息子へのバッティング指導方法 少年野球におけるバッティング上達方法

野球をしている息子をもつ親御さんにとって、特に少年野球の時期はどのようにしてバッティングを指導したらいいのか?

 

 

 

 

 

また、どのように指導したら今よりもバッティングが良くなるのか?

 

 

 

 

そういったことを考えながら息子へのバッティング指導をしていると思います。

 

 

 

 

 

いくつになってもいいバッターになりたいと強く思い、練習を重ねるのが野球選手だとは思いますが、そんな中でも少年野球時のバッティングの指導はその後の野球人生に大きく影響します。

 

 

 

 

 

小さい時期に変な癖などがみについてしまったり、そもそも間違った指導をしてしまった場合、中学、高校さらにその先でそれらを治すのに時間がかかりますし、少年野球時に身についてしまった癖は簡単には治りません。

 

 

 

 

なので、少年野球時の息子へのバッティング指導は非常に重要になります。

 

 

 

 

では少年野球をする息子にどのようにしてバッティング指導をすればいいのか?

 

 

 

 

またどんな指導方法をすればいいバッターになれるのか?

 

 

 

 

 

今回はそんな少年野球をする息子をもつ親御さんに向けてバッティング指導について紹介していきたいと思います。

 

息子へのバッティング指導

少年野球をする息子にバッティング指導をする際に最も私が大切だと思うのは

 

 

 

 

細かい技術よりも基礎だけを丁寧に教えること

 

 

 

 

だと思っています。

 

 

 

 

こう考えるのには理由があるのですが、まずその1つがバッティングは意外とシンプルということです。

 

 

 

 

 

世の中にはいろいろなバッティング指導方法があります。

 

 

 

 

難しいことを難しく説明しているような指導もあれば人によって矛盾しているような指導もあります。

 

 

 

 

当然ですがこうやって私が紹介している指導法もおかしいと思う人もいると思います。

 

 

 

 

そういったことを踏まえても、結局バッティングにおいて全員に当てはまる正解はないと言えます。

 

 

 

 

 

ようは何が言いたいかと言いますと、難しいことは教えずに基礎的な部分だけ丁寧に教えてあげる事が大切ということです。

 

 

 

 

 

その際のポイントとしては先ほどバッティングに全員に当てはまる正解はないと言いましたが、やってはいけないことというのはバッティングにはあると思っています。

 

 

 

 

 

例えばバットが外回りするドアスイングと言われる振り方。

 

 

 

 

こういったやってはいけないということを教えていく方が良いと個人的には考えています。

 

 

 

 

少年野球 バッティングフォームの指導法は?教え方で成績が変わる!←こちらの記事で詳しく紹介していますが少年野球の時期はこうしろああしろと教えるよりもこれはダメ!というような指導の方が良いと思っています。

 

 

 

 

おそらく、息子さんが今後も野球を続けていくのであれば多くの指導者と出会うことになるでしょう。

 

 

 

 

 

先ほど言った、バッティングに全員に合った正解はないというのは、他の指導者を批判しているわけではなく、個人それぞれに合った指導法や打撃理論は違うという事です。

 

 

 

 

バッティングと言うのは全員に共通する部分(基礎、基本)+α(各指導者の打撃理論や指導法)だと思っています。

 

 

 

 

少年野球時代はこの全員に共通する部分を身につけさせるこが正しい指導法だと思っています。

 

 

 

 

その点でおかしな点があればそれはやっちゃダメと言うように始動しバッティングフォームを作っていきます。

 

 

 

 

わかりにくくなってきたので整理しますと。

 

 

 

 

少年野球時代に息子にいろいろと知識や技術を教え込む

 

 

 

その後自分に合った指導者に出合った際にそれまでの知識や技術が邪魔になる

 

 

 

 

今までの知識技術と新しい知識や技術がごちゃごちゃになる。

 

 

 

 

バッティングの向上が難しい

 

 

 

 

というようなことが起きやすくなります。

 

 

 

 

全ての始まりは少年野球時代に身に着けた自分に合っていない、またはよく理解できていないまま身に着けてしまった技術や知識です。

 

 

 

 

こうならないために少年野球時代は極端に言えば余計なことは教えず、先ほど言った基礎だけを教えていくことが大切なのです。

 

 

 

 

基礎だけを少年野球時に教える(細かい技術などは教えない)

 

 

 

 

色々な指導者と出会うなかでいろいろな指導を受ける(先ほどのαの部分)

 

 

 

 

 

自分に合わないものは切り捨てていく(余計な技術がない分簡単)

 

 

 

 

自分に合った指導や打撃理論を徹底的に極めていく

 

 

 

 

少年野球時代に基礎だけを教えることでこういった流れでバッターとして成長していきます。

 

 

 

 

別に少年時代に身に着けてもそのあと修正していけばいいのでは?と思う方もいると思います。

 

 

 

 

確かに修正も可能ですが実際に癖と言うのは簡単に取れませんし、その時間ももったいないと言えます。

 

 

 

 

そもそも自分の体をしっかりと操るのが難しい少年野球時に細かいことを教えることが良くないと個人的には思っています。

 

 

 

 

 

この考え方が正しいかどうかは人によって変わると思いますが、個人的にはやはり少年野球時代は基礎だけを教えることがベストだと思っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回は少年野球をする息子を持つ親御さんに向けて、指導法について紹介させていただきました。

 

 

 

 

記事中でも紹介したように、少年野球時はまだ自分の体もうまく操れない選手が多いのでそういった段階であれこれと細かい技術を教えるのはおすすめできません。

 

 

 

 

 

この考え方には賛否両論あると思いますが、共感を持てたという方は是非とも参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

最初にも言いましたが少年野球時代の指導でその後のバッティングは大きく変わっていきますよ。

 

 

元ドラフト1位が教えるバッティング上達方法

91年大阪桐蔭の4番打者として、高校野球で全国制覇を果たし、92年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団した萩原誠選手をご存知でしょうか?

 

 

 

バッティングの指導を受ける中でよくわからない事や、そもそもその指導自体が間違っていることが良くあります。

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすにはどうすればいいのか?強い打球を打つにはどうすればいいのか?

 

 

ある運動を行った時、どの筋肉がどのように骨格等に力を加えて関節を動かしその運動が生じるかという事を科学的に分析する学問である機能解剖学を活かした正しい体の使い方やバッティングの上達方法とは?

 

 

 

社会人野球であるIBMのバッティングを指導し、すでに、色々な癖がしみ込んでいる経験の長い選手たちの打率を、わずか1年で、2割から3割にアップさせた実績を誇るバッティング指導とは?

 

 

他にもバッティング全般に役に立つバッティング上達方法を紹介しています。

 

 

 

ドラフト1位指名、背番号31、三塁手ということで「掛布2世」、「ミスター・タイガース」として期待されていた萩原選手が教えるバッティング上達方法とは一体?

 

 

 

詳しくはこちら

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?