボールがしっかりと当たらない人に向けてその解決方法について紹介させていただきました。

 

 

 

 

最初にも言いましたがバットにボールが当たらなければ何も起きません。

 

 

 

 

しっかりとバットでボールを打てる確率を上げていき、、今よりも良いバッターを目指していきましょう。

 

 

 

元ドラフト1位が教えるバッティング上達方法

91年大阪桐蔭の4番打者として、高校野球で全国制覇を果たし、92年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団した萩原誠選手をご存知でしょうか?

 

 

 

バッティングの指導を受ける中でよくわからない事や、そもそもその指導自体が間違っていることが良くあります。

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすにはどうすればいいのか?強い打球を打つにはどうすればいいのか?

 

 

 

ある運動を行った時、どの筋肉がどのように骨格等に力を加えて関節を動かしその運動が生じるかという事を科学的に分析する学問である機能解剖学を活かした正しい体の使い方やバッティングの上達方法とは?

 

 

 

社会人野球であるIBMのバッティングを指導し、すでに、色々な癖がしみ込んでいる経験の長い選手たちの打率を、わずか1年で、2割から3割にアップさせた実績を誇るバッティング指導とは?

 

 

他にもバッティング全般に役に立つバッティング上達方法を紹介しています。

 

 

 

ドラフト1位指名、背番号31、三塁手ということで「掛布2世」、「ミスター・タイガース」として期待されていた萩原選手が教えるバッティング上達方法とは一体?

 

 

 

詳しくはこちら

人気記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!