ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

バッティングの飛距離を伸ばしたいなら筋トレはやめる!

バッティングで飛距離が出ない。

 

 

または飛距離を伸ばしたい。

 

 

そう感じている人や思っている人は多いかと思います。

 

 

飛距離を伸ばす=パワーが必要

 

 

パワーをつける=筋トレをする

 

 

このように思う人が多いです。

 

 

はっきり言います。

 

 

筋トレをしたら必ず飛距離が伸びるわけではないです。

 

 

遠くへ飛ばすのにパワーは確かに必要です。

 

 

だからといってただ筋トレをすればいいわけではないです。

 

 

トレーニング方法によっては飛距離が伸びないのはもちろん打率もどんどん下がっていくこともあります。

 

 

ではバッティングで飛距離を伸ばしたいならどうすればいいのか?

 

 

筋トレはしないほうが良いのか?

 

 

今回はそんなバッティングの飛距離と筋トレについて紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛距離を伸ばすのに筋トレは必要か?

そもそも飛距離を伸ばすのに筋トレは必要なのか?

 

 

これは意見が人によって分かれると思いますが私個人としては必要ないと思っています。

 

 

ただ筋トレを完全に否定するわけでもないです。

 

 

飛距離アップに効果的な筋トレもあると思います。

 

 

私がやめてほしいのはとりあえず筋トレをすればパワーが付き、飛距離が伸びると思っている人が行っている筋トレです。

 

 

具体的には例えばベンチプレス。

 

 

ただ重たい重量のものを上げているのは正直自己満足です。

 

 

私のチームメイトにもいましたが

 

 

「俺○s上げたぞ」

 

 

などと言うようにより重いものをあげることに喜びを感じている人がいました。

 

 

というよりほとんどの人がこのようにより重たいものを上げることを目的にベンチプレスを行っていると思います。

 

 

これに関していえば自信を持って言えます。

 

 

やめて下さい。意味がないです。

 

 

もしベンチプレスをやるのなら自分が上げれるマックスの重さの半分程度の重さの物(マックスが100キロの人は50キロ)を20〜30回ほど上げ下げする。

 

 

この程度で十分ですし、こっちのほうが確実にはるかに意味があります。

 

 

ベンチプレスを例えに出しましたが話を元に戻します。

 

 

筋トレは効果があるものもあると思いますが(私自身は先ほど紹介したベンチプレスをたまにやる程度でした)基本的には必要ないです。

 

 

しかし飛距離を伸ばすのにはある程度筋力やパワーが必要です。

 

 

その筋力はどうやってつければいいのか?

 

 

 

 

筋力の付け方

飛距離を伸ばすためにある程度必要な筋力はどのようにしてつければいいのか?

 

 

私の意見としては

 

 

バッティングに必要な筋肉は筋力はバッティングで身に着ける

 

 

これが正解だと思います。

 

 

どういうことかと言いますとそのままなのですが

 

 

自分で筋肉を付けるのではなくバッティングで筋肉をつけるということです

 

 

私自身の話をします。

 

 

私はシーズンオフと呼ばれる冬に筋トレと呼ばれるようなものをほとんどしませんでした。

 

 

やったとしたら先ほどのベンチプレス程度です。

 

 

では私が何をしたかというとロングティーを多めに取り入れて本サイトで紹介している最速で打率を上げる練習メニューをいつも通り毎日続けてました。

 

 

ただ普段よりロングティーに使う時間を増やしフルスイングする回数を増やしていきました。

 

 

対して他の選手は筋力をつけようとウエイトトレーニングばかりしていました。

 

 

冬が明けると私以外のウエイトトレーニングを中心に行っていた選手たちの体は大きくなりました。

 

 

対して私は体重はほぼ変わらず1キロ増えたか増えないか程度でした。

 

 

冬が明け、どちらが飛距離が伸びたかといいますと圧倒的にウエイトトレーニングや筋トレを行わなかった私の方が飛距離が伸びました。

 

 

ちなみに同級生一人と後輩二人が私とともに冬に筋トレをせずに一緒に練習をしていたのですが彼らも飛距離はかなり伸びました。

 

 

信じられない話かもしれませんが本当の話です。

 

 

実は私が言う、バッティングに必要な筋肉はバッティングで身に着けるというのは落合博満さんも似たようなことをおっしゃっていました。

 

 

バットをしっかりと振り続けることでバッティングに必要な筋肉は自然についていきます。

 

 

そしてそうして身についた筋肉はバッティング時に必要な筋肉です。

 

 

考えればわかると思いますがバッティングによって身についた筋肉ですので当然です。

 

 

しかしウエイトトレーニングなど、筋肉を自らつけようとして身につけた筋肉はバッティングに必要なものが多いです。

 

 

これが筋トレをしたのに飛距離が伸びなかった人と筋トレをしなかったのに飛距離が伸びた人の違いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

もう一度言いますが私は飛距離を伸ばすのに筋トレは特に必要ないと思っています。

 

 

もちろん筋トレすべてを否定する気はないです。

 

 

ただ、どこの筋肉を鍛えて、そこを鍛えることでこんなパフォーマンスが向上するというものを理解していないとその筋トレが意味のないものになってしまいます。

 

 

筋トレではなく飛距離を伸ばすバッティング練習もあります。

 

 

筋トレではなくそういったもので飛距離を伸ばすことを考えてみてはどうでしょうか?

 

 

 

元ドラフト1位が教えるバッティング上達方法

91年大阪桐蔭の4番打者として、高校野球で全国制覇を果たし、92年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団した萩原誠選手をご存知でしょうか?

 

 

 

バッティングの指導を受ける中でよくわからない事や、そもそもその指導自体が間違っていることが良くあります。

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすにはどうすればいいのか?強い打球を打つにはどうすればいいのか?

 

 

 

ある運動を行った時、どの筋肉がどのように骨格等に力を加えて関節を動かしその運動が生じるかという事を科学的に分析する学問である機能解剖学を活かした正しい体の使い方やバッティングの上達方法とは?

 

 

 

社会人野球であるIBMのバッティングを指導し、すでに、色々な癖がしみ込んでいる経験の長い選手たちの打率を、わずか1年で、2割から3割にアップさせた実績を誇るバッティング指導とは?

 

 

他にもバッティング全般に役に立つバッティング上達方法を紹介しています。

 

 

 

ドラフト1位指名、背番号31、三塁手ということで「掛布2世」、「ミスター・タイガース」として期待されていた萩原選手が教えるバッティング上達方法とは一体?

 

 

 

詳しくはこちら

人気記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!