ヤクルト 山田哲人 バッティングフォーム

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

今の日本球界で最も良いバッターは誰だと思いますか?

 

 

おそらく多くの人はこの選手の名前を一番に浮かべるでしょう。

 

 

 

そうです

 

 

東京ヤクルトスワローズ 山田哲人選手

 

 

 

2年連続トリプルスリーという前人未到の記録を達成した選手です。

 

 

先日発表されたWBCの日本代表メンバー(侍ジャパン)のメンバーにも選ばれています。

 

 

山田選手のすごさはおそらくプロ野球ファンなら誰しもが認めていると思います。

 

 

 

 

さて、そんな山田哲人選手を今回徹底的に分析してみました。

 

 

なぜあんなにも打てるのか?

 

 

そう思い分析をしていると山田選手のバッティングフォームに秘密がいろいろとありました。

 

 

そこで今回は球界を代表するバッター山田哲人選手のバッティングフォームについて紹介したいと思います。

 

 

(あくまで私個人の意見です)

 

山田哲人選手のバッティングフォーム

では山田選手のバッティングフォームについて説明していきます。

 

 

 

まず山田選手はタイミングをものすごく大事にしています。

 

 

本人が「タイミングはバッティングの全てだというほどです。」

 

 

では山田選手はどのようにしてタイミングを取っているのか?

 

 

それは彼の独特なバッティングフォームに秘密があります。

 

 

山田選手のバッティングフォームと言ったらバットのヘッドを上に上げるようなあの独特の動き。

 

 

あれが彼が最も大切だというタイミングをとるためのとても大きな役割を持っています。

 

 

ピッチャーもバッターのタイミングを外そうと配球やコース、ピッチングの間などを非常に意識しています。(私は元ピッチャーです)

 

 

山田選手はそんなピッチャーとの駆け引きの中であの独特の動きをすることでタイミングをうまく合わせています。

 

 

実際に山田選手はあの動きを取り入れてから結果が出始めました。

 

 

最多安打のタイトルを獲得した年からあの独特の動きを取り入れ、それから素晴らしい成績を残すようになりました。

 

 

ただ注意してほしいのはあの動きを真似すればいいというわけではないです。

 

 

タイミングの取り方は人それぞれです。

 

 

山田選手はあのタイミングの取り方が取りやすいというだけであって皆が皆そういうわけではないです。

 

 

次に山田選手のバッティングフォームを見ていて思ったことは足の上げ方。

 

 

足を上げる選手はたくさんいますが、その中でも山田選手は割と足を高く上げる選手だと思います。

 

 

足を高く上げると内側にためたい体重が外に逃げやすくなってしまいます。

 

 

足を高く上げ、体重が逃げてしまう選手は多くいます。(プロにはあまりいません)

 

 

山田選手は高く足を上げるものの上手く体重を内側にためることが出来ています。

 

 

というより、ためかたがものすごくうまいです。

 

 

それとそんな下半身とは逆に上半身は全くぶれません。

 

 

これも山田選手のすごさです。

 

 

普通下半身の動きが激しいと上半身はぶれやすいです。

 

 

こういいたことから下半身にためた膨大な力をしっかりとボールに伝えることを可能にしているんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田哲人選手のバッティングフォームの弱点

山田選手のバッティングフォームの分析をしている中で弱点を探してみました。

 

 

私が思ったのはインコースへの真っすぐ。

 

 

山田選手はインコース打ちはとても上手な選手です。

 

 

しかし山田選手のバッティングフォームだからこそインコースの対応が遅れて差し込まれるというシーンがシーズン中多く見られました。

 

 

足を高く上げ間をしっかりと作るバッティングフォームなだけに対応が遅れるという場面も増えているのだと思います。

 

 

ではなぜあそこまでの成績を残せているのか?

 

 

まずは山田選手自身もタイミングを少し早めにとることを心がけているということ。

 

 

そして高い対応力と圧倒的なスイングスピード。

 

 

山田選手じゃなかったら打率は下がるのではないかなと思います。

 

 

まとめ

今回は山田選手のバッティングフォームについて紹介させていただきました。

 

 

人それぞれ思うところはあるかと思いますが私が言いたいのは

 

 

参考になる部分はあるが真似はしないほうが良い

 

 

ということ。

 

 

バッティング自体は参考になりますがバッティングフォームとなるとあまりおすすめはできません。

 

 

山田選手自身の高い能力があのような成績を可能にしているような気もします。

 

 

 

 

最後に

 

 

山田選手のバッティングフォームを分析して感じたことは

 

 

・タイミングの取り方がうまい(バットの動き)

 

 

・足を上げても体重が逃げない

 

 

・上半身がぶれない

 

 

これらが主に山田選手の素晴らしい成績を生み出すバッティングフォームのポイントです。

 

 

本人もこのフォームが崩れるとやはり調子が良くないそうです。

 

 

そのために山田選手はフォームの維持のために独自のティーバッティングを続けているそうです。

 

 

なにか新しいものをというのも大切かもしれませんが今あるものを磨くというのも大切です。

 

 

バッティングフォームというものは人それぞれです。

 

 

自分にあったバッティングフォームを見つけ、今よりも良い成績を残せるように頑張ってください。

 

 

 

アディダス 一般硬式用木製バット メイプル 山田哲人モデル DMU31

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

 

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

理想のバッティングフォームなんてものは存在しない!?

 

理想のバッティングフォームって?そもそもバッティングフォームに理想なんてあるのか?常識とは違ったバッティングフォームに関する記事です。

 

 

真似をするならこの選手!

 

バッティングフォームはプロ野球選手の真似などをする人も多いかと思います。そんな人にぜひ見てもらいた真似をするならこの選手!とおすすめできるプロ野球選手を紹介しています。

 

 

足は上げるべきか?山田哲人選手を見て思うこと

 

バッティング時に足を上げるべきなのか?そもそも足を上げることでどんな効果があるのか?足を上げるべきかについて山田哲人選手を見て思ったことを交えながら紹介しています。

 

 

イチロー選手を見て思ったこと

 

世界を代表する安打製造機イチロー選手。なぜあそこまで高い打率とあそこまでの安打数を毎年記録できるのか?イチロー選手を見ていて分かったことを紹介しています。